退院する条件 - 統合失調症という病気と家族       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統合失調症の退院の時期について



Bちゃんが退院した時に病院から封筒をひとつ
渡されてきたみたいです。

Bちゃんの旦那が、私に渡したので、中を
見てみると。。。

・退院のしおり

・精神科退院療養計画書

という紙が入っていました。


まず、『退院のしおり』には。。。

*******************************************
退院後も、疑問や困ったこと、その他相談したいこと
があるときは、、担当医、看護婦、ケースワーカーに
ご連絡ください。

相談にのり、一緒に考えていきたいと思います。

*******************************************

と書いてありました。

退院前に、まだ陽性症状が残ってるのでは?

まだ、退院は早いのでは?

という相談をしましたが、問題ないとのことでした。


退院して病院から自宅にBちゃんを車に乗せたとき、
Bちゃんの旦那の話では。。。

Bちゃんが車に乗って10分もしないうちに。。。

Bちゃん:

「車をとめないで!」

Bちゃんの旦那:

「なんで?」

Bちゃん:

「降ろされる」

Bちゃんの旦那:

「誰から?」

Bちゃん:

「・・・・・・」

Bちゃんの旦那:

「幻聴じゃねーのか?」

Bちゃん:

「車とめないで!」


自宅まで1時間以上かかるのですが、車の中で、
言ってたそうです。



家に着くと、Bちゃんの目がギラギラしています。

Bちゃんが私に

Bちゃん:

「数を数えて平気?」

私:

「????何の数を数えたの?」

Bちゃん:

「数!数!」

私:

「Bちゃんが、頭の中で数を勝手に数えてしまうって
こと?」

Bちゃん:

「そう」

私:

「すごくつらい?」

Bちゃん:

「別に・・・・

数を数えてもいいかな?」


私:

「きつかったら、しないほうがいいよ。

嫌だったら、病院から薬をもらってるから飲む?」

Bちゃん:

「飲んだほうがいいと思う?」

私:

「無理しないほうがいいから、飲んだほうが
いいかもよ。

でも、頓服で、1日に1回しか飲めない薬だからね。」

Bちゃん:

「わかった。。。。

やっぱり飲まない。。。。」


結局飲みませんでした。


昨日の夜、退院初日の夜ですが、Bちゃんの旦那
も、義母もAちゃんも、Bちゃんが深夜まで、
うろついていて眠れなかったそうです。

今日、2日目の夜ですが、まだ、Bちゃんは
家中をうろうろしています。


病院のケースワーカーには、何か利用できる
社会資源がないか?

と相談しましたが、地元の市役所の障害福祉課に
相談したほうがよいと言われました。

Bちゃんの旦那は最近よく家族に言います。。。

病院に見放された。。。

嘆いていました。。。


最後に、『退院のしおり』には


*******************************************
退院おめでとうございます。

これからB様がより良い社会生活を送るためには、
さまざまな場面でご家族の皆さんの支えが必要に
なります。

スタッフも共に考え、協力していきたいと思います

*******************************************



統合失調症を支える家族の方々の悩みは大変です。

私なんかでは、文章に表現しきれません。

私達家族も一生懸命支え合うので、病院の関係者の
方も知恵を貸してください。

と思います。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

統合失調症からの退院後について ②

病院_convert_20160416150735



昨日は、Bちゃんの病院に行き、
退院にむけての話し合いをしてきました。

参加メンバー

・担当医師

・担当看護師

・ケースワーカー

・Bちゃん

・Bちゃんの旦那

・私

・嫁

です。


この話し合いのポイントは、退院後のBちゃんの
帰る場所です。

この話し合いの前日、家族で話合った結果。。。

Bちゃんはまだ、自宅で家族と生活するレベルでは
ないのではないか。。。

ということになりました。

しかし、病院側の見解は、Bちゃんは退院のレベル
ということです。


Bちゃんの旦那:

「一時帰宅した時、Bが何回も夜中に起きるので、
俺、寝不足だったんですよ」

看護師:

「病院ではそんなことはありません。病院生活が
長いので、落ち着かないのではないでしょうか」

Bちゃんの旦那:

「今回俺が入院させた理由のひとつは、夜中にBが
起きるせいで、俺が睡眠不足になるからなんすけど
本当に大丈夫なのかなあ」

医師:

「Bさんが、眠れなくて迷惑かかるのは、ご主人だけ
すか?」

Bちゃんの旦那:

「そうです。」

嫁:

「違います。Bは夜中起きると、母の部屋に行くん
です。母の部屋には、妹も一緒に寝ています。」

先生:

「Bさん、何か不安なことがあって眠れないの?
病院では、ぐっすり寝ているみたいだけど。」

Bちゃん:

「・・・・・・」

嫁:

「自宅では、何回もトイレに行くんです。

幻聴じゃないんですか?」

看護師:

「病院では何回も行きませんよ。

幻聴も聞こえてるような感じはしません。」

医師:

「Bさん、自宅で何で何回もトイレに行くの?

幻聴が聞こえて、トイレに行かされているの?

それとも、本当にトイレに行きたいだけ?」

Bちゃん:

「・・・・・・・」

Bちゃんの旦那:

「聞かれてるんだから答えろよ」

医師:

「どっちなの?」

Bちゃん:

「幻聴・・・・」

医師:

「本当なの?本当に何か聞こえるの?」

Bちゃん:

「はい・・・」



2時間弱の話し合いの最中にBちゃんは、
5~6回ほどトイレにいきました。



嫁:

「先生は、もう退院してもいいと判断しているんです
よね。」

医師:

「Bさんの統合失調症の治療に関しては、そう判断
しています。

しかし、受け入れる家族にも条件があるでしょうから、
そのあたりの話合いをしてもらったと思うのですが、
どうですか?」

私:

「Bの息子の接し方などから考えたら、まだ一緒に
生活させないほうがいいと家族は考えています。」

医師:

「ちょっと、厳しい言い方ですが、それは息子さん
に我慢してもらったほうがいいと思います。

私が思うに、Bさんが存在しない生活基盤ができ
あがっている気がします。

これからは、また、Bさんを入れての生活基盤を
構築したほうがいいのではないのでしょうか。」

私:

「こちらの病院に来る前に、市の障害福祉課に退院後
のBのことを相談し、こちらの病院の△△(障害福祉サ
ービス事業所の名称)を提案されたんですが。」

ケースワーカー:

「朝から、その市の方から連絡がありました。

でも、この事業所は入所する方が将来自立を目指
す為のものなんです。

Bさんは、旦那さんと息子さんがいるので、入所する
資格がありません。」

私:

「Bには、将来的に息子や旦那の為に食事
の支度や家事ができるようになってもらいたいん
ですが、その為の訓練するような施設はないんで
すか?」

ケースワーカー:

「それはご自宅で訓練してください」

医師:

「(ケースワーカーに)何か、Bさんの息子さんに
対する策はないの?」

ケースワーカー:

「児童相談所も・・・」

医師:

「今は、Bさんの息子さんも、母親がいないかわりに、
一緒に住む家族が支えているようですね。

今の時点では大きな問題は発生してないように
思えます。

これから、また環境が変わってきて、Bさんの息子
さんに問題が出てくるようであれば、社会資源を
使うこともできると思いますよ。」

嫁:

「家に戻るしかないですね。」

医師:

「妹(嫁)さんに負担がかかっているのかな?

たしかに、あなた達の家族は色々な問題
を抱えていますよね。」

ケースワーカー:

「近くの障害者生活支援センターにでも行って
相談すればどうですか?」

私:

「何かよい社会資源がありそうなんですか?」

ケースワーカー:

「それは、行かないとわかりませんよ。

デイサービスにも、施設によってプログラムが
違いますから。」

Bちゃんの旦那:

「俺、そんなに仕事休めないですよ

退院したら、通院はどんな感じですか?」

医師:

「退院したら、2週間毎に通院してください。」

Bちゃんの旦那:

「どのくらい通院するんですか?」

医師:

「それは、Bさんの状態しだいです」

Bちゃんの旦那:

「通院は、仕事に影響するんですよね」

私:

「ここの、病院は自宅から距離がかなりあります。

もう少し自宅に近い病院への通院は可能ですか?」

医師;

「・・・・・

Bさんの双子の妹さんが統合失調症で通院され
ているクリニックは、この病院と連携できています。

この病院の医師も、定期的にそのクリニックに診察
に行ってますので、そちらはどうですか?」

私・嫁:

「ぜひ、よろしくお願いします。」

Bちゃんの旦那:

「通院は通院だなあ」

嫁:

「それは、あとで話そう。

先生は、退院の日取りをいつ頃とお考えですか」

医師:

「ご家族の都合にあわせます。

ゴールデンウィークは、来客が多かったりすれば、
Bさんも疲れるのではないですか?

