統合失調症はいつかは回復するとい希望をもつということ - 統合失調症という病気と家族       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統合失調症はいつかは回復するとい希望をもつということ

昨日は、統合失調症のAちゃんが利用している。。


障害者地域支援センターでの忘年会がありました。




Aちゃんはこの忘年会に。。



ケーキが出るということで。。



非常に楽しみにしていました。





3種類のケーキの中から好きなケーキを選べ
たそうで。。




迷ったあげく、モンブランのケーキを選んだそうです。









『美味しかった~』



普段無表情のAちゃんの表情が、ほころびました。







今年一番よかった出来事としては。。




Aちゃんが、間違いなく統合失調症の症状が
良くなってきたことだと思います。




統合失調症を発症して。。


27年が過ぎ。。



去年までは、何も変化なく。。



寝たきりの状態が続きました。





それが。。



今年の1年は。。




別人です。





なぜ。。



統合失調症のAちゃんが。。



27年ぶりに病気が回復にむかったのか??



私なりに考えるのは。。




家族が、Aちゃんを頼るようになった・・




ということではないかと思っています。




Aちゃんは自分の存在価値に気づいた
のではないかと思います。




きっかけは。。




家事です。





このブログにコメント頂いた方からのアドバイス
により。。



今まで何もしなかったAちゃんに。。


自分が使ったお皿をかたずけることから始めて
もらいました。



それから。。



少しづつ。。



家族共有のスペースを整理することをAちゃんに
お願いし。。




Aちゃんがかたずけをしてくれるたびに。。



家族全員が、Aちゃんに感謝の言葉を伝えます。




そして。。



『Aちゃんがこの家にいるとみんなが助かる』



という言葉をキーワードにして声をかけました。




その積み重ねが。。



この1年間で。。



Aちゃんの統合失調症で寝たきりだった状態から。。



復活させてくれました。





1年前までは。。



・朝も決まった時間に起きてこない


・朝もずっとパジャマでいる


・朝の洗面もできない


・髪がぼさぼさのまま、パジャマで朝ご飯を食べる。


・朝ご飯食べたら、またその場で横になる。


・そのまま、昼ご飯まで横になっている。


・・・・・




そんな生活を送っていたAちゃんが。。




・朝はきちんと時間に起きる


・朝起きると着替えをする


・着替えたら、顔を洗って髪をとかす


・朝ご飯をゆっくり噛んで食べる


・朝ご飯を食べ終わったら、自分の皿を
 かたずけて洗う


・しばらく休むと、Xの部屋の掃除機をかける



・・・・





あらためて考えると。。






別人です。





Aちゃんに家事を教える私の嫁は、大変だったと
思いますが。。


Aちゃんの生活がここまで変わってくれたので。。



私の嫁も頑張った甲斐があったでしょう。




そして。。



Aちゃんも自分がこんなことができるようになった
と自分でびっくりしているのではないでしょうか。




あきらめないでよかったです。





27年ぶりに回復の兆しが見え始めたAちゃんの
様子を見て。。


私は、Bちゃんの旦那にも言います。




今も統合失調症で苦しんでいるBちゃんにも


いずれ。。


Aちゃんのようになる時もくるかもしれないので。。





希望



をもとう。。









励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

長い時間との闘いでもありますね

>なぜ。。
 統合失調症のAちゃんが。。
 27年ぶりに病気が回復にむかったのか??
 私なりに考えるのは。。
 家族が、Aちゃんを頼るようになった・・
 ということではないかと思っています。

〇おめでとうございます。
 忍耐でしょうか。正しく向かえば必ず回復するという信念でしょうか。
 私も総合失調症にかかかった部下をもったことがありますが、2年間、声かけ付き合った結果、回復しました。
 長い時間との闘いでもありました。
 草々

I love youとI need you.

「私はあるがままのあなたを愛しているよ」、
それは受容と忍耐です。
でも、「私にはあなたが必要なんだ」、
それは相手を生かす言葉です。

「何もしなくていいよ」は、時として、
「お前なんか居ても居なくても良い」
そういうメッセージを伝えます。

自分も家族の役に立てた。
家族もありがとうと言ってくれる。
それが皿洗いだろうが家事だろうが、
そんな些細なことが、
時にはその人に、
自殺を思いとどまらせ、
生きる希望になる、
そんな事も決して珍しくはありません。

Bちゃんは認知症ではありません。
「家に帰りたい」と電話してきたのは、
病院に飽きたのもあるでしょうが、
やっぱり家の方が良いからです。
本人がその気になったなら、
それを動機付けに利用することができます。

「家に帰りたいの?
 じゃあ、旦那さんと家族の手紙だけは読んでね。
 自分で読めないなら、
 病院スタッフに読んでもらって。」
すぐさま、ああしろ、こうしろと言うのは無理ですが、
本人にとって不愉快でないことなら、
帰りたい一心で、
嫌々でもやってくれるかもしれません。

手紙にこだわらず、
家族のメッセージを録音して、
聞かせてあげてもいいでしょう。
真心のこもった、
焦らず慌てず、
やさしいゆっくりとした口調で、
Bちゃんへの愛を語れば、
それはきっと通じると思います。

Bちゃんが好きだったCDなどと一緒に、
遅がけのクリスマスプレゼントか、
あるいはお年玉として、
そうしたことをご家族で考えて下さい。
Aちゃんに相談してみても良いかも。
何しろこれまで苦楽を共にしてきた、
唯一の姉妹なのですから。(^‿ ^)

Re: 長い時間との闘いでもありますね

ささげくんさん こんにちは。

ありがとうございます。

そうなんですか。ささげくんさんの部下の方は、声かけの成果がでたのですね。

その部下の方は、ささげくんさんが上司で本当に幸せだと思います。

私の場合家族ですが、家族以外、ましては仕事場の仲間が統合失調症という病気に
付き合ってもらうこととは無いと思います。

これも巡り合わせですね。

2年という長い時間と闘っていただいたささげくんさんには、統合失調症を
家族に持つ人間として、心から感謝させていただきたいです。

心温かいお話聞かせていただき、感謝致します。

Re: I love youとI need you.

motomasaongさん こんにちは。

ありがとうございます。

教えていただいた受容と忍耐は統合失調症
という病気をもつ家族には不可欠ですね。

”あるがままの自分を必要とされている”
という家族の思いがAの病気を回復の方に
むかわせていったと思っています。

本当に些細なことが大切なのだと感じ
ました。

Bのことについてのアドバイス、ありがとう
ございます。

Bが帰りたいという気持ちを利用したらいいかも
しれませんね。

書いた手紙は正直Bが読んだかどうか
(本人は読んだと言いますが)わかりません。

ただ、やり続けることは大事だと思っています。

motomasaongさんの提案は素晴らしいと思います。

何か家族で出来ることを考えて、Bへのメッセージ
を録音してみようと思います。

Aは照れ屋ですが、苦楽を共にしてきた姉妹
ですので、きっと一緒に考えてくれると思います。

Aも時間はかかりましたが、少し光が見えてきました。

その光がいずれBにも見えればいいとAは絶対に思って
いると思います。


温かいアドバイス感謝致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 良かったですね

匿名さん こんばんは。


全然大丈夫ですよ!

ただ、きちんとした情報を出したいので、
手帳を見てから回答しますので少し時間もらって
いいですか (^^♪

コメントありがとうございます。
検索フォーム
プロフィール

チョッペスト

Author:チョッペスト
統合失調症という病気は、抱えているひとも、家族も一生を覚悟して付き合わなくてはなりません。

とりあえず、私の過去からのことをまとめ、できれば皆さんと共有していきたいです。

最新記事
ランキングに参加してます
ランキングに参加してます
ご訪問いただいた方々
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ村ランキング
人気ブログランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。