2016年09月 - 統合失調症という病気と家族       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統合失調症になる『前兆』にはどういうものがあるのでしょうか?

前回のブログでも書いたのですが。。

↓ ↓ ↓

統合失調症は発症する前に『前兆』が見られることがあるそうです。


統合失調症は、本格的に発症する前に。。

『前兆』。。

のような症状がみられることがあるそうです。







統合失調症の双子の姉であるBちゃんも。。

統合失調症と診断される前に。。

統合失調症の『前兆』ではないかと思われる
様子はあったと思います。




ただ。。

その時点では。。

統合失調症ではない

というより。。

心の病ではなく。。

本人の元の性格の問題。。

と家族は考えました。

(本人は病気自体を否定)




その結果。。

統合失調症の治療が遅くなりました。





統合失調症の早期治療のためにも。。

統合失調症の『前兆』について。。

頭に入れとけば良かったかなと思います。




もちろん。。


統合失調症の症状には個人差があり、
『前兆』が無い方もいらっしゃるとは思いますが。。


知識として頭にいれとく分には無駄ではないと
思います。



本を読んだりして。。

統合失調症の『前兆』についてまとめてみました。


(あくまでも事例で、例外も多いそうです。)


******************************************

●統合失調症の本人が感じていることの『前兆』の事例


 ・頭の中で考えをまとめて、話をしたり、
  文を書いたりすることがうまくできない。。


 ・被害妄想がある。。
   
   誰かに見張られている。。

   誰かに尾行されている。。

   誰かに盗聴されている。。

   自分のうわさをされている。。


 ・身体感覚の変化を感じる。。

    めまい

    動悸

    痛み

    うずき

    頭痛
 
    胃痛

    吐き気

    体が思ったとおりうまく動かせない


 ・気分が落ち込み、無気力になる。。


 ・現実感がない。。


 ・何もする気になれない。。


 ・自分が自分と感じられない。。


 ・何となく不安になる。。


 ・物音や光に敏感になる。。


 ・焦燥感がある。。



●対人関係がうまくいかない『前兆』の事例


 ・人づきあいに関心が無くなり1人でいることを
  好む。。

  
 ・精神的に傷つきやすくなって、人とうちとけられな
  くなり、友人なども減ってくる。。


 ・会話の内容があちこちに飛んだり、脱線して
  支離滅裂となり、会話が通じなくなる。。

 ・他人をこわがる。。



●感情の起伏が激しい『前兆』の事例


 ・その場に合わない感情表現をしてしまう。。


 ・些細なことで怒りをあらわし、激しく動きまわる。。


 ・突然怒りっぽくなり、乱暴になる。。


 ・激しい緊張状態になったり、感情が過度に不安定
  になる。。



●生活面や行動面での変化の『前兆』の事例


 ・不眠。。

   夜に目が覚めて眠れなくなる


 ・理由もなく仕事や学校に行かなくなる。。


 ・仕事がうまくいかなくなる。。


 ・学校の成績が下がる。。


 ・部屋を掃除しないで、片付けなくなる。。


 ・身だしなみに気をつかわなくなる。。


 ・ものごとに集中できなくなる。。


 ・注意力が散漫になる。。


 ・何もせず、長い間ぼーっとしている。。


 ・ぎこちない姿勢のまま、長い間じっとしている


 ・自閉傾向がある。。

    外出を嫌う

    部屋にひきこもる


 ・独り言を言ったり、独り笑いをする。。


 ・奇異な行動をとる。。

********************************************



以上のようなことが。。

統合失調症の『前兆』として知られている。。


と書かれてありました。



統合失調症のBちゃんにも当てはまる『前兆』が
いくつかあります。


ただ。。

Bちゃんの変化が。。

はじめのうちは、特に目立ちもしないし。。

統合失調症の『前兆』とは思わなかったので。。

病院には行かなかったです。




一般的にも。。

ひきこもりなどの病気の『前兆』が見られても。。

それだけで。。

病院にまで行こうとするケースは少ないらしく。。

結果的に治療が遅れて。。

症状の悪化につながる。。

ということが少なくないようです。



Bちゃんの場合。。

だんだんと『前兆』が目立つようになってくるの
ですが。。


Bちゃんが。。

病気を隠そうとします。。


そして。。

病院に行くことを拒否します。。




結局。。

Bちゃんが。。

身体を震わせながら。。


「病院に行きたい。。」




と本人が言うまで。。

家族は何もできませんでした。。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ    
スポンサーサイト