後日、担当の看護師にご連絡ください。」




義兄が、仕事を休めないと言っているのですが、
今後、Bちゃんが転院し、Aちゃんと同じクリニック
に通院するならば、私と嫁でカバーできそうです。

Bちゃんも、Aちゃんと同じ病院に通院する
ほうがいいと言いました。

この、転院の話は、非常に助かりました。


この話し合いの結果、Bちゃんは自宅
で養生させるしかありません。

心配なのは、Bちゃんと息子の関係です。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ



















統合失調症からの退院後について

14

明日は、Bちゃんの病院で、退院に向けての
話し合いです。

今日、市役所の障害福祉課の保健師さんから
電話がありました。

月曜日にBちゃんを連れて障害者支援セン
ターで退院後のことで相談した保健師さん
からです。

Bちゃんの状態から考えて、今Aちゃんが
利用している支援センターではなく、別の
施設がいいのではないかと。

Aちゃんが利用している支援センターを
利用するには、もう少し状態がよくなって
からが望ましいと。

具体的には、自分の身の回りのことが、
できるようになる程度ということでした。

別の施設については、現在Bちゃんが
入院している病院のグループの障害福祉
サービス事業所を選択肢にいれてみては
どうかということをアドバイスしていた
だきました。

もし、選択肢として考えるのであれば、
障害福祉課の保健師さんから、Bちゃん
の病院のケースワーカー連絡するとの
ことでした。

私は、Bちゃんの旦那と相談してみる
ということで、電話を切りました。

保健師さんから言われた、Bちゃんの
入院している病院の障害福祉サービス
事業所とはどんなところだろうと思い
ネットで検索してみました。

自立訓練(生活訓練)をするところみた
いです。

明日、聞いてみますがその施設に住んで
訓練するところなのかな?

という感じがします。

妻にその話をすると。。。

妻:

「もし、そういう施設(通いではない)
なら、ばあ(Bちゃんの母親)も○○
(Bちゃんの息子)もがっかりするよ。

せっかく、退院すると思って楽しみに
してるから。」

私:

「そうよなあ・・・でも保健師さんの
言い方じゃ、家で支援するのも大変だし、
ここで訓練したほうがいいんじゃないか
って感じがしたけど」

嫁:

「私はどちらかと言えば反対だな。

だいたい、遠いし、おにい(Bちゃんの
旦那)が忙しいとか言ったら、結局私達
が動くことになるから、Aが利用して
いる支援センターか、もう少し家の近く
で、通えるような施設はないか聞いてみ
ようよ。

あと、お金がかかれば、おにいは、
払えないって言うかもよ。」

私:

「そういえば、××さん(Bちゃんの旦那)
が、最近会社を休みすぎて、社長から辞め
させられそうって言ってたな。」

嫁:

「病院が遠いと、子供のことがあるから、
なかなか代わってあげれないし。

ずっと、おにいには、近くの病院の転院
をすすめてたんだけど」

私:

「俺は、今の状態でBちゃんを家に戻す
のは、反対だな。

一時帰宅でのBちゃんの様子からみて、全く
○○(Bちゃんの息子)にも無関心だし、
無関心どころか、○○が嫌がるようなこと
を怒鳴ってるし。

お前だってすぐ、Bちゃんのことで頭にき
てるだろ。

あと、ずっとBちゃんを見てられるか?

うちは、Bちゃんだけじゃないんだぞ。」

嫁:

「それはそうだけど。
おにいがなんて言うか・・・」

私:

「今日の夜××さんと話してみるよ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今、義兄と義母と話をしてきました。

