統合失調症という病気と家族       

説教

統合失調症のBちゃんの旦那は。。


息子Xへの説教が長ーーーーいです。


おやじ




昔からです。



最近。。


毎晩。。


Xは父親から怒られています。



X達は1階、私達は2階で寝るのですが。。


22時を過ぎても。。


Xの父親の怒鳴り声が2階まで聞こえます。



Xが怒られる原因は。。



大体。。


ゲームのやりすぎ。。



です。


確かに。。


Xはゲームをずっとやってます。




父親とは、ゲームを1日〇時間やっていいという
ルールがあるそうです。


それを無視して。。


ゲームをやっているそうです。




義母は。。


Xが父親から怒られないように。。


義母:

「Xちゃん!ゲームはもう終わりにしなよ~

パパとのルールを守らないとだめだよ~」


X:

「・・・・・」


義母:

「Xちゃん~

もう~ゲームやめなよ~」


X:

「・・・・」


Xは義母を無視します。


というより。。


ゲームに夢中になってほかの声が聞こえ
ないのです。



父親が帰ってからも。。


Xはゲームを続けています。



すると。。


Xの父親:

「X!今日はゲームの時間守れたのか?」


X:

「・・・・」


ゲームに夢中のXは。。


何も答えません。



Xの父親:

「X!てめー聞いてるのか!!」



と怒鳴って、ようやくXはゲームから目を離します。





それから。。


延々と。。



Xの父親の説教が続きます。




私:

「X、パパが何で怒ってるのかわかる?

わかったら。。

次から約束守るんだよ」


と。。


長い説教を終わらすのですが。。



食事が終わって、各々解散すると。。


1階から。。


Xの父親の怒鳴り声が聞こえ始めます。



おそらく。。


Xがゲームをこっそりし始めたのではないかと。。



しかし。。


Xの父親の説教は。。


長いし。。


大声です。



瞬間湯沸かし器のように。。

いきなり、MAXパワーで怒りはじめます。






そういえば。。




Xの母親である。。

Bちゃんが統合失調症を発症する前。。


BちゃんとBちゃんの旦那は。。


よく夫婦喧嘩してました。


その時も。。


Bちゃんの旦那は。。



ずーーーーっと怒鳴っていました。




でも。。




その後は。。



Bちゃんの旦那が泣いて終わりになることが
ほとんどでした。



Bちゃんの旦那は、毎回Bちゃんに言い負かされて
いたのでしょう。。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症の家族の受け止め方

統合失調症という病気には。。

環境の変化は良くないと書籍などに書いています。


統合失調症を発症して。。


理想的な毎日の過ごし方としては。。


・食事

・服薬

・散歩

・就寝

などできるだけ同じことを同じようにすることが
大事だそうです。


新しいことの少ない繰り返しの毎日が、精神的な
混乱と不安を本人から取り除き、安心させ、気持ち
を和らげるそうです。



前から思っていたのですが。。



6年前に私が統合失調症の双子のAちゃんと
Bちゃんと一緒に暮らし始めました。



他人が一緒に暮らすことは、とても大きな環境の
変化だと思います。



こんな大きな環境の変化を作ってしまったのは。。


統合失調症には。。


良くなかったかな。。



と考えることがあります。



統合失調症のBちゃんが。。



統合失調症と診断されたのは、私が家に来て
一緒に住み始めた後の話です。



当時、統合失調症について知識がなかった私は。。



私と嫁とBちゃんの旦那と3人で、色々なことを
試みてみました。


Bちゃんが行きたくないと言った病院を受診
させたり。。


Bちゃんが行きたくないと言った、障害者センターに
行ったり。。


Bちゃんが行きたくないと言った、短期入所の体験を
させたり。。



結果は。。


今でも精神科に入院しています。





もともと。。


私がいなかった、この家は。。


義母や義父の統合失調症の双子に対する
接し方は。。



双子の意思を最大限尊重するものだったと思います。




食べたい物をいくらでも食べさせ。。



生活も自由気ままにさせていました。



もしかすると。。



私がこの家に来なかったら。。


Bちゃんは、今は入院などせずに家にいたかも
しれません。




私がいなければ、義母は、Bちゃんが家の中を
裸でうろついても。。


立ってご飯を食べようとも。。



飲み込むようにご飯を食べて、すぐに吐き出しても。。


幻聴に左右され、家で暴れたりしても。。



ありのままのBちゃんを受け止め。。


入院などさせずに。。



家にずっといさせたと思います。





実際。。


義母と義父の。。



統合失調症のAちゃんに対する接し方がそうでした。



そのAちゃんは。。



統合失調症を発症してから30年近く経った現在。。



回復の兆しが見えはじめました。




これも、義母や義父のありのままのAちゃんを
受け止め。。


辛抱強く見守ってきたからではないでしょうか。






統合失調症になった家族のありのままを
受け止めること。





大事だと思います。





私は、Bちゃんの人生を狂わしてしまったかも
しれません。








励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症の娘と母親

統合失調症を発症して、30年近く経つAちゃん。


ずっと、寝たきりで引きこもりの生活をしてきた
Aちゃんがの状態が少しずつ改善してきました。



本当に少しずつですが。。








1日中パジャマでいることから。。



毎朝、着替えること。。




朝ご飯を食べたら。。




歯を磨くこと。。




始めはそこからスタートです。






朝の着替えから歯磨きを習慣にするのにも。。



時間はかかりました。





それができるようになると。。



自分が食べ終わった食器を台所に運ぶこと
から始め。。


自分が使った食器を自分で洗い。。


洗った食器を布巾で拭いて食器棚に戻す。




そして。。


その行動を家族が。。



ありがとう







感謝の言葉



を言う。





ひたすら。。



その繰り返しです。




無理は禁物です。




統合失調症の状態が良くなり始めると。。


家族は回復を期待してしまいます。





それが、統合失調症のAちゃんに伝わると。。



Aちゃんは、精神的に追い込まれてしまいます。




何もしなくていい日を作ったり。。



好きな食事を食べたり。。



好きな歌番組を見たり。。



好きな花を見たり。。



Aちゃんの心に元気をしないといけません。




それでも、何日も横になって。。

動かない日もあります。



ずっと、母親から離れない日もあります。



母親が台所に行く時も。。


母親が部屋に行く時も。。


母親がトイレに行く時も。。





ずっと。。


母親にくっついて行きます。





そういう時は、そのままにしておきます。



すると。。



しばらくすると。。



少し元気を取り戻します。




その繰り返しです。




最近。。



義母の病気の疑いがでてきてからは。。



統合失調症のAちゃんは。。



頻繁に母親と一緒に行動することが多くなりました。




Aちゃんの母親は、Aちゃんが一緒にくっついて
くることに慣れているので何も言いませんが。。


もう少し、Aちゃんが義母を頼らず生活できるように
なってもらいたいと思っているようです。








励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

検索フォーム
プロフィール

チョッペスト

Author:チョッペスト
統合失調症という病気は、抱えているひとも、家族も一生を覚悟して付き合わなくてはなりません。

とりあえず、私の過去からのことをまとめ、できれば皆さんと共有していきたいです。

最新記事
ランキングに参加してます
ランキングに参加してます
ご訪問いただいた方々
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ村ランキング
人気ブログランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文: