統合失調症と社会資源 - 統合失調症という病気と家族       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自立支援医療受給者証の更新に行ってきました。

先月。。

統合失調症の双子の妹のAちゃんの。。

『自立支援医療受給者証』の更新に市役所に
行ってきました。




『自立支援医療受給者証』は、ご存じの方も多いかと
思いますが。。


簡単にいうと。。


精神疾患の通院治療費の負担を減らしてくれる制度

です。

通院治療費なので。。

精神科の入院中のBちゃんは該当しません。



どのくらいの医療費が軽減されるかというと。。


原則として医療費の。。

1割負担

です。

あと。。

所得に応じて毎月の自己負担額に上限が設定
されています。



一般の健康保険は3割負担なので。。

1/3で済みます。


Aちゃんの場合。。


メンタルクリニックの医療費や薬代は、1割負担で、
月に5,000円の上限額を設けてもらっています。


1割負担は精神疾患の治療だけなので。。

他の病気で通院している。。

内科

眼科

歯科

は、従来通り3割負担です。(当たり前ですよね)


この『自立支援受給者証』は1年毎に更新しなくては
なりません。




ということで、

先月、Aちゃんの『自立支援受給者証』の更新する日
が近づいてきたので、市役所に行ってきました。

因みに、更新手続きは、期限がきれる3ヶ月前から
できるそうです。





自治体によって違うのかもしれませんが。。


私が更新するために市役所にもっていったものは。。


・自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書

・保険証

・印鑑

でした。


毎年更新に行っているのですが。。


私の記憶力がよくないので。。


なにを持っていけばよいのか。。

すぐ忘れてしまいます。



今年の更新は。。

主治医の診断書が必要ありませんでした。



診断書(自立支援医療(精神通院)診断書)
の提出が2年に1度でいいと言われて。。



ちょっと昔の記憶が思い出せないのですが。。


まあ。。


診断書の提出が2年に1度でいいというので
あれば。。


毎年提出するより楽なのでよかったです。




市役所の障害福祉課の数人の職員の方とは。。

統合失調症の双子の姉妹のAちゃんやBちゃんの
ことで色々相談にのってもらっているので。。


私が窓口に来ていることに気づくと。。


「その後様子はどうですか?」

などと色々声をかけてくれます。


AちゃんとBちゃんの近況報告をしながら。。


『自立支援医療受給書証』の手続きを終わらせて
しまいました。



『自立支援医療受給者証』の更新手続きにかかる
時間は。。

10分程度でしたが。。



親身な市役所の障害福祉課の職員の方と。。

1時間くらい情報交換させていただきました。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

初めて障害者支援施設の短期入所のサービスを利用しました。

Bちゃんの短期入所を利用する当日は。。

・Bちゃん

・Bちゃんの旦那

・私

と3人で障害者支援施設に行きました。



行く途中の車の中で。。。



Bちゃんの旦那:

「施設に行ったら、スタッフの言うことをちゃんと
聞くんだよ。」

Bちゃん:

「わかった。。」

Bちゃんの旦那:

「自分勝手な行動をしたらダメだからね。

昼はできるだけ活動するように頑張ってね。」


Bちゃん:

「すぐ迎えにくる?」


Bちゃんの旦那:

「3日後にくるから。」


Bちゃん:

「そんなに長いの?

早くならない?」


Bちゃんの旦那:

「ならないよ。

ずっと、そう言ってただろ。

寝てないで、少しでも動くんだよ。」


Bちゃん:

「・・・」


Bちゃんの旦那:

「Xの為にも、自分の為にも寝ないように頑張
るって約束したんだからね。」

Bちゃん:

「・・・・・」



短期入所を利用する期間は。。

3日間です。



そこの短期入所の施設の1日のスケジュールは。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・6時30分・・・・・起床

・7時30分・・・・・朝食

・8時00分・・・・・整容(歯磨きなど)

・8時30分・・・・・朝礼

・8時45分・・・・・居室掃除

・9時15分・・・・・日中活動開始

・10時00分・・・休憩(15分)

