統合失調症とは - 統合失調症という病気と家族       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療をしている統合失調症の人が犯罪を犯すことはありません

このような記事をインターネットでみました。

↓ ↓ ↓

朝霞少女誘拐事件 樺風被告薄笑い初公判 弁護側「統合失調症」主張


スポニチさんの記事だと思います。


朝霞の誘拐事件の被告が。。

統合失調症だから。。

弁護側は。。

刑事責任能力を争うということ。



統合失調症をよく知らない方は。。



統合失調症の病気の人を。。


恐ろしい。。


怖い。。



と思ってしまうのでないでしょうか?


もともと。。

統合失調症という病気には。。


・他人に危害を加えるおそれのある危険な病気


・人格の荒廃に至る特殊な病気



といった偏見や誤解がまだまだあると思います。




事実。。

わずかですが、統合失調症の人が法に触れる
行為をすることもあるみたいですが。。



こうした犯罪は。。


統合失調症の治療をしていなかったり。。

適切な治療を受けていなかったり。。

勝手に服薬を中断したり。。


というような患者さんが侵すケースがほとんど
のようです。



書籍に書いてあるのですが。。


きちんと治療を受けていれば、犯罪を犯すまでに
症状が悪化することはないようです。



私も、統合失調症の双子の姉妹の
AちゃんとBちゃんが。。


きちんと統合失調症の治療をおこなっているので、
犯罪を犯すとは思っていません。



統合失調症の人が危害を加えるのは。。


他人より自分自身に対して危害を加える(自傷)
が圧倒的に多いというデータもあります。



統合失調症の人の40%から50%が自殺を試み。。

そのうちの10%が死亡しているということです。


Aちゃんも自殺を図りました。




AちゃんもBちゃんも統合失調症になってからは。。

家にひきこもって、外に自ら出ようとはしません。




統合失調症は、どちらかといえば。。


よほど、症状が悪化しない限り


おとなしく、ひきこもりがちになる傾向が高い
らしいです。


症状が急変しても、きちんと主治医のところに
行けば。。


何らかの対応はできます。




冒頭見出しのタイトルで。。


よく詳しくはわかりませんが。。


統合失調症を主張


と書かれて。。


世間から。。




統合失調症なら。。

事件をおこしても。。

しょうがないや。。。



なんて思われたくはありません。



統合失調症の偏見や誤解は、統合失調症を
患っている人を追い込むことになるでしょうし。。

その家族も悲しい気持ちになります。


統合失調症という病気が正しく理解されて
ほしいです。








励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症と似ている病気

統合失調症の双子の姉のBちゃんは。。


うつ病と診断されていましたが。。

その数年後に。。

統合失調症

と診断されました。


経験のある精神科医であれば誤診の可能性は少ないと
思いますが。。






調べたのですが。。

統合失調症とよく症状が似た病気もあるそうです。


そのひとつに。。


『自閉症スペクトラム障害(PPD)』


があるそうです。


『自閉症スペクトラム障害』は。。


2013年に発行された。。

統合失調症の”診断基準”(DSM-5)で。。


『広汎性発達障害』とまとめて呼ばれていた。。


《自閉症》



《アスペルガー障害》

などを。。

1つの診断名に統合したようです。


『自閉症スペクトラム障害』の特徴は。。


・対人関係やコミュニケーションに障害がある。。

・ものごとに対する興味や関心の幅が狭い。。

・いつも同じパターン化された行動を繰り返す。。

・強いこだわりを持つ。。

・感覚過敏が90%の人に見られる。。
 
 ↓ ↓ ↓

 聴覚 (機械の音やサイレン)

 味覚 (偏食になる)

 視覚 (絵本などの特定のページやCMの場面)

 触覚 (洋服を着るなどの皮膚接触を嫌う)


 など。。

 特定の刺激に。。

 苦痛や不快の感情を表し。。

 回避する。。。





といった症状だそうです。


統合失調症



『自閉症スペクトラム障害』

は。。


互いに似た症状があるため。。


自閉症スペクトラム障害の患者が。。


統合失調症として診断されたり。。

統合失調症を併発していると診断されたり。。



する場合があるそうです。



『統合失調症』



『自閉症スペクトラム障害』


は表面的に似た症状が見られる場合があるそうですが。。


まったく異なる病気だそうです。


では。。

『自閉症スペクトラム』『統合失調症』



どのようなところが。。

似て。。

それについてどこが。。

違う。。

のでしょうか。。


● 自閉症スペクトラ障害の。。

    感覚異常と感覚過敏

   統合失調症の。。

    幻覚と幻聴

   が間違えられやすい。。


   でも違うところは。。


   統合失調症は。。

         後天性の病気。。

   自閉症スペクトラムは。。

         先天性の病気。。




   統合失調症は。。

   発症してから。。

   比較的短期間に。。

   症状があらわれて。。

   別人のようになってしまう。。

   

