我が家のこうもり事件 2 - 統合失調症という病気と家族       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のこうもり事件 2

こうもりが大の苦手なBちゃんの旦那と、

家の中にこうもりが入ってこないように
こうもりが入ってきそうな換気扇の出口の
すべてに鉄網を張る作業をおこないました。


鉄網を張る作業が終わると。。


Bちゃんの旦那は。。



満足そうな顔をして。。


Bちゃんの旦那:

「チョッペストちゃん、お疲れ様!!

これで、来年の夏から、こうもりに悩まされない
ですむよ!!」


私:

「・・・・・・

そうだね・・・・」




やっぱり。。


ちょっと。。

さっき換気扇の出口にいた。。


黒い物体=こうもり


が、奥に入っていったことが。。。



少~~~しだけ気になりましたが。。



すぐ忘れてしまいました。



その日の晩は。。


Bちゃんの旦那は。。


こうもりの悩みから解放されたので気分が楽に
なったのでしょうか。。


普段より増して。。


上機嫌で芋焼酎を飲んでいました。






次の朝。。



二日酔いぎみのBちゃんの旦那が私に。。



Bちゃんの旦那:

「昨日は飲みすぎたよ。

飲みすぎてくらくらしてるみたい。。

だって。。夜中に。。

屋根裏あたりから、がさがさと音が聞こえたんだ。

こうもりなんて、いるわけないのに。。

はははは・・・・・・(笑)」


私:

「・・・・・

そりゃ飲みすぎだよ。。

はははは・・・・(汗)」




(昨日見たこうもりだな・・・・・

もう。。

これ以上。。

動かないでおとなしくしてくれ!!)




と思いましたが。。


そんなことすぐに忘れてしまいました。





そして年が明けて。。




Bちゃんの旦那:

『うぎゃ~~~

こうもりだ~~~』






それを聞くと。。



また。。


子供達が。。



冷静に。。



「こうもりがいたみたいだね。。」


「相変わらず。。うるさいね。。」



新年早々冷たい対応です。




そして。。


新年早々騒がせた黒い物体です。

↓ ↓ ↓




無事に外に逃がすことができました。







励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ





関連記事

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

可哀想な子……

ここぞと言う時に、
病気になったり、
トラブルが多いX君。

慢性のストレス下にあると、
そう言う事が多くなります。
免疫機能が低下するからです。

せめて子供達には、
インフルワクチンを接種しておいてください。
13歳未満は10月下旬と11月下旬の2回です。

ただ、インフルは3月末まで流行しますから、
遅ればせに接種しても無意味ではありません。
2月中旬までなら接種する意味があります。

ストレスに曝されると、
交感神経が緊張し、
消化管の機能が低下します。

記憶力・判断力・集中力も低下し、
ポカミスやトラブル、成績低下、
学習・仕事能力も低下します。

集中力も低下しているので、
事故や怪我も多くなります。
昔からの諺もあります。

「泣きっ面にハチが刺す」
「二度ある事は三度ある」
どれもストレスの影響です。

また精神科医の本に、
「虐待やネグレクトを受けている子は、
 病気になりやすく脆弱だ」とあります。

X君の運が悪いのではありません。
X君が不注意なのでもありません。
X君が霊や神仏や先祖に祟られているのでもない。

彼の慢性的な気遣いやストレス、
寂しさや悲しみや気苦労、
独りぼっちであること。

これらがX君の不幸の原因です。

言うまでもなく、
家族の誰にも、
お母さんにも責任はありません。

病気だから仕方がないのです。
誰のせいでもありません。

そのX君の不幸が、
鳥の糞程度、
インフルエンザ程度で済んでいるのは、
ご家族の協力と愛情があるからこそです。

鳥の糞ぐらい誰でもやられることがあります。
誰でもインフルエンザにかかる事ぐらいあります。
「誰でもそんなことぐらいあるから、
 心配しなくていいよ」
そう本人に言ってあげましょう。

決して、
「お前は運が悪いな」と、
言わない事。
子供の記憶に焼き付き、
悪い暗示になります。
「僕は運が悪いんだ」ってね。

Re: 可哀想な子……

motomasaongさん こんばんは。

ありがとうございます。

ここぞと言う時に、 病気になったり、
トラブルが多いXですが、 慢性のストレス
で、 免疫機能が低下してそう言う事
が多くなることがあるのですか。。

Xは便秘もひどく(最近は呼吸法をこのブログに
コメントをいただいた方から教えていただき、
改善傾向にありますが)、ぼーっとしている
ことが多く、話をあまり聞きません。

それもストレスの影響かもしれませんね。


インフルエンザについての詳しい情報を教えて
いただきありがとうございます。

子供達のインフルエンザの予防注射は、毎年受け
させており、去年は11月上旬に1回目、2週間あけて
11月下旬に2回目の接種を終えました。


精神科医の本に虐待やネグレストを受けている
子は、病気になりやすく脆弱と書いているのですか。。

虐待やネグレストを受けると、周りに慢性的に気を
遣ってストレスを感じ寂しさや悲しみや気苦労、孤独感
で、Xの健全な心と身体の機能を奪っていき、不幸に
なっていくのかもしれません。

私達家族がどの程度、Xのストレス、寂しさ、悲しみ、
気苦労、孤独感を取り除くことができるかわかりませんが、
精一杯のことはしようと思っています。

最近、Xは自分は運が悪い人間だと思っている感じが
します。(私の思い過ごしであればいいのですが)

Xのネガティブな気持ちを取り除くためにも、motomasaongさん
のおっしゃる通り、「誰でもそんなことぐらいあるから、
 心配しなくていいよ」という声かけは必要ですよね。
そして、Xの悪い暗示にならないように気を付けてXと話す
ことも肝に銘じます。

毎回参考になるアドバイスをいただき助かっています。
心から感謝致します。
検索フォーム
プロフィール

チョッペスト

Author:チョッペスト
統合失調症という病気は、抱えているひとも、家族も一生を覚悟して付き合わなくてはなりません。

とりあえず、私の過去からのことをまとめ、できれば皆さんと共有していきたいです。

最新記事
ランキングに参加してます
ランキングに参加してます
ご訪問いただいた方々
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ村ランキング
人気ブログランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。