・12時00分・・・昼食

・13時00分・・・ウォーキング

          日中活動

・15時00分・・・休憩

・15時15分・・・入浴

・17時00分・・・終礼

・18時00分・・・夕食

・19時00分・・・自由時間

・22時00分・・・消灯

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


このようなスケジュールでした。



契約した日に、私はこのスケジュールを見せ
られて。。。


施設の方に。。


このスケジュールは今のBちゃんには難しいと思い
ます。。。

と話すと。。


「出来るだけでかまいませんよ。。

そして難しいようであれば。。

歯磨きや洗濯もお風呂も。。

スタッフが支援します。。」


とおっしゃってくださいました。




私達3人が障害者支援施設に着くとすぐに。。

Bちゃんが3日間利用する部屋を案内されました。


1階が男性の施設の部屋で。。

2階が女性の施設の部屋です。


Bちゃんが利用する部屋は、2人部屋でした。


通路の入口と洗面をするところが2人の共通の場所
となっていて。。

部屋はしきりで区切れるようになっていました。



部屋に入ると。。

まずは、自宅から持ってきた荷物を施設の方が
チェックします。


退所するときに忘れ物がないか調べるためだそう
です。


刃物などの危険物の持ち込みは禁止されていま
すが。。。

紐のようなものも持ち込み禁止です。

自殺などを図らないようにでしょうか。。。



ものすごく、細かく持ち物チェックをするので、
30分以上かかりました。


持ち物チェックが終わると。。

施設の方が、私達に帰っていいと言うので。。


相部屋の方に挨拶をしてBちゃんの旦那と帰り
ました。



Bちゃんを見ると。。


すでに。。

部屋のベッドで横たわっています。





その日から。。

Bちゃんが施設を利用している3日間。。

自宅の電話や携帯が鳴るたびに。。

何かBちゃんが問題を起こして。。

施設からの連絡ではないかと。。

落ち着きません。。




ようやく。。


Bちゃんを迎えに行く日になりました。


施設に着いて。。

施設の人と持って帰る荷物の確認をした後。。


施設の方とBちゃんの施設での過ごし方がどう
だったのかという話しをしたのですが。。


施設の方が何を言っても、ベットから起き上がって
活動することはなかったそうです。


歯磨きなどの洗面も、いくら施設の方が声をかけて
も、しなかったということでした。


食事については。。


食事の時間でも無いのに。。


食堂にきて、食事の用意をするスタッフに何回も

「ご飯まだですか?」

と毎回言っていたらしいです。


施設の方が寝ているBちゃんを何回も起こしに
来るたびに。。


「早く家に帰らして。。。」

と訴えていたらしいです。


そして、Bちゃんを担当してくださった施設の方に
。。


私:

「この施設の利用は、現時点の状態で可能で
しょうか?」



施設の方:

「私からははっきりお答えできません。

この施設は、本人が少しでも、日中に活動して
みよう。。

と考えていらっしゃる方が利用していただく施設
です。

申し訳にくいのですが。。

Bさんは病気の状態のせいかもしれないですが。。

日中に動こうとする気力が無いように感じます。

であれば。。

こういう施設というよりは、病院の施設のほうが
今のBさんには合っているかもしれません。

この施設が受け入れるかどうかは、私ではなく
また別の者が決めますので、最終的にはそちら
に聞いてもらうことになるのですが。。」



私:

「わかりました。

ありがとうございます。。。

本当にお世話になりました。。。」



私と施設の方と話しをしている間にBちゃんが。。

どこかいなくなってしまいました。


施設の方も一緒になって探してくれました。。


Bちゃんは。。


外に泊めてある私の車の前に立っていました。。。


よっぽど。。

家に早く帰りたいんだね。。



とりあえず。。

Bちゃんお疲れ様でした。。。




ということで、初めて短期入所というサービスを
利用させていただきました。


本来の短期入所のサービスの意味としては。。


・当事者の家族が不在になったとき。。。

・家族が介護で疲れた時に一時的に休息ができる
 ように。。。


などに使うサービスかもしれませんが。。


福祉相談士などとも相談して。。

Bちゃんの生活訓練をするきっかけのため。。

短期入所というサービスを利用して。。

施設の経験をさせていただきました。



もしかしたら。。


Bちゃんもこういう施設で生活すると、少しは
変わるかもしれない。。


ちょっとした、昔のような生活のリズムのような
ものを感じるかもしれない。。


と思ったのですが。。


難しいようでした。



それから。。

自宅に戻って生活を始めたBちゃんは。。


よくならずに。。


9月に入って3回目の入院となりました。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

短期入所のサービスを受けることに決めました。

前回の続きです。

↓ ↓ ↓

障害者支援施設の『短期入所』のサービスが受けられそうになりました。



障害者支援施設の契約を終えて、自宅にBちゃんと
2人で戻りました。

自宅に戻るとすぐに。。


Bちゃん:

「私のごはんは?」

と嫁につっかかります。


嫁:

「子供達が学校のプールからそろそろ帰ってくるから
これから作るの。

一緒に食べよ。」


Bちゃん:

「待てない」


と言って。。


テーブルの上に置いてあったパンをかじりながら。。



寝床に行ってしまいました。



Bちゃんを起こしに。。

何度か寝床に行ったのですが。。。



反応がありません。






障害者支援施設の方に。。

短期入所の空きがあるので、試してみればどうか?


と言われ。。


Bちゃんにきちんと話をしなくてはならないの
ですが。。


話ができる状態ではなかったです。


次にBちゃんが確実に起きてくるタイミングは。。


お風呂と夕飯しかありません。


そして夕飯の時に。。


私:

「Bちゃん、今日、施設の人が短期入所してみない
かって言ったの覚えてる?」


Bちゃん:

「知らない。。

ごはん出して!」


Bちゃんの旦那:

「ごはんの前に話しよーよ。

施設に行って病気治すっていつも俺に言って
るだろ。

その施設がどういうところか試せるんだってよ。」


Bちゃん:

「わかんない。

ごはん!」


Bちゃんの旦那:

「飯食ったら寝るだろ!

話しよーよ!」


Bちゃん:

「わかった。

早くごはん頂戴!」


Bちゃんの旦那:

「わかったらなら、どうするんだよ。

このまま家で寝て過ごしてたら、一生寝たきりに
なるって言われてるんだぞ。

少しでも、普通に生活できるように施設に行くって
俺と約束しただろ!」


Bちゃん:

「わかった。」


Bちゃんの旦那:

「何がわかった?」


Bちゃん:

「・・・・・・・・

わかんない。。」


Bちゃんの旦那:

「施設に行ってみるか、どうか聞いてるんだけど。。。」


Bちゃん:

「わかった」


Bちゃんの旦那:

「わかったって何が?」


Bちゃん:

「・・・・・

ごはんをゆっくり食べること。。」


Bちゃんの旦那:

「そんなこと一言も言ってねーよ」




Bちゃん:

「いいかげんに。。

ごはん出して!」



話ができません。。。


結局何も進展しませんでした。









数日後。。



義母が私に


義母:

「すまねーが。。

Bが施設に行くって言うから連れて行ってくん
ねーか?」


私:

「えっ

Bちゃんからそうお義母さんに言ったんですか?」


義母:

「そうだよ。

本人もこのままじゃ駄目だと思ったのかもな。。

まあ。。

私も。。

X(Bちゃんの息子)がいるんだから、頑張ってこい
と言ったんだけど、Bも頑張るって言うから。。」


私:

「施設って無理矢理行かしても駄目と思いま
すよ。」


義母:

「Bの性格じゃ、家にいても自分で何にもしねーんだ
よ。

子供がいなけりゃ、それでもいいんだけど。。

あんな状態なら、Xの前にもいないほうがましだ。。

施設に行けるようになって、少しでもマシになって
Xと会うほうがよっぽどいいさ。。」


私:

「・・・・

わかりました。。」




私はその後。。

Bちゃんのところに行って。。



私:

「Bちゃん、お義母さんから聞いたんだけど。。

施設に行ってみるの?」


Bちゃん:

「はい」


私:

「施設は、何回も言うようだけど。。

寝て過ごせないんだよ。」


Bちゃん:

「わかった」


私:

「昼間は起きて何か作業しなくちゃいけないんだよ。」


Bちゃん:

「はい」


私:

「何で行くって言ったの?」


Bちゃん:

「知らない。。」
 

私:

「・・・・・・・・・」


その後、数回。。

義母やBちゃんの旦那と話をしましたが。。




どんなことをする施設なのか体験してもらう。。






ということも含めて。。


施設の短期入所のサービスを受けることにしました。







励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

障害者支援施設の『短期入所』のサービスが受けられそうになりました。



障害者支援施設へ。。

短期入所を利用する為の契約をしに。。

統合失調症の双子の姉のBちゃんと2人で行った
時の続きです。

↓ ↓ ↓

障害者支援施設に契約をしてきたときの話


契約をしても、実際は施設の空きはありません。

Bちゃんが短期入所ができるとしたら。。


施設を利用している方が。。

”入院することになった。。”

とか。。

”自宅に一時帰宅することになった。”

というような場合に、部屋が空いた時だそうです。


そして。。

そのような時が。。


めったにない


ということでした。。


実際のところ。。

利用するのは難しいと思います。

↓ ↓ ↓

障害者支援施設というところに見学に行ってきました。


短期入所の部屋が5部屋あるのですが。。

同じ方がずっと利用しているのです。




横道にそれます。。



”短期入所”という名称なので。。

短い期間を。。

色々な人が施設を利用することでは。。


と思っていたのですが。。



なぜ。。





”短期入所”というサービスをずっと同じ人が利用
できるのか?



というと。。


福祉サービスを受けるために必要な。。

『障害福祉サービス受給者証』



短期入所というサービスを受けるのであれば。。

その受給者証に記載されてある項目の

”サービス種別”に

『短期入所』

”支給量”に

31日/月』




”支給量”は、1ヶ月に何日まで短期入所を利用して
いいですよ。。。


という意味なので。。


”支給量”を

31日/月

にすれば。。。



1ヶ月間ずっと短期入所を利用できるということ
になります。




ですから。。

短期入所ができる部屋を確保できれば。。

支給量を31日/月にしとけば。。

ずっと利用できるそうです。



ちなみに。。

Bちゃんの”支給量”は。。

5日/月です。




そして、支給量を31日/月に変更するのは。。

市役所で簡単にできるそうなのです。





話を戻します。


ということで、今回契約した障害者支援施設は、
同じ方がずっと短期入所の部屋を利用していて
空きがありません。



契約を終わらしたあと。。

早く帰りたがっていたBちゃんと帰ろうとすると。。



施設の方が私に。。

施設の方:

「実は、8月のお盆の前後に短期入所の部屋の
空きがでました。

1回ご利用されてみてはどうですか?」


私:

「えっ?

利用できるんですか?」


施設の方:

「利用者がお盆で自宅に戻ることになったので、
部屋に空きがでました。

短い期間ですが、この施設がどんなものか知る
機会だと思いますが」


いきなりの展開に少しびっくりしました。。


とりあえず、Bちゃんに。。


私:

「Bちゃん、どうする?」


Bちゃん:

「わかった。。。帰ろう。。」


ダメだ。。こりゃ。。






私:

「一旦自宅に戻ってから、本人と家族で話を
してから連絡します。。」






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

障害者支援施設に契約をしてきたときの話

Bちゃんが入院する前のことです。

前回の続きですが。。



数日後。。


障害支援施設へ契約に行く日になりました。


朝からBちゃんが突然。。


Bちゃん:

「やっぱり行かない。。」





義母:

「また、そんなこと言って!