   自閉症スペクトラム障害は。。


   急にかわることはない




● 自閉症スペクトラ障害の。。

    孤立傾向が強い。。

   統合失調症の。。

    自閉症状

   が間違えられやすい。。


   でも違うところは。。


   

   病気がたどる経過と結末の見通し



● 自閉症スペクトラ障害は。。

    主症状が進行しない。。

   統合失調症は。。

    症状が進行する。。

   

ほかにもあるのですが。。


おおよそ。。

このようなことでした。。。



統合失調症の双子の姉のBちゃんも

最初に診断された病名が違ったのですが。。


100パーセント。。


医者の診断を信じることは。。


少し危険なのかもしれません。。。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症という病気の診断基準パート3

今回は、もうひとつの統合失調症の
診断基準の

DSM-IV-TRの内容について
調べたことを書いていこうと思います。

DSMは、

アメリカ精神医学会が定める

「精神障害の診断と統計の手引き」

のことで、

DSM-IV-TRは、

2000年に発表された第4修正版らしいです。



DSM-IV-TRより、

 妄想

 幻覚

 まとまりのない会話
  (例:頻繁に脱線したり支離滅裂になったりする)

 ・ひどくまとまりのない行動をとる
  
  ・興奮する

  ・同じ姿勢の保持

  ・蝋屈症(手足などをロウで塗り固められたよう
  に動かさない症状)
  
  ・緘黙症(声は出るのにしゃべらない症状)

  ・拒絶症

  ・混迷

  等の緊張病性の行動がある

 ・平板な感情

  ・思考貧困

  ・意欲欠如

  等の陰性症状がある

  ※ 奇異な妄想
 
     注釈幻声

     対話幻声
    
     があるならば、1つあるだけでよい

その他の基準

 ・社会的または職業的機能の低下

  仕事、対人関係、自己管理などの機能のうち
  1つ以上が、発症前の水準か一般に期待され
  る水準より著しく低下している

除外基準

 上記の症状が以下の疾患による場合

 ①統合失調感情障害、気分障害(うつ病、
  躁うつ病)による場合

 ②一般身体疾患や薬物乱用による場合

 ③広汎性発達障害による場合
  (顕著な幻覚や妄想が1ヶ月以上続いた
  場合のみ統合失調症と追加診断する)

以上です。

Bちゃん、Aちゃんは、ほとんどあてはまている
のではないでしょうか。

経験のある精神科医であれば、誤診の
可能性は少ないと言われているみたい
です。

しかし、統合失調症とよく似た症状で、
本当は体の病気だったり、別の心の
病気だったりすることもあるみたいです。

心の病気で統合失調症と似た症状が
あるものは。。。

「自閉症」

「アスペルガー症候群」

などを含む

「広汎性発達障害」

「解離性同一性障害(多重人格)」

などを含む

「解離性障害」


覚醒剤などの薬物やアルコールが引き起こす
精神疾患があるそうです。


「躁病」・「躁うつ病(双極性障害)」・「うつ病」
を含む「気分障害」
は、統合失調症と区別されています。

統合失調症か気分障害かと区別する場合

別の症状や症状が表れた順番や期間で
見分けるそうです。

統合失調症とよく似た症状がでる体の病気
は。。。

「脳腫瘍」

「側頭葉てんかん」

「多発性硬化症」

「ウイルス性脳炎」

「エイズ」

などの脳の病気やウイルスが脳に働いた
ときにも、症状が表れるそうです。

こういう体の病については、脳波や血液の検査
で発見できるそうです。

ただ、統合失調症と区別するには、時間がかかる
こともあるそうです。

Bちゃんの時、最初の心療内科の先生が
統合失調症と言わなかった理由も、

このような、判断基準のなかには、
症状が「○○ヶ月以上続く」などという規定がある
そうです。

そのため、数回の診察や経過の確認をする
プロセスがあり、判断が難しかったのかなあと
考えてしまいました。

しかし、最初の心療内科の先生に対する不信感
は、払しょくできません。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ
















統合失調症という病気の診断基準パート2

前回、

・ICD-10

・DSM-IV-TR

というものが、日本でも、統合失調症の診断基準
としてつかわれているということで、

今回、この2つの内容について調べたことを
書いていこうと思います。


まず、ICD-10について。

①-a)

「考想反響」:自分の考えが声となり、こだまのように
        反響し、他人にも聞かれてしまうと信じる

「考想吹き入れ」:外から考えが入れられる

「考想奪取」:外部から考えが取られる

「考想伝播」:考えが周囲の人に知られてしまう

①-b)

