病院 - 統合失調症という病気と家族       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統合失調症と主治医との関係が大事と思った出来事

私事なのですが。。。

3日の午後から体調を崩してしまって。。



4日の月曜日に近所の内科の病院を受診しました。

その内科の病院で、外科で調べてもらったほうが
よいということ言われました。

内科で抗生剤をもらったから、様子をみようかな・・・

と思って、自宅に戻りました。

嫁にその経緯を話すと。。。


絶対に外科で診てもらって!

ということで、

しぶしぶ外科へ行くことに。。


総合病院だから、結構待ち時間があるん
だろうなあ・・

と憂鬱になりながら外科の待合室で待っていました。

結構大きな病院だったので、Bちゃんが統合失調症
で、入院と通院をしていた病院と雰囲気が似てると
思いました。

Bちゃんも診察待ちのとき、待ち長かったろうと、
こんなところで思ってしまいました。

そんなことを思っていると。。


順番がきたらしく名前を呼ばれ、診察室に
入りました。


そして、診察室に入って先生と向き合うと。。。


何か違和感を感じました。

よく、病院の診察室に入ることがあっても、統合失
調症の双子の診察の付き添いがほとんど。。。

自分の病気で診察受けることなど、風邪程度で年に
1~2回あるかどうかでしたから。




先生:



「どうされましたか?」

私:




「日曜の午後からなんとなくお腹が痛いのですが・・」

先生:

「何か自分で思い当たることはありますか?」

私:

「特にこれといってないんですが。」

先生:

「なんでも、いいんです。少しでも何かあれば言って」

私:

「・・・・別にないですが。」

先生:

「水分取り過ぎたとか、食べ過ぎたとかないの」

私:

「いつも通りです。」

先生:

「あのね、私はあなたの情報を知らないから、色々
聞いてるんだよ。よく考えてみて。」

私:

「別にないです。」

先生:

「お腹が痛いのでしょう。まだ診てないから盲腸か
どうかわからないけど、仮に盲腸だったら、あなた
の身体を切ることになるかもしれないんだよ。

本当に切らなくてはいけないかどうかも含めて
検討するために、あなたから情報をもらいたい
んだよ。

どんな、ささいなことでもいいから、後からでも
いいから言ってくださいね。」



・・・・・・




ていうか。。



まだ、お腹が痛いしか言ってないんですけど・・・

いきなり、身体を切るとか・・・



先生:

「じゃ、そこに横になって、ズボンはおろして、下着
はぎりぎりまでおろして、膝を曲げて」

私:

「はあ」

一応言われたとおりに寝たつもりでしたが・・・

先生:

「ズボンのおろし方がまだだ。これじゃお腹がさわれな
いでしょうが!

横になって膝を曲げるっていうことは、もう少し膝
を上げて、足首を外側にむけて安定させなきゃ
だめだ。

こんなことできないのか?」


・・・・・何だこの医者は???


先生:

「口を大きく開けてリラックスして呼吸して」

私:

「はあ」

先生:

「そんな、呼吸じゃだめだ。

まだ緊張してるな」

私:

「はあ」

先生:

「お腹がまだ膨らんでる。

リラックスした呼吸はお腹が平らになるんだ。」

私:

「はあ」

先生:

「まだまだ。これじゃ触れない。

リラックス リラックス。

こうやって。。。

はあ、はあ、はあ、、、」



・・・・よくわからない説明につい笑ってしまいました。

先生:

「何笑ってるの。これから、あなたの病気に緊急性
があって、すぐにでも身体を切るのかどうかを
含めて調べなければならないいんだ。

人様の身体にメスをいれるということは、きちんと
本人に納得してもらうだけの理由を伝えること
なんだよ。」

私:

「はあ」


ようやく。。触診が始まり。。


先生:

「この触診の方法どうだい?

内科医なんかには、絶対できないんだ。」


・・・・知らないし。どうでもいいし。


先生:

「ここに、○○があってここに○○がこうなってて
あ、ここが○○・・・・・・」



・・・・・だから何?




先生:

「・・・・・・、あ、また呼吸が乱れた!

また後で触診のやり直しだ!

まず、検査してきて。今あなたができる簡単な検査
は、血液検査とエコーとレントゲンと尿検査だ。

これをやってから、緊急性があるものかどうか
結果をみよう」


私:

「はあ」


・・・・・・

なんか、変な医者にあたったなあ・・・

と憂鬱になったとき・・・


もしかすると、Bちゃんもこんな気分なのか!!

とふと思いました。

内容は全然違うけど、

主治医との相性が悪ければ・・・・


その時の私も、またこの検査が終わって、あの医者
の診察を受けなければならないかと思えば・・・


そして、あの地獄の触診の体制と呼吸法をしなけ
ればならないと思うと・・・・


というか、この外科医と相性が合う患者がどれだけ
いるのかわかりませんが。。。


どんな、病気でも担当の医者・主治医との相性は
大事だと感じました。

まして、統合失調症のような心の病気で、時間も
かかる病気であれば尚のことですよね。


信頼できない医者に診てもらう苦痛がわかった気が
します。。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症が再発?

「移送制度」は指定医の診察を拒否するなら
利用できません。

「移送制度」を利用し、統合失調症の
自分の家族を病院に連れていきたい場合に
保健所などに相談します。

保健所は、家族に聞き取り調査をし、
入院(強制)させるかどうかの会議をします。

そこで、入院の為の移送が必要なら「指定医」
に診察を命令するのです。

その「指定医」の診察を本人が拒否したら、
「移送制度」は利用できません。

私の家族のBちゃんは、「移送制度」は利用
しませんでした。

Bちゃんは、現在入院中ですが、2回目の入院
です。

2回とも「移送制度」は利用していません。

1回目の入院は、Bちゃんの息子が幼稚園の年少
の時なので、5年前です。

Bちゃんは、自分で電話で警察を呼び、
そのまま、入院(医療保護入院)となりました。

1回目の期間は入院は3ヶ月でした。


2回目の入院は、著しい体重の減少と、幻聴の
悪化でした。

2回目の入院のときは、私と私の嫁とBちゃんの
旦那の3人で、Bちゃんを車に乗せて、病院に連
れていきました。

その時は、Bちゃんは風呂も入れずに、人間らしい
生活ができているとは言い難かったです。

けっこう、車の中に異臭がありました。



1回目の入院の時に3歳だった息子も
2回目の入院のときには7歳で
小学1年生になっていました。

Bちゃんは息子の面倒をみることができません。
(というか、生まれてから、ほぼみてませんが)



私たち家族は病気とは頭の中では理解
していますが、あまりにも、Bちゃんの息子
が不憫に思えてなりません。

Bちゃんは、自分がおなかが空くと我慢が
できません。

おなかが空くと、自分のご飯だけついできて、
食べ始めます。

その姿は、何日も食べていない人が
食べるような感じで、一心腐乱に
がっついて食べます。

本当に汚い食べ方です。

Bちゃんのまわりは、食べ物がこぼれてすごい
状態です。

ご飯が終われば、下をむいてずっと、口から
よだれを垂らしてしまいます。
(これは、薬の副作用ですが。。。。)

一切、息子との会話はありません。

しばらくすると、だまって布団がある部屋
に行き寝ます。

5分から10分おきに家族がいる部屋に戻って
きます。
(幻聴がひどく眠れないからです)

Bちゃんの息子は、私たちが、今現在でも、
育てています。(と思っています。)

すごい食欲があった、Bちゃんなのですが、
今度は、食事に毒を入れられる幻聴が聞こえ
はじめ、そこから、一気に体重が減少しました。

本当は、おなかが空いているのですが、
幻聴のせいで、口にものがいれられません。

どうしても、おなかがすいて、口の近くまで、
食べ物を近づけるのでるのですが、

「カビキラーがまじってる」など言って、
口にいれることができませんでした。

Bちゃんもやせ細ってきて
55キロあった体重が37キロになりました。

私がBちゃんの旦那に

私: 

「最近Bちゃんごはん食べなくて痩せてる
よ。」

Bちゃんの旦那:

「俺も痩せたと思ったからきいたらダイエット
してるんだって」

私:

「幻聴で食べたくても食べれないみたいだよ」

Bちゃんの旦那:

「まじー!痩せたんじゃ、こまるなー
俺、巨乳好きだからー」

私:

「病院の先生に相談したことある?」

Bちゃんの旦那:

「いや、別に・・・俺はダイエットって聞いてる
からさー」

私:

「次、病院行く時一緒にいこうか
もし、再発してひどくなったら
困るから。」

Bちゃんの旦那:

「わりーね、助かるよ」

という感じで、その後、私と私の嫁も、
Bちゃんの通院に同行し、先生と
相談しました。

病院の先生の話を聞くと、2年以上通院を
している、BちゃんとBちゃんの旦那から、
毎回様子を聞いても、「大丈夫です」
ということしか言わないということでした。


その結果、医療保護入院となり入院
しました。








励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ










受診拒否と移送制度について

統合失調症は、治療をの開始が早ければ
早いほど回復が早く、回復のレベルが高い
とういうことがわかってきてます。

本人の苦しみを少しでも早く改善させたい
家族は、早く病院で診てもらいたいはずです。


今日朝から叔母が家に来て、
「昨日はほとんどねむれなかった」
と言いました。

叔母も7年くらい前に統合失調症で入院し、
いまも、メンタルクリニックに通院しています。

私の家の近所にすんでいるのですが、結婚
しておらず、一人暮らしです。

「眠れない」。。。。(不眠)

誰でもそんな時はあります。。。

でも、私と嫁は
まわりに統合失調症の人が多いことあり、
敏感になります。

嫁が、メンタルクリニックの先生のところに
行くか聞いても、叔母は大丈夫と答えます。

もちろん、今のところ、大丈夫だとは
思いますが。。。。

どうしても、早め早めに病院の先生に相談
などをしたほうがよいと考え、
少し敏感ぎみです。。。(汗)

叔母もそうですが、双子のAちゃんBちゃん
も、基本的には、病院には行きたがりません。

ただ、
叔母とBちゃんは、メンタルクリニックの通院
は、きちんといくので今のところ大丈夫です。

Bちゃんは、今2度目の入院中(もうすぐ
2年近く)です。

Bちゃんの症状がひどく、とても自宅でみる
ことができなくなり、私と嫁とBちゃんの旦那
で、無理やり病院に連れていきました。

Bちゃんは、その時体重が激減し、(55キロ
→37キロ)力も気力もなかったので、大人
3人が力を合わせれば、少し強引にでも、
病院に連れて行くことができました。


私の家はそうですが、統合失調症をかかえる
家族には、病院を受診させたくても、本人が
拒否し、病院にいけない家族もいると思います。

本人の診察拒否に困っている家族に助かる
制度が前回でてきた「移送制度」です。

「移送制度」とは・・・・

「精神障害者またはその疑いのある者」で、
しかも「ただちに入院させる必要がある人」
を、自治体の職員などが迎えに来て、決め
られた病院(応急指定病院)に連れて行って
くれるというものです。

しかし、前回「移送制度」には2つの問題が
あるということを書きました。

それは。。。。

① 手続きに約1ヶ月程度かかる


② 「移送制度」に消極的な自治体が多い



①手続きに約1ヶ月程度かかる。。。。。

以下のような細かい手順が必要です。


移送制度


家族による相談開始から移送まで、
1ヶ月ほどかかってしまいます。

早く病院に連れて行きたい家族の
願いに対応してる制度になっていません。


② 「移送制度」に消極的な自治体が多い。。。

基本的には、強制入院ですから、やり方に
よっては、人権を無視することになるので、
どの自治体も慎重になっています。


この移送制度ができてから、8年間の移送実績
は、1,445件しかありません。

移送制度を実施できる64の都道府県と
指定都市の自治体のうち、20の自治体は
1回も移送制度を実施していません。



でも、問題はありますが、
「移送制度」は家族の申し出により本人を
「迎えにきてもらう」ための、

法律で認められた手段
です。

おかれている状況によっては、利用すべき
時もあるかもしれません。

利用するときは、「保健所」か自治体の健康・福祉
関連の部局に相談してください。







励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ












統合失調症で病院に行くことを拒否される パート4


家族、第三者の説得、往診でも受診を拒否
された場合は・・・

どうしても、強制的に連れていくしかない
ですよね。

もちろん、急性症状が始まって、本人の状態
が悪くなっていくことをほっとけないときに
どうしても取らざるを得ない選択です。

強制的に本人を病院に連れて行く方法で、
家族が望む方法は。。。。

病院から迎えにきてもらう。

ことではないでしょうか。

でも、それは不可能です。

なぜかというと、以下の理由です。


■ 医者の診察を受けていない人は患者
ではない。

■ 患者ではない人のところには、医療機関
からはスタッフはこない。



しかし、「迎えにきてもらう」ということに近い
ことができる制度ができました。


「移送制度」です。
(2000年4月に創設)



「移送制度」とは・・・・

「精神障害者またはその疑いのある者」で、
しかも「ただちに入院させる必要がある人」
を、自治体の職員などが迎えに来て、決め
られた病院(応急指定病院)に連れて行って
くれるというものです。

家族が診察拒否に困っている場合、よい
制度と思います。

私も、双子のAちゃんとBちゃんが診察拒否
がひどければ・・・・

しかし、この「移送制度」があるとは知りません
でした。


でも、「移送制度」には問題点が2つあります。


① 手続きに約1ヶ月程度かかる

② 「移送制度」に消極的な自治体が多い

詳しくは、また後ほど書こうと思います。


問題はありますが、
「移送制度」は家族の申し出により本人を
「迎えにきてもらう」ための、

法律で認められた手段
です。

おかれている状況によっては、利用すべき
時もあるかもしれません。

利用するときは、「保健所」か自治体の健康・福祉
関連の部局に相談してください。








励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ












統合失調症で病院に行くことを拒否される パート3

Bちゃんの場合、強い陽性症状のあと、
本人が疲れてしまい、一時的に落ち着き
をとりもどし、病院に行くことができました。

しかし、どうしても家族の説得に応じない
場合はどうすればよいのでしょうか。

大きく分けると2通りです。

① 第3者に説得を頼む

② 強制的に病院に連れていく


最初に

① 第3者に説得を頼む

■学校の先生、職場の上司、親戚など、
本人が会って話をする可能性がある人
を探し、説得してもらう。

→ふだん頼りにしていた人の言うことを意外と耳を
貸す可能性があるからです。


■保健所の保健師さんに説得してもらう。

→保健師は、市役所に尋ねれることで調べれます。

→保健師に電話し、事情を話すと家に来て、家族の
 相談を受けたり、本人に話をしたりしてくれます。

■精神科の医師に往診してもらう。

→往診は保護者・配偶者であれば依頼できます。

→保健所か市役所などの自治体に問い合わせる。

→本人の同意なしの治療になる。
 (本人の人権を無視した行為になる)
 (本人と家族の関係を悪化させる)



 ※往診という方法は、家族が気をつけなければ
  ならないことがあります。

  本人を診察しないで、薬を処方することは違法。

  往診をお願いしたり、本人の受診拒否の相談により、
  医師の中には家族に薬を渡す方もいるらしいです。
  
  本人の苦しみと、困り果てている家族の為に
  違法とわかっていて、あえてしているのでしょう。

  もし、そのような時は、家族も違法行為に加担
  
しているということになります。

  知っていたほうがいいと思いました。


往診でも、部屋から出てこなかったらどうしようもありません。

そのような時に。。

②強制的に病院に連れていく
という方法が必要になるようです。







励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ








検索フォーム
プロフィール

チョッペスト

Author:チョッペスト
統合失調症という病気は、抱えているひとも、家族も一生を覚悟して付き合わなくてはなりません。

とりあえず、私の過去からのことをまとめ、できれば皆さんと共有していきたいです。

最新記事
ランキングに参加してます
ランキングに参加してます
ご訪問いただいた方々
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ村ランキング
人気ブログランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。