X(Bちゃんの息子)の為と思って頑張ってみろ」




Bちゃん:

「やだ」


私:

「じゃ、断ろうか。。」


Bちゃん:

「そうして」


義母:

「寝たまんまじゃ治らねーよ」


私:

「無理に行かない方がいいですよ。

施設の活動は、自分の意思で参加しなくては意味
がないから。」


義母:

「このままじゃ、Xがかわいそうだぞ」


Bちゃん:

「・・・・」


私:

「じゃ、行く気になったら言ってね」


Bちゃん:

「行く」


私:

「嫌なら行かなくていいんだよ。

もし、利用するなら。。

今までみたいに寝て過ごせないかもよ。」


Bちゃん:

「・・・・」


私:

「今日は契約をしに行くだけだから、終わったら
家に帰ってくるけど。

利用するなら、施設は病院じゃないから、日中は
活動することになるから。。

まだ、難しいと思うなら出来ると思う時に行き始め
たほうがいいよ。」


義母:

「B。。

寝たきりで終わりたくないだろ。。」


Bちゃん:

「行く」


私:

「そんなに、気負わなくてもいいと思うけど。。

頑張ろうと思うかどうか。。

行ってみる?」





Bちゃん:

「はい」



ということで。。

Bちゃんと私と2人で。。

障害者支援施設に行ってきました。



施設に着くと。。


前回見学した後に面会した部屋に通されました。


今回。。

Bちゃんが利用できる福祉サービスは。。


『短期入所』

というサービスです。


市役所から。。


『障害福祉サービス受給者証』

というものを交付していただきました。


その受給者証に

”サービス種別”



”支給量”

という項目があり。。


それぞれに

『短期入所』



『5日/月』

と記載されています。



この内容は。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
月に5日間まで。。

短期入所を利用していいですよ。。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という意味らしいです。


少し脱線しますが。。


”支給量”という項目に記載されている”5日/月”
の日数は市役所でいつでも変更できるとのことでした。


あと。。。

仮に。。

Bちゃんが。。

複数の施設で契約していて。。

同じ月に。。

複数の施設で。。

短期入所を利用する場合。。。



Aという施設で2日間利用したら。。

Bという施設を3日間しか利用できません。


あと。。


費用についてですが。。


『障害福祉サービス受給者証』

に記載されている項目に。。

”負担上限月額”

という項目があり、

記載されている金額が。。

月に負担する上限の金額だそうです。


それ以外に。。

これは利用する施設によって。。

金額が違うと思いますが。。


施設で提供される食事の代金と。。



光熱費のようなものが必要です。






参考までに。。

Bちゃんの負担上限月額は。。。

1万円くらい。。

契約する施設の。。

食事代 + 光熱費 = 1,800円/日くらいでした。



話を戻します。。


今回は。。


『短期入所』を利用させていただく契約をさせて
いただくことになります。


施設によって違うのでしょうが。。


・「障害者福祉サービス事業(短期入所)」
 
  (重要事項説明書)

・「障害福祉サービス事業(短期入所)」

  (サービス利用契約書)

・「サービス利用説明書(短期入所)」




という書類の説明を受けて。。

署名と捺印などを済ませ。。

とりあえず、終わりました。。。


時間にして。。

1時間以上でした。


Bちゃんは。。


開始5分後から。。


「トイレ行ってきます」

「終わりにしてください」

「あと何分ですか?」

「外に行っていい?」

「まだですか?」


ずっと言ってましたが。。

施設の方が慣れた感じで。。

Bちゃんの相手をしてくれました。。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

検索フォーム
プロフィール

チョッペスト

Author:チョッペスト
統合失調症という病気は、抱えているひとも、家族も一生を覚悟して付き合わなくてはなりません。

とりあえず、私の過去からのことをまとめ、できれば皆さんと共有していきたいです。

最新記事
ランキングに参加してます
ランキングに参加してます
ご訪問いただいた方々
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ村ランキング
人気ブログランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。