2016年07月 - 統合失調症という病気と家族       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統合失調症が家族でも、息子達は成長しています。

すみません。




病気とは関係ない話です。。




子供達の夏休みの宿題。。


サザエさんの番組で。。

追い込まれたカツオの夏休みの宿題を手伝う波平
お父さん。。


そんな状況を回避するため。。



子供が夏休みの宿題を後回しにすることを
しないように。。。



嫁は、2人の子供の勉強の様子を。。。


目をギラギラさせて見ているようです。。。





目をギラギラさせ・・・


口うるさくしていているだけでは。。


子供達もイマイチやる気がでません。




嫁:

「今日やる夏休みの宿題が終わったら、遊びに
連れてくよ!」


子供達:

「よっしゃ~

で、どこに連れて行ってくれるの?」


嫁:

「行きたいとこ言ってごらん」


子供達:

「虫とり!」





嫁:

「やることやって、パパと虫とり行っておいで」




この会話に私は入っていません。




宿題を終わらした子供達が私の事務所にきて。。


子供達:

「パパ、虫取り行くぞ!」


私:

「・・・・・なんで?」


子供達:

「約束したから」


私:

「誰と」


子供達:

「ママとだよ」


私:

「じゃ、ママと行けば?」


子供達:

「ママは、みんなのご飯を作るの!

うちは大家族だからママは大変なの!」



口が達者になってきたな・・・・




私:

「何の虫とるの?」


子供達:

「おたまじゃくしとカエル」







嫌だなあ・・・




しぶしぶ・・・



子供達:

「行ってきま~す!」


私:

いってきます・・・




嫁:

「パパ~

帰りにみんなのお昼ご飯に・・・

弁当買ってきて~」






私:

「ご飯作らんやっか~」




子供達:

「ママはご飯作らなくても。。

AちゃんやBおばちゃんの面倒みてるから大変
なの!

早く行くよ!」



こいつら。。。。




成長したな。。。。




Bちゃんの息子も私の息子も


元気に成長しています。。。





励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症で利用できる社会資源について相談に行きました①

7月29日。。

Bちゃんの今後の社会資源の活用についての話
し合いをしてきました。

出席者は。。


・Bちゃんの通院先の相談士

・行政が委託している地域の相談士

・市役所の障害福祉課の職員

・Bちゃん

・Bちゃんの旦那

・嫁

・私


自宅を出るとき。。


Bちゃんが寝て起きたままの服装で、クリニック
に行こうとしたので。。




Bちゃんの旦那:

「おい!病院行くんだから着替えろよ」


Bちゃん:

「いい」


Bちゃんの旦那:

「そう」




いやいや。。。


服を着せてやってくださいよ~


パジャマで行かせたら可哀想でしょう~





クリニックに着いてから、Bちゃんがトイレから
出てこなくなってしまいました。





嫁がトイレに呼びに行ってもなかなか出て
こなくて。。





Bちゃんがトイレから出てくるのを、全員で待って
いました。


ようやく出てきたBちゃんは、ズボンも中途半端に
はいて。。

シャツも半分ズボンから出ている状態。。。



今日もBちゃんの体調がよくなかったようです。



クリニックの2階の談話室で話し合いが行われま
した。


一通りお互い挨拶を終え。。



Bちゃんの旦那がBちゃんの家での生活の様子に
ついて書いたメモ用紙を渡しました。




前回、通院の時に、主治医に渡した紙です。

↓ ↓ ↓

統合失調症で通院したときに主治医に渡したメモ紙に・・・


Bちゃんの旦那:

「この前通院の時に先生に渡した紙です。

先生は、ちらっと見ただけで、ほとんどの内容に
ついてのコメントは無かったですけど。」


クリニックの相談士:

「先生は、統合失調症を治療をするための情報
として、ご用意していただいた紙を見ているので、
コメントしなかったのではないでしょうか。」


嫁:

「Bは、家では幻聴を聞いて苦しんでいるのに、
通院の時に先生から体調を聞かれたら。。

大丈夫としか言わないのです。

先生に自分の統合失調症の症状の様子をきちん
と言えないと、治療がきちんとできるのか心配
です。」


クリニックの相談士:

「先生は、本人の話や様子を見たり、ご家族の
話を聞いて、総合的に診察しているので。。

Bさんが先生に調子がいいと言っても、ご家族の
話なども総合して治療をしますので、大丈夫ですよ。

Bさんのご主人がこのように。。

Bさんの家での過ごし方や周りの家族の様子や
考えなどをまとめた情報を先生に渡すことは。。

とても意味があることです。」


Bちゃんの旦那:

「でも、この紙に書いていることに対して。。

どうやって、家族が対応していけばいいか。。

知りたいですよ。

先生はやさしくしろとかしか言わないから。」


クリニックの相談士:

「わかりました。それは先生に相談しときます。」


行政が委託している地域の相談士:

「こちらのクリニックでは、Bさんの治療の目標を
どのあたりに考えていますか?」


クリニックの相談士:

「まだ、なんとも言えません。

前回から、薬を変えました。

今後この薬の経過がどうなるのかをよくご家族に
見てもらわないと。。」


私:

「その薬の変更についてですが。。

ゼプリオンに変えたみたいですが。。

統合失調症 注射

先生からは、ゼプリオンについての説明は無かった
です。

今までの飲む薬から注射に変えてみるとは言われ
ましたが。。。

診察後の明細で知りました。」


クリニックの相談士:

「ゼプリオンについては、賛否両論あります。

ドクターによっても、使用する人、使用をしない人。。
分かれています。

当クリニックのドクターは比較的使用すること
が多いです。」


私:

「ゼプリオンを使用するなら、少し説明があっても
よかったのかと思いました。」

↓ ↓ ↓

統合失調症の投薬で85人死亡


クリニックの相談士:

「統合失調症は、脳の伝達機能が問題となる
病気と考えられています。

それを正常に戻そうとしている薬です。」


私:

「今まで飲んでいた薬も同じですよね。

なぜ、ゼプリオンにしたのか。。。

と思ったのですが。。

これ以上は、先生に聞いたほうがいいですね。」



私:

「家で様子を見てと言われましたが。。。

Bは、長い時間かけて入院までして薬の調整を
やってきました。

調整したばかりの時の本人の様子は。。

言葉にならない姿に変貌しました。

人間としての理性もなく、言葉も通じず。。



本当に恐ろしかったですよ。

私達家族にとって、薬の調節をすることは。。

また、その時の状態を考えてしまうのです。」


クリニックの相談士:


「前回の受診から1週間経ちましたが。。

症状に変化は見られましたか?」


Bちゃんの旦那:

「前から変わらず、幻聴に悩まされてますよ。」


クリニックの相談士:

「統合失調症の幻聴は、完全に消えることはあまり
考えられません。」


Bちゃんの旦那:

「でも、前の病院では、幻聴に支配されなくなった
から退院させられたんですよ。

でも、家では、幻聴に左右されまくってますよ。

さっき渡した紙にも書いてある通りなん
ですよ。。。」



また。。

Bちゃんの旦那が。。。




ヒートアップしてきたかな・・・


というか。。


なかなか社会資源についての本題
に入れなくて。。。


この続きはまたの機会にブログにアップします。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症の家族の散髪をすると。。。

先日、Bちゃんの髪がぼさぼさになってきている。。

という記事をかきました。


↓ ↓ ↓

統合失調症で入院した時の散髪について


結局、嫁の判断で。。


Bちゃんはまだ美容室には行けない。。。

ということになりました。



理由は。。


髪をきり終わるまで、黙って座っていられない。。


ということ。




でも。。

Bちゃんの髪がぼさぼさで見た目が悪いので。。



嫁が切ることに決めたようです。









義母は、手足が不自由で外出したりすることを
億劫がるので、嫁が髪を切ります。



私は美的感覚など全くないですが。。


嫁が切った義母の髪型を見て。。


ちょっとこの髪型。。変だな。。。


と思ったことはありません。



むしろ、素人にしては上手じゃないの??