他者から支配され、影響され、服従させられて
いるという「妄想」がある(支配されているのは
自分の考えや感覚、体の動きや行為で、街で
偶然であった人物が自分を監視していると確信
するなどの「妄想知覚」もある)

①-c)

本人の行動を注釈し続ける「幻声」や、代わる
代わるうわさし合う複数の「幻声」や、身体の一部
から発せられる「幻声」がある

①-d)

文化的な理由を考慮しても、不適切であり、全然
あり得ないような持続的「妄想」がある

(例えば、

  宇宙を動かせる

  宇宙人と交信できる

               など)

②-a)

どのような種類であれ「幻覚」が1ヶ月以上毎日続き
それに怒り、不安、喜びなどの情動的要素を欠いた
「妄想」や、1つの考えだけにとらわれた状態が伴っ
ている

②-b)

言語新作や思考の流れに途絶や挿入があるため、
結果として会話が支離滅裂になったり、的外れに
なったりする

③-c)

興奮、同じ姿勢の保持、手足などをロウで塗り固め
られたように動かさない蝋屈症(ろうくつしょう)、
声は出るのにしゃべらない緘黙症(かんもくしょう)
何事も拒絶する拒絶症、意識はあるのに自発的
に行動したり考えたりしない混迷など、いわゆる
緊張病の症状がある。

③-d)

著しい意欲低下(無気力)、会話の貧困、感情の
平板化、場にそぐわない不適切な感情表現など、
いわゆる陰性症状がある(ただし抑うつや
向精神薬によるものではない)


このICD-10より、

統合失調症の診断基準として、

①のうち1つ以上  か

②のうち2つ以上が1ヶ月以上続いた

ときに、統合失調症と診断されるという
ことみたいです。


除外基準も設けられています。

・躁病やうつ病の基準を満たす場合、それらの病気
による感情症が表れる前に上記の基準が
満たされていること

・臓器に何らかの障害がある器質性脳疾患、
アルコールや薬物関連の中毒や依存、中毒や依存
からの離脱でないこと

というふうになっています。


Bちゃんが最初に診療内科に診察にいった時、

このICD-10の診断の基準は満たされて
いなかったのでしょうか?

私は、

①-a)

①-b)

①-c)

②-a)

②-b)

の症状はあったと思います。

次回は、もうひとつの統合失調症の
診断基準の

DSM-IV-TRの内容について
書いていこうと思います。








励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ


テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

統合失調症という病気の診断基準

突然ですが、病院のお医者さんは、患者がどういう
症状の時に統合失調症と診断するのでしょうか?

なぜ、そう思うかというと、
Bちゃんは、はじめに診てもらった診療内科の先生
に「鬱」という診断をうけました。

その時、私の家族には、すでに、Aちゃんという
統合失調症の家族がいました。

Aちゃんの病気の状況を知っていましたので、
「統合失調症」でなくて「鬱」と診断されたときに、
よかったと思いました。

ただ、私のバカなところは、「鬱」とう病気がどの
ようなものかも知らないところですが。。。

しばらく、治療を続けていくうちに、病名が
「鬱」から「統合失調症」に変わったとき、
私と嫁は、大変ショックを受けました。

くどいようですが、「鬱」の症状は知りません。

ただ、統合失調症の症状は、Aちゃんのことで
よく知っているという理由です。

その時に、統合失調症という病名に変わった
ときに、なんで統合失調症に変わったのか?


私は、医療に関わる人間でありませんから、統合
失調症と診断される基準みたいなものがあるのか?

調べてみました。

病院の先生の統合失調症と診断する基準がある
ようです。

それは、

・ICD-10

・DSM-IVーTR

というものです。


まず、IDC-10は、

WHOが公表したものです。

WHOとは、世界保健機関のことです。

ということで、

世界保健機構が公表した、

「疾病及び関連保険問題の国際統計分類」

の第10版のことらしいです。


もうひとつの、DSM-IV-TRは、

DSMは、

アメリカ精神医学会が定める

「精神障害の診断と統計の手引き」

のことで、

DSM-IV-TRは、

2000年に発表された第4修正版らしいです。



・ICD-10

・DSM-IV-TR

が日本でも、統合失調症の診断基準として
用いられているようです。

次回は、この二つの診断基準の内容について
書いていきます。








励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。
検索フォーム
プロフィール

チョッペスト

Author:チョッペスト
統合失調症という病気は、抱えているひとも、家族も一生を覚悟して付き合わなくてはなりません。

とりあえず、私の過去からのことをまとめ、できれば皆さんと共有していきたいです。

最新記事
ランキングに参加してます
ランキングに参加してます
ご訪問いただいた方々
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ村ランキング
人気ブログランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。