2人ともBちゃんを施設に入れたいとの
ことでした。

義兄から聞いた話ですと、

Bちゃんが一時帰宅した時、Bちゃんと
息子を寝かした後、風呂からあがって
部屋に行くと、毎回、息子が泣いていた
そうです。

理由は、寝ているBちゃんと一緒に寝よ
うとして、Bちゃんの布団に入ったら、
「あっちいけ!」と言われて泣いていた
そうです。

別の日は、Bちゃんの手を握って寝ようと
したら、「やめて!」と怒鳴られ、息子が
「ママに嫌われた~」と言って号泣していた
そうです。

義兄は、このままでは、息子がBちゃんを
嫌うので、まだ家で息子と生活させること
は可哀そうという理由でした。

義母は、今のBちゃんの様子は、Aちゃん
より全然良いと思うが、外に出て行って
人様に迷惑をかける気がするということ
で、まだ、家に戻すのを反対しました。

とりあえず、明日病院で話をしてみると
いうことになりました。








励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ





統合失調症の家族を退院させる

5


Bちゃんの退院について、病院との話し合いの
日取りが決まりました。

4月15日(金)です。

Bちゃんの旦那から、日程を調整してくれと
言われ、4月15日にしました。

まあ、Bちゃんの状態があまりよくないとは
思っていますが、病院側の態度から考えて、
すぐにでも、退院してくれという感じです。。。

Bちゃんの場合、「医療保護入院」です。

以前にも、このブログでもふれましたが、

「医療保護入院」

とは。。。


本人の同意がなくても、精神保健指定医の
診察及び保護者の同意があれば入院させることが
できる入院制度


です。

Bちゃんは、入院を強く拒みましたが、
医師と保護者で入院を決めたということです。


そして、退院は、

精神科病院の管理者の判断と、保護者の同
意により決められる。


ということです。

退院にも、Bちゃん本人の意思は関係ありません。

Bちゃんの担当医師は、病院の院長です。

かなり大きい病院の院長で、多忙そうです。

どのくらいの頻度で、入院患者の様子を診て
いるかは、わかりません。

担当医師のかわりに、看護師がBちゃんを観察
し、カルテ(というかわかりませんが)等に記載
したものを、医師が確認し、
判断するのかもしれません。

いま、Bちゃんを担当している看護師は、
ほんの少し前まで、Bちゃんが、
幻聴に悩まされて自宅に電話を毎日している事を、
話しても、気にもとめていないです。



まあ、4月15日は、自分の思いは、医師に伝え、
一日でも早く、Bちゃんを退院させようと思って
います。

退院後、この家でBちゃん、Aちゃん2人をどうやって
面倒みていこうか、模索しています。

4月11日は、市役所の障害福祉課の方と会うこと
になっており、Bちゃんの退院後の生活について、
アドバイスをしていただかこうかと思っています。


この内容の詳細は、また後日このブログで書いて
いこうと思います。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ












退院前の一時帰宅について パート5

今日は、Bちゃんが病院に戻る日です。

先週、私の嫁がBちゃんを病院に連れていった
ときに、看護師長がでてきて、Bちゃんの病気の
症状の説明をして退院しろと、しつこく言われました。

そういう話は、配偶者が聞かなければいけないこと
なので、今日はBちゃんの旦那に病院に送っていって
もらいました。

今晩、Bちゃんの旦那から、話がありました。

Bちゃんの旦那:

「病院から、もう退院してくれって言われた。」

私:

「なんて言ったの?」

Bちゃんの旦那:

「ご飯を飲み込むように食べるのに、退院させても
大丈夫か聞いたら、病院は食事方法の指導する
場所ではありませんって言われた。」

私:

「そりゃ、そうだよね。」

Bちゃんの旦那:

「だから、病院に言ったんだよ。
のどに詰まって死なないようにするにはどうすれば
いいのかって。そしたら、知りませんって
言われたよ。」

私:

「Bちゃんの机にあった、施設のパンフレット
とかが置いてあったのは、どういうことか聞いた?」

Bちゃんの旦那:

「市の職員が来て、病院で退院後の施設の案内の
セミナーがあるから、参加してみるかってBに言って
参加させたみたい。」

私:

「はあ?病院も今のBちゃんが、
そんなセミナーに一人で参加して、
理解できると思っているのかね?」

Bちゃんの旦那:

「俺もそう思って、病院に聞いてみたら、担当の
看護師が、セミナーが終わったあとにBに感想聞い
たら、わかりましたって言ったみたいよ。」

私:

「だって、Bちゃんにその施設のパンフレットのこと
聞いたら、看護師が置いて言って、何も知らな
いって言ってたよ。

Bちゃんは、まだ、普段の会話さえまったく
成り立たないのにね」

Bちゃんの旦那:

「とにかく、退院するしかないみてー」

私:

「そうね。病院でできることは、ないって感じだね。
その後は、どう考えているの?」

Bちゃんの旦那:

「一週間くらいゆっくりさせるか」

私:

「それからは?」

Bちゃんの旦那:

「・・・・・・・」

私:

「今のBちゃんを家に戻すと、Bちゃんをずっと
見る人間がいると思うけど。

さっきの、Bちゃんがのどに詰まらせる話も、
誰かが、食事のときに見ててあげないといけない
のじゃない?

会話の成立もなりたたないのであれば、なおさら、
人の目が届く環境が必要じゃないの?

お義兄さんが、日曜しか休みがないんなら、
それでも、成り立つようにしないとだめだよ。」

Bちゃんの旦那:

「どうすりゃいいかな?」

私:

「わからないけど、とりあえず病院のケースワーカー
や、こっちの市役所に相談しにいこうか。」

Bちゃんの旦那:

「その時は俺も行くよ」

私:

「よろしく(というか当たり前!!)」



まあ、昨日のブログでも書いたように、
Bちゃんの息子のことを思うと、Bちゃんを
早く、この家で生活させなくてはと思っています。

色々、忙しくなりそうです。。。。







励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ
検索フォーム
プロフィール

チョッペスト

Author:チョッペスト
統合失調症という病気は、抱えているひとも、家族も一生を覚悟して付き合わなくてはなりません。

とりあえず、私の過去からのことをまとめ、できれば皆さんと共有していきたいです。

最新記事
ランキングに参加してます
ランキングに参加してます
ご訪問いただいた方々
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ村ランキング
人気ブログランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。