統合失調症という病気の理解 - 統合失調症という病気と家族       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統合失調症と対人恐怖症

今週金曜日まで。。

私の息子はインフルエンザのB型で学校を
休みました。

↓ ↓ ↓

熱がなくても、インフルエンザの検査で陽性反応がでました。


日中は元気なのですが。。


朝や夜になると少し調子が悪そうなので。。


大事をとって1週間学校を休ませました。



そうすると。。


昨日の夕方。。


息子の学校の担任の先生から電話があり。。


義母が電話対応したのですが。。


「今から、今週配ったプリントや、
来週の予定表などを、自宅に届けに行きたい。。」


と言われたそうです。


その時。。

嫁が買い物に出かけているところでした。


担任の先生が自宅に来る時間には、
買い物から戻ることができません。


嫁の携帯に、統合失調症のAちゃんから電話が
あって。。




Aちゃん:

「学校の先生が来ても、私は出ないほうが
いいよね?」


と言ったそうです。




嫁:

「婆ちゃんは、出れないから(身体が不自由なため)
Aちゃん出てよ」


Aちゃん:

「学校に電話して、担任の先生に自宅にいないから
って言ってよ」


嫁:

「そんなこと、言えないよ。プリントもらうだけ
もらってよ」


Aちゃん:

「・・・・・

わかった。。」



結局。。

Aちゃんは、この電話の後。。


義母を何とかして玄関まで連れて行き。。


息子の学校の担任の先生がくるまで、
義母を玄関に座らせていたそうです。



外部の人と接することは、まだ嫌なようです。


Aちゃんは、対人恐怖症?で。。

自分の知っている人以外とは交わりません。

私達は、自宅に来る人達にAちゃんを紹介しようと
すると。。


Aちゃんは、その場から逃げます。


Aちゃんは、家族以外では。。

自分から話かけることは滅多にありません。


話すことがあっても。。

人の目を見て話すことができません。





障害者地域活動支援センターでも。。

自分から話をすることは滅多にないそうです。


でもセンター長は。。


「Aさんは、とても恥ずかし屋だけど。。

いずれ。。

慣れてきてみんなとお話しできるようになります。。」



と言ってくれます。



まあ。。


ゆっくり見守るしかないですね。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症の叔母が病識がないことが心配です。

近所に住む統合失調症の叔母は。。

自分が統合失調症という病識を持っていません。


叔母は、姪である統合失調症のAちゃんと同じ
メンタルクリニックに通院していて、主治も同じ
です。

私は、叔母とAちゃんを一緒に病院に連れて行って
いました。


通院しているメンタルクリニックの主治医も。。

Aちゃんと叔母を一緒に診察室に呼んくれるので、

毎回。。


私(もしくは嫁)とAちゃんと叔母の3人で診察室
に入ります。


そこで、叔母とAちゃんが診察を受けるのですが。。



主治医:

「●●さん(叔母)、調子はどうですか?」


叔母:

「大丈夫です。」


主治医:

「Aさん、調子はどうですか?」


Aちゃん:

「大丈夫です。」



と40日に1回程度の、同じような診察を受けます。


診察が終わると、叔母はAちゃんに。。


叔母:

「よかったなA。これからも病気を治すように
がんばるんだよ。」


Aちゃん:

「わかった。。」


叔母;

「お前が治れば、私もお前を(病院に)連れて来ずに
すむから。。」


私:

「・・・・・」



叔母は、Aちゃんの統合失調症の病院に付き添いで
きている感じです。


叔母は。。


精神科で治療している自覚はありません。


以前、統合失調症で入院したことも。。

祟りだと思っているからです。






私は。。

以前。。


主治医に叔母の現在の病気の状態を聞いて
みたら。。


「安定してはいるけど、服薬は継続したほうがいい。。」


と言われていますので。。



病識がない、叔母が自分の意思で、勝手に服薬を
やめることを恐れています。





励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症の遺伝を心配する親

今月私が息子と実家に帰った時。。

私の母が。。


私の母:

「あんた、姉さん元気しとっとね?」


私:

「大丈夫ばい。大分元気になったばい。」


私の母:

統合失調症の姉ちゃんは双子やろ?」




私:

「そうけど」


私の母:

「最初は双子のうちの一人だけが統合失調症
やったとやろ?」


私:

「そうばい」


私の母:

「後からもう一人の双子の姉さんも統合失調症
なったとやろ?」


私:

「そうけど」


私の母:

遺伝かね?」




私:

統合失調症という病気が遺伝するわけじゃない
って言われているらしいよ。

もちろん、全く関係ないことはないみたいけど。」


私の母:

「でも双子のお姉さんたちは、2人とも統合失調症
になったじゃなかね。」


私:

「一卵性双生児のどちらかが統合失調症になった
時、もう片方が統合失調症になる確率は50%以上
じゃないかな。

遺伝子が全く同じだけど、100%ではなかとよ。

だから、遺伝子だけが原因じゃなかとじゃない。」


私の母親:

「50%以上ってかなりの確率じゃなかね。

お姉さんの息子は大丈夫とね?」


私:

「母親はまだ子供の面倒見切れんけど、みんなで
面倒みてるよ。」


私の母親:

「母親の愛情不足で、統合失調症にならんか
心配ばい。」




私:

「母親の愛情不足が原因で統合失調症を発症する
ことは、無いらしいよ。

統合失調症を引き起こす要因のひとつにはなるかも
しれんけど。」


私の母親:

「やっぱり家庭環境の問題が統合失調症になる
可能性があるとじゃなかね」


私:

「統合失調症の原因はまだ解ってないらしいよ。

脳の病気とか言われてるし。

病気にかかりやすい体質にストレスを受けて
統合失調症を発症するのかもと書いてあったよ。

母親の病気の問題って○○(Bちゃんの息子)に
とってストレスやろ。

そのストレスをできるだけ取除いてあげたいんだ
よね。」


私の母:

「そうしてやらんばね。

子供への遺伝もあるとやろ?」


私:

「片親が統合失調症であれば、10%くらいだった
かな。

両親が統合失調症だと、50%くらいかな。

あくまで、統計した比率やけんね。


よく、母ちゃんがおいに。。

『親が血圧が高いから注意せんばよ』って言うやろ。

そいと同じようなもんじゃなかとかな?

親が血圧が高いなら遺伝でその子供も血圧が
高くなる可能性があるみたいな。

でも、塩分を控えたり運動したりして予防はできる
やろ。

○○(Bちゃんの息子)も統合失調症になりやすい
体質や性格は、母親の遺伝から引き継いでるか
もしれんけど。。

予防になるかわからんけど、楽しく生活させて
あげたいとさ。

それで、統合失調症を発症する要因をひとつでも
無くすことができればと思うよ。」


私の母:

「自分の息子のことも気をつけとかんばよ。

血はつながってるんだからね。。。。。」




私:

「わかってるよ。」





私の母も色々心配してるんだ。。。



Bちゃんからすると、私の息子は甥っ子にあたります。


甥っ子や姪っ子が統合失調症を発症する
確率は4%だそうです。


一般の統合失調症の発症率が1%と言われている
ので、数字で表せば4倍です。



このことは、母には話しませんでした。


今回久しぶりに母と話しましたが。。


一番気にしていることは。。

唯一の孫である、私の息子と遺伝のことだったと
思いました。。。







励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症に向き合う家族の性格について

Bちゃんの旦那は、今47歳で、Bちゃんより1歳年下です。
私たちより5歳年上です。
(とりあえず。。。)

Bちゃんの旦那は、少し鈍感だと私は思っています。

続きを読む»

退院後の接し方について

Bちゃんが、退院してからしばらくは、症状は安定していました。

薬もきちんと飲み、ほとんど寝ていました。

通院も二週間に一回というペースでしたし、しばらくは問題ありませんでした。

しかし、人間というものは、現状の生活に慣れると、さらによくなってほしいという
欲がわいてきます。

続きを読む»

検索フォーム
プロフィール

チョッペスト

Author:チョッペスト
統合失調症という病気は、抱えているひとも、家族も一生を覚悟して付き合わなくてはなりません。

とりあえず、私の過去からのことをまとめ、できれば皆さんと共有していきたいです。

最新記事
ランキングに参加してます
ランキングに参加してます
ご訪問いただいた方々
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ村ランキング
人気ブログランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。