嫁にそう言っているのですが。。



どうでもいいんだけど。。。




と相手にはされません。。






一応、髪を切るのに不自由ないくらいの道具はある
ようです。




Bちゃんの髪を切りはじめると。。


夏休みの子供達が珍しそうに近寄ってきます。





Bちゃんの息子と私の息子が、学校のはさみを
持ってきて。。


子供達:

「俺も切る~」


嫁:

「ダメよ。あっちってて」


子供達:

「え~切りたい~」


嫁:

「じゃ、髪の毛の掃除係になって」


子供達:

「わかった~」


といって、小さい伯耆とちりとりを持って、Bちゃんの
切った髪を掃除していきます。








Bちゃんの後髪を切り始めてしばらくすると。。。


Bちゃん:

「前髪切って!」


嫁:

「後を切ってからね」




5分経たないうちに。。


Bちゃん:

「終わりにして」


嫁:

「今やめられないよ!」


Bちゃん:

「鏡見たい!」


嫁:

「まだ切り始めたばかりだから、鏡見ても(髪型)
変わってないよ!」


Bちゃん:

「もう、やめて!」


Bちゃんの息子:

「ママ座ってなよ!」





Bちゃんは。。。

そのまま制止を振り払って洗面台に行って鏡を
見にいきました。。。


自分の髪型を見るのではなく。。。



入念に自分の顔を見ています。。。



どうやら。。。



蛇顔




になっていないか確認しているようです。



それからも、少し髪を切っては。。。


洗面台に行って。。。



鏡とにらめっこ。。。


でした。。


子供も飽きて。。。


どっかにいってしまい。。。



少し髪を切っては、洗面台で鏡を見るBちゃんに。。


バリカンで、一気に髪を刈ったほうが。。。





と思った瞬間。。。




Bちゃんの入院中に髪を切っていただいた。。


理容師さん。。。



バリカンで。。。



きのこ。。。。




ウソです。。

理容師さんごめんなさい m(__)m










髪を切り終えたBちゃんは。。。



きのこではなく。。。


さっぱりしたショートヘアでした。




Bちゃん:

「病院の理容師さんのほうがよかった!」




もしかして。。。


きのこカット気にいっていたの???







励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症の家族が人に頼られると喜びを感じたと思うこと出来事

我が家の子供達は、夏休みに入りました。

算数や国語の宿題も多いのですが。。

それ以上に問題なのは。。


工作です。





嫁も、今年は何を作らせようか迷っていました。。



私が。。

Aちゃんが障害者地域活動支援センターで。。

色々と手作り作品を作ってきているので。。


Aちゃんに教えてもらって、何か作ろう。。

と子供達に言ってみました。


私の息子もBちゃんの息子も大賛成。



さっそく、Aちゃんに頼んでみると。。


Aちゃん:

「押し花か新聞紙で作ったバックなら作れるけど・・」

と言って。。



Aちゃんは、自分が作ってきた作品を見せ始めま
した。




子供達:

「どっちも作ってみたい!」


Aちゃん:

「私が教えられるかな?」




私:

「大丈夫。協力するから、お願い!」


Aちゃん:

「わかった。。。

でも色々聞いたり準備したりするから、すぐには
できない。」


私:

「大丈夫。夏休み始まったばかりだし、何か準備
で手伝うことがあれば、子供と一緒に手伝うよ。」


Aちゃん:

「わかった。。」



それから。。

Aちゃんは、障害者地域活動支援センターで、
色々考えたり、調べたりしてきてくれます。




Aちゃん:

「押し花は、どのくらい大きさの花でしたい?」





私:

「葉書で作ってみたいから、小さいのがいいな。」


Aちゃん:

「小さめな花か、クローバーかな。。

押し花用の花は、よくわかんないけど、花の色
が変わらない液につけてから、平に乾燥させる
から難しいんだって。

○○さん(障害者地域活動支援センターで押し花
を教えてくれる方)に聞いたら、その花は作って
用意してくれるって言われた。


どのくらいの大きさの花がいいか聞いてきてって
言われたから。」


Aちゃんは、障害者地域活動支援センターで、
押し花を教えてくれている先生に、

甥っ子たちが押し花を夏休みの宿題として作りたい
ことを、きちんと伝えてくれたみたいです。


すごい。。。


また。。


Aちゃん:

「バックは、大きいバックと小さいバックどっちが
いいの?」




私の息子:

「俺大きいの」


Bちゃんの息子:

「俺小さいの」


Aちゃん:

「大きいバックは、私一人で作れるけど。。

小さいのはまだ作れない。。

もう少し練習するから待てる?」


私:

「悪いね。全然待てるよ。

でも無理しないでいいよ。」




Aちゃんは、すごいはりきってくれています。




その。。

Aちゃんのはりきっている姿を見て。。




なんとなく言ったけど。。



子供達の夏休みの工作を教えてもらうことを
Aちゃんに頼んでよかったかな。。


と思いました。



多分、今まで、人に何かを教えることなどなかった
のではないかな?




どちらかというと。。

今まで家族に頼ってきたAちゃん。。。


家族がAちゃんを頼ってきました。。


家族に頼られたAちゃんが。。。

少し生き生きとして、喜びを感じているのでは。。




統合失調症の回復にも影響与えているかもです。



Aちゃんと子供達が作った作品については、

後日ブログにでも紹介できたらと思います。。。





励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症の幻聴がひどい日

このブログを書いているのは、7月26日の23時
くらいです。


Bちゃんが様子がよくないです。


きれやすく、危ないです。


何を言っても。。。


彼女の耳には、聞こえないようです。


特に、19時あたりからその様子は顕著になってき
ました。




幻聴と会話しているようで、こちらの話を聞くことが
できません。



さっきまで、嫁とBちゃんの旦那と私とで、Bちゃんの
対応に追われていました。



Bちゃんは。。。

薬をくれと懇願します。。



飲むタイミングではないので。。


理由を聞くと。。



Bちゃんはきれます。





嫁は、泣いてBちゃんにしがみついています。




家族のことが目に入ってません。



違う薬だろうが。。


飲もうとします。



その薬は違う薬だと言っても。。。


「いいから飲ませて!」


と言って。。



話を聞いてくれません。




そして。。


薬を出すと。。。




飲んで、布団に行きました。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症で入院した時の散髪について

Bちゃんの髪がかなり伸びてきました。






入院中は、病院に理容師が来て、Bちゃんの髪を
切ってくれていました。






ただ。。。



毎回、びっくりするような髪型に切られます。


直視できない髪型です。



頭のまわりは全部刈り上げられて。。

真ん中だけ髪があり。。


まさに、


きのこ





のような髪型でした。



Bちゃんに。。


理容師が勝手にこんな髪型にしたのかと
聞くと。。


わからない。。


と言うので。。


今度切ってもらうときは、理容師の人に自分の
希望を言ったほうがいいよ。。


と言いました。。



が。。



また。。




髪を切った後を見ると。。。






きのこ・・・・





のような髪型になっています。






Bちゃんの旦那に。。


私:

「Bちゃんが髪切る時の髪型って、Bちゃんが
直接理容師に言うの?」


Bちゃんの旦那:

「いや、俺が担当看護師に言っておくんだよ。」


私:

「きのこみたいな髪型にしてくださいって
言ったの?」


Bちゃんの旦那:




「言ってねーよ!

短くしてくださいと言ったけど。。。」






Bちゃんの髪を切る理容師さんは。。。



短い髪型 = きのこのような髪型


なのか??



だけど。。


Bちゃんと一緒に入院している人で。。


短め髪型にしている人はいますが。。



きのこのような髪型の人は誰もいないような。。。



この病院に入院されている患者の中には。。


Bちゃんが髪を切っている理容師さんに、
髪を切ってもらっている人もいるだろうに。。。



不思議でした。。。




退院してから、今現在Bちゃんの髪がぼさぼさに
伸びてきたので。。。


そろそろ髪を切りにいかないとね。。。


というような話を嫁としていて。。



私:

「今度は、きのこのような髪型にならないで
すむね。」


嫁:

「・・・・・」


私:

「髪も白髪だらけだから染めたいけど、

そんな長い時間は座ってられないかもね。。」


嫁:

「入院中に近い髪型のほうがいいかもよ。」


私:

「は? きのこみたいな髪型?」


嫁:

「だって、Bは髪を洗えないんだよ。

お風呂に入っても。。。

頭のてっぺんだけちょこちょこって触ってるだけ
なんだよ。

まわりの髪の毛がなければ、髪のベトベト感
も気にならないから。。」






それを聞いて。。。


もしかして。。


担当看護婦が、きのこみたいな髪型にしたほうが、
合理的だから、理容師に髪型を指示したのか。。。



そんな訳ないです。


担当看護師さん。。


ごめんなさい。。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症の病気で、ゼプリオンを注射しました。

先週金曜日のBちゃんの通院の続きです。。

↓ ↓ ↓

統合失調症で通院したときに主治医に渡したメモ紙に・・・

診察室に入って。。


BちゃんとBちゃんの旦那が先生の正面のイスに
座り、私は後ろの大きなソファーみたいなイスに
座りました。


先生:

「調子はどうですか?」


Bちゃん:

「よくないです。」


先生:

「何か言われる気がする?」


Bちゃん:

「いいえ」


先生:

「言葉じゃなくても何かざわざわ聞こえる?」


Bちゃん:

「何も聞こえません。」


先生:

「そわそわする感じがするの?」


Bちゃん:

「はい」


Bちゃんも旦那:

「私、Bの配偶者です。

先生が代わったということで、先生に話たいことを
メモしてきました。」



Bちゃんの旦那は新しい主治医にメモ紙を渡し。。

しばらく主治医もそのメモ紙を見ていました。。。




Bちゃんの旦那:

「家では、寝るかトイレか風呂かメシか薬です。

全くまともじゃないですよ。

注意しても、無視されるか、逆切れされるし。。

だいたい、子供の面倒も見ないのに自分がメシ
食いたいからって、勉強している子供を引きずって
風呂に入れさせようと毎日するんですよ。」


先生:

「そう・・・」


Bちゃんの旦那:

「退院も俺は反対だったんすよ。

外泊しても全然良くなってないし。」


先生:

「家に過ごすのはとても統合失調症の患者に
とっていいことなんですよ。」


Bちゃんの旦那:

「家にいて、少しでもまともならいいんですが、
はっきりいって、入院前とかわらないですよ!

入院している時、家内の退院の条件が、幻聴が
背面化することって言われたのに。。

家でずっと幻聴に左右され続けてるんすよね!


俺、入院先の看護師長に、退院はまだ早いと思う
って何回も言ったのに。。。

その看護師長が退院のレベルだって言うから。。


その看護師長にもし退院させてダメだったらどうする
んだって聞いたら。。

また入院してください。。

て言われたんですよ!」


Bちゃんの旦那が。。

ヒートアップしてきました。。。。。




先生:

「支援センターみたいなとこには行けてますか?」


Bちゃん:

「はい、行っています。」


Bちゃんの旦那:

「行ったけど本人の調子が悪くなって、行かなく
なりました。

家で寝てます。

前の先生は、退院したら寝てばかりじゃだめだって
言ったんですよ。

だから、家族の人間で寝ないように言ってるけど、
全く聞きやしないですよ。」


先生:

「本人が、少しでもいいことをしたら、褒めてあげて
ください。」


Bちゃんの旦那:

「いいことなんか、ひとつもやんないですよ!」



Bちゃんの旦那が。。


さらにヒートアップ!!



先生:

統合失調症の患者には、自宅で過ごして徐々
に普通の生活に戻すことが大切な訓練なんだよ!」


私:

「彼女は、多分家族の言う話は全部聞いています。

話す内容によって、無視したり癇癪をおこしたり
しますが。。。

これは、統合失調症の病状のひとつですか?

それとも、薬の副作用とかでしょうか?」


先生:

「私は、統合失調症の症状でも薬の副作用でも
ないと思うよ。

それは、もともとの彼女の性格だと思う」



なんとなく、そう思ってました。


Bちゃんは、かなり勝気な性格だったです。


多分、家族から色々言われると多分イライラして、
無視したりするのではないか。。。


私:

「前の主治医の先生が、ずっと寝ていたり、洗面を
しないという生活面の注意はしたほうがよいと言わ
れましたが、どうですか?」


先生:

「それは、した方がいいです。」


Bちゃんの旦那:

「言っても無視されるか、きれられるかですけど」


先生:

「やさしく言ってみれば?」


Bちゃんの旦那:

「みんな、気を使ってやさしく言ってますよ!

でも、無視されるから、だんだん頭にくるんですよ!

きれて、子供にかわいそうな言葉を言ったり、ふて
寝したりするんですよ。

こっちがおかしくなりそうなんすよ。」


先生:

「とにかく、注意するときは、怒らないでやさしく
言ってください。

そして、できた時は褒めてください」


Bちゃんの旦那:

「何もできないと思いますよ。それに言ってもやら
ねーから、褒めることなんか無いっすよ。」


先生:

「とにかく、今回薬を調整します。

Bさんはあまりにも、多くの種類を飲んでいるから
整理しましょう。

眠くなるのは、あまりに多くの種類の薬を飲んでいる
からもあります。

何か具合が悪くなったらいつでもきてください。」


Bちゃんの旦那:

「そんなに、来れないですよ!

仕事があるんですよ!」


Bちゃんの旦那:

MAXでヒートアップ!!!








今の薬って。。

2年近く入院してやっと落ち着いた薬の量じゃ
ないのかな?

2回目の入院したとき。。

薬の調整をし直すと言われ。。。

薬の調整している数ヶ月間は。。。

Bちゃんが、別人のようになってしまった。。


廃人のような感じに。。



今のところ、すごい嫌な予感がします。。。




Bちゃんは、あの。。


ゼプリオン

↓ ↓ ↓

統合失調症の薬

を打ちました。



診察室を出ると。。。


Bちゃんの旦那:

「朝、診察の順番待ちで並んでいて。。

病院の玄関を開けてくれた。。

もじゃもじゃ髭が生えた雑用係のような
おっさんは。。。


主治医だったよ。。。」




とまじめな顔してBちゃんの旦那は言ってました。


早くも。。


ヒートアップはおさまっていたようです。。。







励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症の家族が歯医者を拒否する

最近、気になることがあります。

Bちゃんの歯の状態です。






以前このブログにも書きましたが。。


Bちゃんは退院してから、1ヶ月くらい歯を磨いて
いませんでした。


入院している時は歯を磨いていたのかというと。。


多分磨いていなかったと思います。



病院に持っていっていた、歯磨きセットは使って
いないようでした。





Bちゃんの食事の食べ方を見ていても、食べづら
そうです。


色んな歯につまり。。


箸を楊枝代わりにしています。




あまりにも、歯を磨かないので。。


嫁が、Bちゃんの歯をたまに、磨くのですが。。


少し歯をこするだけで。。

歯茎から大量の血がでるそうです。



本人に歯医者に行こうと言っても。。


拒否されます。



口臭もひどいので、なんとか歯医者に連れて
いきたいのですが。。




無理やり連れていって。。


歯医者で暴れても、歯医者に迷惑がかかるし。。





次のメンタルクリニックで、主治医と相談します。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症で通院したときに主治医に渡したメモ紙に・・・

金曜日は、Bちゃんの通院日でした。




前回主治医が変わったので、Bちゃんの旦那も
新しい主治医と話をしたほうがよいと思い、
3人で通院に行くことにしました。


前回、Bちゃんとメンタルクリニックに行って診察
待ちの時。。

Bちゃんが落ち着かず、ウロウロしてそれを制止する
のに苦戦したので。。


今回は、待ち時間を無くそうと思い。。




1番目に診察してもらおう。。。



予約制でないメンタルクリニックは、診察の順番は
早く来た順番です。


Bちゃんの旦那が、家を6時に家を出て。。

メンタルクリニックの前で並んで順番待ち。。





雨が降っていました。。


そして。。

Bちゃんの旦那から連絡。。。


Bちゃんの旦那:

「今もじゃもじゃ髭の生えた雑用係のような
おっさんが、病院の玄関あけて。。

1番目ゲット!」






という報告。


Bちゃんと一緒に9時ぴったりにメンタルクリニック
に行くと。。


すぐ。。

診察室に呼ばれました。。


作戦成功。。


Bちゃんが診察待合室でウロウロすることなく、
診察室に入ることができました。






今回、新しい主治医になったということで。。


Bちゃんの旦那は、主治医に話したいことを、メモ
にまとめていました。



私は今回、Bちゃんの旦那のメモ紙の存在を知
りませんでした。




後から、先生に渡したメモ紙の内容を見せてもら
いました。。








以下はBちゃんの旦那のメモの内容

↓ ↓ ↓

-----------------------------------------

・自宅では、日中寝ている。


・入院してから2年程度経過しているが、幻聴を
聞いている量は変わっていない。


・幻聴の内容が変わっているだけで、ずっと幻聴
を聞いている。


・2年前は、食べ物に毒が塗ってあるという幻聴
があった為、食事ができず痩せてしまい入院に
なった。


・今は、薬を飲めという幻聴の為、薬を飲む為の
行動しかしない。


・本人を見ても幻聴がつらそう


・入院先の病院では、幻聴が背景化したから退院
してくれと言われて退院したが、幻聴がおさまって
いるとは思えない。


・いつも幻聴のことばかり聞いていて、現実の人の
言う事は聞かない。


・自分からの要求は言うくせに、こちらかの問いか
けには答えない。


・子供がいるのに、自分勝手な行動しかしないので、
子供がかわいそう。


・夕方、よくそわそわしてトイレに異常なくらい頻繁
にトイレに行く。


・寝る前も、熟睡するまでトイレに行く。


・待つことができない。


・病院の待合室では、受付に何十回も聞きに行く。


・入院生活が長い為、規則正しい生活ができない。


・歯磨きをしない。


・退院してから、家事もせずいつも寝ている。


・以上のような状況を見て、高齢の母は体調が
悪くなってしまいました。


・家族が崩壊しそうです。


・念のため睡眠薬をください。



------------------------------------------



診察室に入ったあと、Bちゃんの旦那は、このメモ紙
を先生に渡しました。




続きはまた後日に書きます。。







励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

納得できない統合失調症の母親をもつ息子

7月20日は、子供達の終業式。。。

通知表をもって帰ってきます。




Bちゃんの息子は。。。


なかなかの成績です。



私:

「○○(Bちゃんの息子)!頑張ったね。

おじちゃんご褒美ば考えるけん」


Bちゃんの息子:

「やったー」


私:

「なんか好きなもん買ってやるばい(アイスクリーム

とかお菓子とか・・・)」


Bちゃんの息子:

「妖怪ウオッッチのスシ・テンプラ」


私:

「????

寿司?  天麩羅?」


Bちゃん:

「そう、妖怪ウォッチのね」


私の息子:

「俺もそれがいい」


私:

「何?回転寿司でいいの?」


子供達:

「違う!ゲームのこと!」






ゲームのソフトの名前のようでした。。。



ソフトの金額・・・・4,280円(税別)×2人分





アイスクリームやお菓子を喜ぶ年齢ではなくなって
きました。。。。。



成長したな・・・・








毎回。。。


通知表をもらってきた日は。。


お昼ごはんを食べにいくので。。


私と嫁と私の息子とBちゃんの息子と4人で
外食して。。


ゲームソフトが売っているお店に行きました。。




買った後。。


嬉しそうに。。。




Bちゃんの息子:

「おじちゃんありがとう!

おじちゃんのマッサージずっとしてあげるからね!」


私:

「ありがと。。」  


Bちゃんの息子は、私が疲れているときに。。

いつもマッサージをしてくれます。。





Bちゃんの息子は。。


ゲームが得意のようです。


同級生からも上手と言われています。





その日。。


買ったゲームをしたいので、やるべき勉強を終わら
せる為に、Bちゃんの息子が勉強をしていました。。







その間、Bちゃんはずっと寝ていました。




Bちゃんの息子は、学校の宿題の他にも。。

習い事の宿題もあって。。



勉強している途中で、ちょっと居眠りをしてしまい
ました。。





また、タイミング悪く。。。


Bちゃんが寝床から起きてきて。。


Bちゃん:

「○○(Bちゃんの息子)寝てないで勉強しな!」



ずっと寝ているBちゃんからそんなことをいきなり
言われると。。。


Bちゃんの息子もおもしろくないはずです。



Bちゃんの息子は。。

聞こえているかはわかりませんが。。

Bちゃんの言葉を無視します。





何回も。。


Bちゃん:

「○○!寝ててもしょうがないよ!

勉強しな!」




Bちゃんの息子は無視。。。


すると、Bちゃんは義母のところに行き。。。




Bちゃん:

「○○、寝てばかりいて勉強しないよ!

馬鹿になるから。。

お母さん厳しく言ってやって!」


と言って、寝床に行ったそうです。





Bちゃんの息子はしばらく納得がいかない様子
だったそうです。。。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

検索フォーム
プロフィール

チョッペスト

Author:チョッペスト
統合失調症という病気は、抱えているひとも、家族も一生を覚悟して付き合わなくてはなりません。

とりあえず、私の過去からのことをまとめ、できれば皆さんと共有していきたいです。

最新記事
ランキングに参加してます
ランキングに参加してます
ご訪問いただいた方々
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ村ランキング
人気ブログランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。