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症は発症する前に『前兆』が見られることがあるそうです。

統合失調症の双子の姉のBちゃんですが。。

統合失調症を発症する前の様子はというと。。


『普通ではない』

と。。


私は思います。





どういうところが。。

『普通でない』のか。。


ものすごく、不安がるのです。


例えば。。

Bちゃんの旦那と結婚する前は。。


自分が結婚できなければどうしよう。。


という不安が異常に強く。。


私や嫁に毎日。。

数時間電話をかけてきてました。





私達が電話で何か話をしても。。

一切聞かずに。。


Bちゃん:

「私が。。結婚できなかったら。。

私の面倒はあんた達がみてね。」


このようなことばかり。。

言われてきました。



今の旦那と結婚が決まると。。


今度は。。


結婚式で、

Bちゃんが呼ぶ友達がいない(友達がいないので)。。

そのことをBちゃんの旦那に知られたら。。

嫌われて、結婚を破棄される。。


と不安になり。。


また。。

私と嫁に毎日長時間の電話をしてきます。





私と嫁がBちゃんの悩みの電話について。。

何か話しても。。


私と嫁の話は。。

一切聞かずに。。

Bちゃん:

「私が。。結婚できなかったら。。

私の面倒はあんた達がみてね。」


このようなことばかり。。

言われてきました。


結局は。。


Bちゃんの不安を取り除くために。。


結婚式は中止しました。



37歳で結婚したBちゃんは。。


早く子供を欲しがりました。。


しかし、Bちゃんの息子Xを授かるまで。。

子供が授からなかったらどうしよう。。

と不安がり。。

Bちゃんが妊娠するまで。。

私や嫁に子供ができない苦しみを。。

電話で訴えてきます。





Bちゃん:

「子供ができなければ、私の老後の面倒を見る
人がいないから、あんた達がみてね。」


このようなことばかり。。

言われてきました。


ちなみに。。


私達も子供が欲しかったのですが。。


Bちゃんの不妊の悩みの電話がかかってきている時は。。


まだ子供がいませんでした。


私達も。。

8年目の不妊治療中であり。。

子供の妊娠の話に関しては。。

つらい話でした。



まだまだ。。

Bちゃんのことを。。

『普通でない』と思うことは。。

(Bちゃんが色々なことに不安を感じその不安に対する
思考や行動)

沢山あります。


ただ。。

Bちゃんのことを。。

『普通でない』

とその時に強く思っていたのは。。

家族では。。

私だけだと思います。



私以外は、Bちゃんと一緒に生活してきた家族です。

血の繋がった家族です。


昔から。。

Bちゃんは。。

先ほど私が『普通でない』と思えるような。。

性格や思考の持ち主であったようで。。

今更、特別にBちゃんが。。

『普通でない』

とは私以外は思ってはいないようでした。




ところで。。


統合失調症は。。

本格的に発症する前に。。

『前兆』

のような症状が見られることがあるそうです。


私がBちゃんを『普通でない』と思ったことが。。

統合失調症は発症する『前兆』だとは言えません。。



ただ。。

12年から13年前。。

私がBちゃんのことを『普通でない』と感じた時。。


Bちゃんを。。

病院に連れて行けていたら。。。

変わっていたのかも。。



今。。

統合失調症で。。

ものすごく苦しんでいるBちゃんの様子を見て。。

強く思います。



統合失調症は。。

早く治療を始めれば。。

ほとんど治る。。



そうです。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症と似ている病気

統合失調症の双子の姉のBちゃんは。。


うつ病と診断されていましたが。。

その数年後に。。

統合失調症

と診断されました。


経験のある精神科医であれば誤診の可能性は少ないと
思いますが。。






調べたのですが。。

統合失調症とよく症状が似た病気もあるそうです。


そのひとつに。。


『自閉症スペクトラム障害(PPD)』


があるそうです。


『自閉症スペクトラム障害』は。。


2013年に発行された。。

統合失調症の”診断基準”(DSM-5)で。。


『広汎性発達障害』とまとめて呼ばれていた。。


《自閉症》



《アスペルガー障害》

などを。。

1つの診断名に統合したようです。


『自閉症スペクトラム障害』の特徴は。。


・対人関係やコミュニケーションに障害がある。。

・ものごとに対する興味や関心の幅が狭い。。

・いつも同じパターン化された行動を繰り返す。。

・強いこだわりを持つ。。

・感覚過敏が90%の人に見られる。。
 
 ↓ ↓ ↓

 聴覚 (機械の音やサイレン)

 味覚 (偏食になる)

 視覚 (絵本などの特定のページやCMの場面)

 触覚 (洋服を着るなどの皮膚接触を嫌う)


 など。。

 特定の刺激に。。

 苦痛や不快の感情を表し。。

 回避する。。。





といった症状だそうです。


統合失調症



『自閉症スペクトラム障害』

は。。


互いに似た症状があるため。。


自閉症スペクトラム障害の患者が。。


統合失調症として診断されたり。。

統合失調症を併発していると診断されたり。。



する場合があるそうです。



『統合失調症』



『自閉症スペクトラム障害』


は表面的に似た症状が見られる場合があるそうですが。。


まったく異なる病気だそうです。


では。。

『自閉症スペクトラム』『統合失調症』



どのようなところが。。

似て。。

それについてどこが。。

違う。。

のでしょうか。。


● 自閉症スペクトラ障害の。。

    感覚異常と感覚過敏

   統合失調症の。。

    幻覚と幻聴

   が間違えられやすい。。


   でも違うところは。。


   統合失調症は。。

         後天性の病気。。

   自閉症スペクトラムは。。

         先天性の病気。。




   統合失調症は。。

   発症してから。。

   比較的短期間に。。

   症状があらわれて。。

   別人のようになってしまう。。

   

   自閉症スペクトラム障害は。。


   急にかわることはない




● 自閉症スペクトラ障害の。。

    孤立傾向が強い。。

   統合失調症の。。

    自閉症状

   が間違えられやすい。。


   でも違うところは。。


   

   病気がたどる経過と結末の見通し



● 自閉症スペクトラ障害は。。

    主症状が進行しない。。

   統合失調症は。。

    症状が進行する。。

   

ほかにもあるのですが。。


おおよそ。。

このようなことでした。。。



統合失調症の双子の姉のBちゃんも

最初に診断された病名が違ったのですが。。


100パーセント。。


医者の診断を信じることは。。


少し危険なのかもしれません。。。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症をうつ病と診断されました。

Bちゃんは、統合失調症と診断されるまでは。。



うつ病と診断されていました。






診断した先生は近所の心療内科の先生です。



統合失調症は、体の病気のように、検査の結果
ですぐにわかる病気ではありません。


現場の医師は。。

心の病気の”診断基準”を使っているそうですが。。

この”診断基準”はあくまで参考程度で。。



自らの経験知識をもとに、診断と治療を


していくそうです。。


Bちゃんが初めて受診した診療科は。。



『心療内科』です。


数年前から。。

少しづつ統合失調症のことを勉強しているの
ですが。。





統合失調症についての書籍には。。


『心療内科』は。。

精神的要因が及ぼす体の病気を。。

”内科的に”

治療するところである。。


どちらかといえば。。

心身症など。。

身体面の症状が強いものが中心。。


場合によっては。。

医師が。。

統合失調症の診察には。。


慣れていない場合もある。。




というフレーズを読んだことがあります。


もちろん、全ての心療内科のことでは
ないでしょうが。。


加えて言うと。。


Bちゃん通院していた心療内科の医師が。。

どれほど。。

統合失調症の診察に慣れていたのかは。。


わかりません。



Bちゃんは。。

『心療内科』に。。

うつ病”の治療で。。

少なくとも数年は通院していました。



早い段階での転院を家族は考えたのですが。。


その頃のBちゃんは。。

とても凶暴で。。




転院することが不可能でした。


結局。。


突然。。

陽性症状が出てきて。。


手が付けられなくなり。。


『心療内科』の先生が処方した薬で。。


暴れなくはなったのですが。。


そのまま。。

動かない人になってしまい。。


思考もとまって。。


今とあまり変わらない状態になってしまいました。


書籍には。。


統合失調症の治療を受けるためには、

まず統合失調症の専門医を探す。。

これが大事!!



と書いてあります。。。


そうだと思いますが。。。


統合失調症と診断されず。。

うつ病と診断されてしまえば。。







励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

我が家の統合失調症の家族は病院が大嫌いです。

統合失調症の双子の妹のAちゃんは、

大の病院嫌いです。





現在通っている病院は。。


・精神科の病院

  統合失調症の治療

・内科の病院

  糖尿病と腎臓病の治療

・眼科の病院

  緑内障の治療

・歯科の病院

  歯周病の治療


今通っている病院での。。

病気の原因となったのは。。

統合失調症

です。


糖尿病は。。



統合失調症を発症した後の暴飲暴食。。



主に。。

コーラ(1.5Lのペットボトルを1日3本から4本)

ケーキや甘いお菓子の多量摂取




腎臓病は。。



統合失調症を発症した後の暴飲暴食。。


主に。。


梅干しを1日に10個以上




緑内障は。。


統合失調症から暴飲暴食を繰り返し。。

糖尿病になり。。

その糖尿病の合併症から網膜剥離。。

その後。。

緑内障を併発




歯周病は。。



統合失調症による幻聴で。。

”歯を磨くな。。”

と言われ。。

全く歯を磨かなくなり。。

歯がボロボロにり。。


今でも。。

歯ブラシを口に入れることはできますが。。


ごしごしと磨くことをしないので。。


月に1回は歯石を除去しに。。






病院嫌いのAちゃんに

病院を受診させるのは。。

本当に苦労します。


今通っている病院を初めて受診するときは。。



”病院行くくらいなら。。

死んでやる!!”



と暴れました。





もうすぐ、50歳になるAちゃんですが。。

婦人科の健診を1回も受けたことがありません。





数年前から。。

健康診断を勧めているのですが。。


無理そうです。



また。。

私が勉強させていただいていますブログと。。

↓ ↓ ↓

坊主おじさんのヘミシンクメモ

そのブログのコメントに。。


(許可を得てないのでブログ名やコメントして
いただいた方のブログは記載してませんが。。)



低血糖についての大変貴重な情報をいただき。。


家族とよく話をしてから。。


統合失調症のAちゃんにも検査をさせたいと考えて
いるのですが。。


異常な。。。


病院嫌い。。。



統合失調症の病気の状態は、かなり良くなって
きているのですが。。


考え中です。








励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

写真を撮ることが大好きなBちゃんの旦那

今日は、小学生の子供達の運動会でした。

統合失調症の双子の姉のBちゃんの旦那は。。

写真を撮るのが大好きです。

高校生の時は、写真部だったそうです。




運動会で。。

Bちゃんの旦那は、シャッターチャンスを
逃すまいと。。


息子Xの運動会の日が近づくにつれ。。

カメラの手入れをしながら。。

鼻息が荒いのです。。。。 ^^



鼻息が荒くなるのには。。

他の理由もあります。。



Xがきちんと写っている写真があまり無いのです。




Bちゃんの旦那は。。

じゃんけんが恐ろしく。。




弱いです。


特に。。

大事な事を決めるようなじゃんけんは。。

ことごとく負けます。


今までも。。


息子のXが幼稚園の年長だった時。。


幼稚園の役員を決めるのに。。

じゃんけんがありました。。


Bちゃんの旦那は。。


この役員を決めるじゃんけんに敗れ。。



Xが年長のときに役員となりました。。


Xの幼稚園生活最後の様々な行事の時には。。


幼稚園の役員として。。


裏方作業に徹することとなり、


カメラの腕を披露することなく終わりました。。




まあ。。

母親が病気ということを幼稚園に言って。。

役員を決めるじゃんけんに参加しないこともできた
でしょうが。。



じゃんけんに参加されている方は。。

Bちゃんの旦那以外はすべて母親です。


それでも。。

Bちゃんの旦那はじゃんけんに参加します。


理由は決まってます。。


息子のXの為です。


以前のブログでも書きましたが。。

↓ ↓ ↓

息子の為に頑張る父親


Bちゃんの旦那は。。


Xに関係する様々なことには責任感が強く
まじめです。




ということで。。

私が代わりに。。

Xの幼稚園の行事の時は。。

私がXの写真を撮っていたのですが。。


私が。。

カメラに全く興味がなく。。

上手に撮る技術も自信もないので。。




ただ。。ただ。。

シャッターを押すだけ。。


これでもか!!!

というほど。。


シャッターを押しまくるだけ。。


中には良く撮れる写真があるかも。。


という思いで。。


シャッターを押しまくります。。


しかしほとんどの写真が。。



ピントがずれていたり。。

違う子供を撮っていたりと。。


ひどい時は。。

カメラのレンズのキャップをつけたまま
シャッターを押していたり。。

ろくな写真が無い。。




Xの卒園式のときも。。


自宅の前で。。

スーツでばっちりきめたBちゃんの旦那とXの
写真を私が撮ったのですが。。




後からその写真を確認すると。。


Bちゃんの旦那の頭が半分写っていませんでした。




Xが入学式の時は。。

Xがインフルエンザになり、写真はありません。





Bちゃんが、統合失調症を発症したのが。。


Xが幼稚園の年少の時です。


Xの年少の運動会の頃は。。

Bちゃんは心療内科に通院をしていたのですが。。

幼稚園の運動会に出ました。




そのころのBちゃんは。。

すでに喜怒哀楽の表情がありません。。。


Xと目線も合わせれない状態でした。


そんな母親と一緒にダンスするのが。。

まだ3歳だったXには怖かったのかもしれません。。


ダンスの競技が始まって。。。

その場で座ってギャーギャー泣き叫ぶXと。。

その横でボーっと立っている母親のBちゃん。。


ダンスを楽しく踊っているBちゃんとXを、カメラで
写そうと思っていたBちゃんの旦那でしたが。。


写真どころではありません。





ということで。。


写真を撮ることが大好きな父親なのに。。

息子の行事の時のちゃんとした写真が少ない。。




Bちゃんが統合失調症という病気で。。


Bちゃんの旦那は。。

自分の趣味や。。

自分がやりたいこと。。

にもあまり時間を使うことはできませんが。。


今日のXの運動会では。。



いい写真が撮れるたかな? ^^







励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

統合失調症で入院している母親に会いたくない息子

19日の月曜日に。。


統合失調症の双子の姉のBちゃんが。。

入院している精神科の病院に面会に。。

Bちゃんの旦那が行ってきたときのことです。


9月に入ってから通算で3回目の精神科の入院。。


Bちゃんが3回目の入院をしてからは。。


Bちゃんの息子Xは、まだBちゃんのところに行った
ことがありません。




XはBちゃんと会うのを嫌がります。






19日にBちゃんの面会に行く日。。


Bちゃんの旦那:

「X。。

今日は、ママのところ行く?」


X:

「行かない。

だってパパはおばあちゃん(Bちゃんの旦那の母親
の家に連れてってくれるって言ったよね?」


Bちゃんの旦那:

「ママのところに行ってから、おばあちゃんの家に
行くんだよ。」


X:

「え~

おばあちゃんの家だけがいい」



この会話を聞いていて。。

私は、

ママが会いたがっているから。。。

顔を見せておいで。。。



と言いたいところですが。。


先週までのBちゃんの面会の様子であれば。。

↓ ↓ ↓

統合失調症で入院中の母親とその息子のギャップ


Xを傷つけるかもしれないかな。。




と思い。。


XがBちゃんに会いたくないということに対しては
言葉をかけてあげられません。


Bちゃんの旦那:

「パパはママのところに行ってから、直接おばあちゃ
んのところに行くから。。

Xがおばあちゃんの家に行きたいなら、パパと一緒に
来てよ。」


X:

「・・・・・・

わかった。。」


ということで。。


Bちゃんの旦那とXは、車でBちゃんが入院している
病院に行きました。


病院に着くと。。


X:

「俺、車にいるから。。

パパだけ行ってきて。。」


Bちゃんの旦那:

「せっかく来たんだから、Xも一緒に行こうよ。。」


X:

「絶対やだ!」


数回は、Bちゃんの旦那はXを説得したらしいです
が。。


Xに。。

断固拒否


されたそうです。



仕方なく。。


Bちゃんの旦那が一人で面会に行くと。。


Bちゃんが面会室に現れて。。。


Bちゃん:

「何?」




Bちゃんの旦那:

「何じゃないよ。

調子はどう?」


Bちゃん:

「別に。。。

もう帰って。。

また来て。。」


Bちゃんの旦那:

「せっかく来たのに、1分も経ってないぞ!」





Bちゃん:

「さようなら。

また来てね。」


そして、面会の終わらせるため。。

Bちゃんは。。

面会室にあるインターホンを鳴らし、看護士を呼び。。


Bちゃん:

「部屋に戻らしてください。。」


と言って。。


部屋に戻って行ったそうです。



あまりの面会時間の早さに看護士も。。。


驚いていたそうです。


出てきた看護士に。。

Bちゃんの病院での様子を聞いたそうですが。。

いつも通り。。

寝てるだけ。。


ということでした。




夜。。


Bちゃんの旦那と話しをしたのですが。。

Bちゃんは。。

『面会に来た』

という事実を確認できれば。。

それで満足しているのではないかと思います。


自分には、家族がいるんだ。。

独りではないのだ。。



ということを確認できれば気持ちが落ち着くので
しょうか。。。


息子がママに会いたい。。

と思うまでは。。

まだ。。

無理に会わせないほうがよさそうです。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

初めて障害者支援施設の短期入所のサービスを利用しました。

Bちゃんの短期入所を利用する当日は。。

・Bちゃん

・Bちゃんの旦那

・私

と3人で障害者支援施設に行きました。



行く途中の車の中で。。。



Bちゃんの旦那:

「施設に行ったら、スタッフの言うことをちゃんと
聞くんだよ。」

Bちゃん:

「わかった。。」

Bちゃんの旦那:

「自分勝手な行動をしたらダメだからね。

昼はできるだけ活動するように頑張ってね。」


Bちゃん:

「すぐ迎えにくる?」


Bちゃんの旦那:

「3日後にくるから。」


Bちゃん:

「そんなに長いの?

早くならない?」


Bちゃんの旦那:

「ならないよ。

ずっと、そう言ってただろ。

寝てないで、少しでも動くんだよ。」


Bちゃん:

「・・・」


Bちゃんの旦那:

「Xの為にも、自分の為にも寝ないように頑張
るって約束したんだからね。」

Bちゃん:

「・・・・・」



短期入所を利用する期間は。。

3日間です。



そこの短期入所の施設の1日のスケジュールは。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・6時30分・・・・・起床

・7時30分・・・・・朝食

・8時00分・・・・・整容(歯磨きなど)

・8時30分・・・・・朝礼

・8時45分・・・・・居室掃除

・9時15分・・・・・日中活動開始

・10時00分・・・休憩(15分)

・12時00分・・・昼食

・13時00分・・・ウォーキング

          日中活動

・15時00分・・・休憩

・15時15分・・・入浴

・17時00分・・・終礼

・18時00分・・・夕食

・19時00分・・・自由時間

・22時00分・・・消灯

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


このようなスケジュールでした。



契約した日に、私はこのスケジュールを見せ
られて。。。


施設の方に。。


このスケジュールは今のBちゃんには難しいと思い
ます。。。

と話すと。。


「出来るだけでかまいませんよ。。

そして難しいようであれば。。

歯磨きや洗濯もお風呂も。。

スタッフが支援します。。」


とおっしゃってくださいました。




私達3人が障害者支援施設に着くとすぐに。。

Bちゃんが3日間利用する部屋を案内されました。


1階が男性の施設の部屋で。。

2階が女性の施設の部屋です。


Bちゃんが利用する部屋は、2人部屋でした。


通路の入口と洗面をするところが2人の共通の場所
となっていて。。

部屋はしきりで区切れるようになっていました。



部屋に入ると。。

まずは、自宅から持ってきた荷物を施設の方が
チェックします。


退所するときに忘れ物がないか調べるためだそう
です。


刃物などの危険物の持ち込みは禁止されていま
すが。。。

紐のようなものも持ち込み禁止です。

自殺などを図らないようにでしょうか。。。



ものすごく、細かく持ち物チェックをするので、
30分以上かかりました。


持ち物チェックが終わると。。

施設の方が、私達に帰っていいと言うので。。


相部屋の方に挨拶をしてBちゃんの旦那と帰り
ました。



Bちゃんを見ると。。


すでに。。

部屋のベッドで横たわっています。





その日から。。

Bちゃんが施設を利用している3日間。。

自宅の電話や携帯が鳴るたびに。。

何かBちゃんが問題を起こして。。

施設からの連絡ではないかと。。

落ち着きません。。




ようやく。。


Bちゃんを迎えに行く日になりました。


施設に着いて。。

施設の人と持って帰る荷物の確認をした後。。


施設の方とBちゃんの施設での過ごし方がどう
だったのかという話しをしたのですが。。


施設の方が何を言っても、ベットから起き上がって
活動することはなかったそうです。


歯磨きなどの洗面も、いくら施設の方が声をかけて
も、しなかったということでした。


食事については。。


食事の時間でも無いのに。。


食堂にきて、食事の用意をするスタッフに何回も

「ご飯まだですか?」

と毎回言っていたらしいです。


施設の方が寝ているBちゃんを何回も起こしに
来るたびに。。


「早く家に帰らして。。。」

と訴えていたらしいです。


そして、Bちゃんを担当してくださった施設の方に
。。


私:

「この施設の利用は、現時点の状態で可能で
しょうか?」



施設の方:

「私からははっきりお答えできません。

この施設は、本人が少しでも、日中に活動して
みよう。。

と考えていらっしゃる方が利用していただく施設
です。

申し訳にくいのですが。。

Bさんは病気の状態のせいかもしれないですが。。

日中に動こうとする気力が無いように感じます。

であれば。。

こういう施設というよりは、病院の施設のほうが
今のBさんには合っているかもしれません。

この施設が受け入れるかどうかは、私ではなく
また別の者が決めますので、最終的にはそちら
に聞いてもらうことになるのですが。。」



私:

「わかりました。

ありがとうございます。。。

本当にお世話になりました。。。」



私と施設の方と話しをしている間にBちゃんが。。

どこかいなくなってしまいました。


施設の方も一緒になって探してくれました。。


Bちゃんは。。


外に泊めてある私の車の前に立っていました。。。


よっぽど。。

家に早く帰りたいんだね。。



とりあえず。。

Bちゃんお疲れ様でした。。。




ということで、初めて短期入所というサービスを
利用させていただきました。


本来の短期入所のサービスの意味としては。。


・当事者の家族が不在になったとき。。。

・家族が介護で疲れた時に一時的に休息ができる
 ように。。。


などに使うサービスかもしれませんが。。


福祉相談士などとも相談して。。

Bちゃんの生活訓練をするきっかけのため。。

短期入所というサービスを利用して。。

施設の経験をさせていただきました。



もしかしたら。。


Bちゃんもこういう施設で生活すると、少しは
変わるかもしれない。。


ちょっとした、昔のような生活のリズムのような
ものを感じるかもしれない。。


と思ったのですが。。


難しいようでした。



それから。。

自宅に戻って生活を始めたBちゃんは。。


よくならずに。。


9月に入って3回目の入院となりました。






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

短期入所のサービスを受けることに決めました。

前回の続きです。

↓ ↓ ↓

障害者支援施設の『短期入所』のサービスが受けられそうになりました。



障害者支援施設の契約を終えて、自宅にBちゃんと
2人で戻りました。

自宅に戻るとすぐに。。


Bちゃん:

「私のごはんは?」

と嫁につっかかります。


嫁:

「子供達が学校のプールからそろそろ帰ってくるから
これから作るの。

一緒に食べよ。」


Bちゃん:

「待てない」


と言って。。


テーブルの上に置いてあったパンをかじりながら。。



寝床に行ってしまいました。



Bちゃんを起こしに。。

何度か寝床に行ったのですが。。。



反応がありません。






障害者支援施設の方に。。

短期入所の空きがあるので、試してみればどうか?


と言われ。。


Bちゃんにきちんと話をしなくてはならないの
ですが。。


話ができる状態ではなかったです。


次にBちゃんが確実に起きてくるタイミングは。。


お風呂と夕飯しかありません。


そして夕飯の時に。。


私:

「Bちゃん、今日、施設の人が短期入所してみない
かって言ったの覚えてる?」


Bちゃん:

「知らない。。

ごはん出して!」


Bちゃんの旦那:

「ごはんの前に話しよーよ。

施設に行って病気治すっていつも俺に言って
るだろ。

その施設がどういうところか試せるんだってよ。」


Bちゃん:

「わかんない。

ごはん!」


Bちゃんの旦那:

「飯食ったら寝るだろ!

話しよーよ!」


Bちゃん:

「わかった。

早くごはん頂戴!」


Bちゃんの旦那:

「わかったらなら、どうするんだよ。

このまま家で寝て過ごしてたら、一生寝たきりに
なるって言われてるんだぞ。

少しでも、普通に生活できるように施設に行くって
俺と約束しただろ!」


Bちゃん:

「わかった。」


Bちゃんの旦那:

「何がわかった?」


Bちゃん:

「・・・・・・・・

わかんない。。」


Bちゃんの旦那:

「施設に行ってみるか、どうか聞いてるんだけど。。。」


Bちゃん:

「わかった」


Bちゃんの旦那:

「わかったって何が?」


Bちゃん:

「・・・・・

ごはんをゆっくり食べること。。」


Bちゃんの旦那:

「そんなこと一言も言ってねーよ」




Bちゃん:

「いいかげんに。。

ごはん出して!」



話ができません。。。


結局何も進展しませんでした。









数日後。。



義母が私に


義母:

「すまねーが。。

Bが施設に行くって言うから連れて行ってくん
ねーか?」


私:

「えっ

Bちゃんからそうお義母さんに言ったんですか?」


義母:

「そうだよ。

本人もこのままじゃ駄目だと思ったのかもな。。

まあ。。

私も。。

X(Bちゃんの息子)がいるんだから、頑張ってこい
と言ったんだけど、Bも頑張るって言うから。。」


私:

「施設って無理矢理行かしても駄目と思いま
すよ。」


義母:

「Bの性格じゃ、家にいても自分で何にもしねーんだ
よ。

子供がいなけりゃ、それでもいいんだけど。。

あんな状態なら、Xの前にもいないほうがましだ。。

施設に行けるようになって、少しでもマシになって
Xと会うほうがよっぽどいいさ。。」


私:

「・・・・

わかりました。。」




私はその後。。

Bちゃんのところに行って。。



私:

「Bちゃん、お義母さんから聞いたんだけど。。

施設に行ってみるの?」


Bちゃん:

「はい」


私:

「施設は、何回も言うようだけど。。

寝て過ごせないんだよ。」


Bちゃん:

「わかった」


私:

「昼間は起きて何か作業しなくちゃいけないんだよ。」


Bちゃん:

「はい」


私:

「何で行くって言ったの?」


Bちゃん:

「知らない。。」
 

私:

「・・・・・・・・・」


その後、数回。。

義母やBちゃんの旦那と話をしましたが。。




どんなことをする施設なのか体験してもらう。。






ということも含めて。。


施設の短期入所のサービスを受けることにしました。







励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

障害者支援施設の『短期入所』のサービスが受けられそうになりました。



障害者支援施設へ。。

短期入所を利用する為の契約をしに。。

統合失調症の双子の姉のBちゃんと2人で行った
時の続きです。

↓ ↓ ↓

障害者支援施設に契約をしてきたときの話


契約をしても、実際は施設の空きはありません。

Bちゃんが短期入所ができるとしたら。。


施設を利用している方が。。

”入院することになった。。”

とか。。

”自宅に一時帰宅することになった。”

というような場合に、部屋が空いた時だそうです。


そして。。

そのような時が。。


めったにない


ということでした。。


実際のところ。。

利用するのは難しいと思います。

↓ ↓ ↓

障害者支援施設というところに見学に行ってきました。


短期入所の部屋が5部屋あるのですが。。

同じ方がずっと利用しているのです。




横道にそれます。。



”短期入所”という名称なので。。

短い期間を。。

色々な人が施設を利用することでは。。


と思っていたのですが。。



なぜ。。





”短期入所”というサービスをずっと同じ人が利用
できるのか?



というと。。


福祉サービスを受けるために必要な。。

『障害福祉サービス受給者証』



短期入所というサービスを受けるのであれば。。

その受給者証に記載されてある項目の

”サービス種別”に

『短期入所』

”支給量”に

31日/月』




”支給量”は、1ヶ月に何日まで短期入所を利用して
いいですよ。。。


という意味なので。。


”支給量”を

31日/月

にすれば。。。



1ヶ月間ずっと短期入所を利用できるということ
になります。




ですから。。

短期入所ができる部屋を確保できれば。。

支給量を31日/月にしとけば。。

ずっと利用できるそうです。



ちなみに。。

Bちゃんの”支給量”は。。

5日/月です。




そして、支給量を31日/月に変更するのは。。

市役所で簡単にできるそうなのです。





話を戻します。


ということで、今回契約した障害者支援施設は、
同じ方がずっと短期入所の部屋を利用していて
空きがありません。



契約を終わらしたあと。。

早く帰りたがっていたBちゃんと帰ろうとすると。。



施設の方が私に。。

施設の方:

「実は、8月のお盆の前後に短期入所の部屋の
空きがでました。

1回ご利用されてみてはどうですか?」


私:

「えっ?

利用できるんですか?」


施設の方:

「利用者がお盆で自宅に戻ることになったので、
部屋に空きがでました。

短い期間ですが、この施設がどんなものか知る
機会だと思いますが」


いきなりの展開に少しびっくりしました。。


とりあえず、Bちゃんに。。


私:

「Bちゃん、どうする?」


Bちゃん:

「わかった。。。帰ろう。。」


ダメだ。。こりゃ。。






私:

「一旦自宅に戻ってから、本人と家族で話を
してから連絡します。。」






励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

検索フォーム
プロフィール

チョッペスト

Author:チョッペスト
統合失調症という病気は、抱えているひとも、家族も一生を覚悟して付き合わなくてはなりません。

とりあえず、私の過去からのことをまとめ、できれば皆さんと共有していきたいです。

最新記事
ランキングに参加してます
ランキングに参加してます
ご訪問いただいた方々
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ村ランキング
人気ブログランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。