糖尿病に問題ない饅頭?? - 統合失調症という病気と家族       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病に問題ない饅頭??

今週は。。

調子が悪くなった、統合失調症の双子の妹の
Aちゃんは、自宅で横になっています。

横になっているだけで、自傷行為はおこしません。


最近状態が良かっただけに、元気がないのが心配
ですが。。


Aちゃんと仲の良い、近所に住む統合失調症の叔母
がAちゃんをドライブに誘ってきました。


叔母の統合失調症の調子が良くないかもしれま
せんので。。

叔母が車を運転することには、私は反対でしたが。。


叔母は聞く耳もちません。



Aちゃんも叔母に誘われるがまま。。


ドライブに行ってきました。




ドライブから帰ってきた、統合失調症の叔母と
Aちゃんは。。


ドライブの途中で寄ってきた店で
沢山の饅頭を買ってきました。







叔母もAちゃんも。。


2人とも。。



糖尿病です。


甘い食べ物は、控えなければいけません。




Aちゃんが、嫁に。。



Aちゃん:

「●●ちゃん(叔母)が昼に饅頭食べろって。。

言うから食べていい?」


嫁:

「えっ?

もうお昼ご飯の準備したから、作ったご飯食べて。」


Aちゃん:

「だって、●●ちゃん(叔母)が饅頭食べろって言
うよ。。」


嫁:

「●●ちゃんには、きちんと話すから。。

Aちゃんは、用意したご飯食べて。。」




私の嫁が叔母に話をしに行くと。。



買ってきた饅頭は、糖尿病には問題ない。。



とのことでしたが。。



嫁が確認したところ。。



どうみても。。


普通に。。あんこが入った饅頭でした。



叔母が何を根拠に。。


糖尿病に問題が無いと言ったのか。。


病的なことでなければいいのですが。。




糖尿病の薬の副作用で。。


身体や顔が膨れ上がっている叔母は。。


その饅頭を無心に食べていたそうです。





励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

叔母さんも糖尿病だったんですね。Aちゃんもだし。統合失調症は糖尿病になりやすいから俺も気をつけなきゃ(^^;)糖尿病悪化させないように気を配るの大変ですね。叔母さん運転できるんですねー凄いな!ドライブは気分転換にいいからAちゃんもよかったですね!事故が気になりますよね(>_<)

自分が饅頭を食べたかっただけ(笑)

じいさんやばあさんで、
お嫁さんがどんなに言っても、
御飯前や寝る前の孫に、
チョコレートや甘い物を、
無責任に食べさせる人がいます。
別に心の病だからではありません。
お嫁さん、即ち母親の正しい言葉に、
聞く耳を持たないからです。
要するに我がまま勝手な人間なだけ。

「あなたは糖尿病ですから、
 甘いお饅頭などは、
 控えなければだめですよ。」

この親切なお医者さんの言葉を、
誰一人として聞こうとしないから、
現在一日置きに透析を受けている腎不全の患者や、
足が壊死して切断するような患者のうち、
大多数が糖尿病なのです。
別にこの患者さん達が、
心の病であるわけではありません。

「何を考えているんだ」

そう思うのは知らない方だけであって、
患者はただ何も考えず、

「お饅頭を食べたい」と、

お腹のすいた犬か何かのように、
本能あるいは欲望に忠実に従っているだけです。(笑)

人間のほとんどは、
自制心や理性などこれっぽっちもありません。
そんなものがあったなら、
瞬時に戦争も貧しさも、
この世からきれいさっぱり消えるでしょう。(笑)

叔母さんが何故、
糖尿病と知りながら、
Aちゃんに饅頭をくれたのか?
自分が食べたかったからです。

自分だけが怒られるのは嫌だから、
「糖尿病でも食べられる」と、
嘘をついただけです。
それは決して、
統合失調症が悪化したからではなく、
むしろ人間としての、
「知性」が働いたからです。(笑)

ただこうしたお粗末な「知性」は、
大抵、自他共に不幸にします。

また、普段から甘い物を止められていると、
お酒の好きな人がお酒を止める、
あるいは趣味に夢中な人が、
その趣味を止めるようなもので、
気が狂うほど甘いものや、
お酒が欲しくなるものです。(笑)

従って完全に甘い物を止めさせるのではなく、
少しおやつとして与える代わりに、
そのカロリーの分のご飯を減らせば良いです。
もちろんお砂糖は良くありませんから、
人工甘味料を使って、
御自宅でお菓子を作ってさしあげると良いでしょう。

「絶対だめ!」とせずに、
低カロリーで、
人工甘味料で美味しいおやつを作ってあげれば、
叔母さんもAちゃんも、ご家族も、
太らず糖尿病を心配せずに、
楽しくおやつを楽しめますよ。

余りにも厳し過ぎると、
また変な宗教に走ったり、
隠れて甘い物を食べ、
「可哀想なAちゃん」にも、
こっそり食べさせるのが目に見えています。

なお人工甘味料については、
主治医の先生に確認してください。(^‿ ^)

No title

こんにちは。

文章を拝見した限りですが、お饅頭について叔母様はわかってて、
仰られているようにも感じました。

統合失調症の「正常な判断ができなくなっている」というのとは、
違うように思えます…。

食べたい欲求を自制をする事が出来ず買ってしまったけれど、
何か言われるのはわかっているので正当化しようとした、
という結果なのではないでしょうか。

病気の症状であったなら「自分でもなんで買ったかわからない」
という風な反応が返ってくるような気がします…。

これはあくまで同じ病気である自分や他の患者さんを見た経験則の意見です。

周囲から見たらやはり心配な行動ではあると思いますので、
お医者様からのご意見が一番安心かとは思います。

Re: タイトルなし

アッキーさん こんにちは。

ありがとうございます。

そうなんですよ。叔母もAも糖尿病なんですよ。
Aも一時期は失明になりかけたほどひどかったのですが、
食事を注意することで落ち着きましたよ!

私も、お酒を飲みますし、糖尿病は他人事ではありません。
お互いきをつけましょうね!

叔母が車を運転するのは、高齢でもあるので、いつも反対
しているのですが、言うことを聞かないんですよ。

今日も、Aを連れてドライブに行っています・・・

Aは、ルンルン気分で行きましたよ(T_T)/~~~

温かいコメント感謝致します。

Re: 自分が饅頭を食べたかっただけ(笑)

motomasaongさん こんにちは。

ありがとうございます。

叔母は、食べ物の欲求を抑えるのが難しそうです。

Aの場合、私の嫁がきてから、食事の
管理をしているのですが、叔母は一人暮らし
ですし、管理してくれる人がいません。

私の家に叔母が来た時、家にあるものを
ちょこちょこ食べていました。

常に何かを口に入れている叔母をよく嫁が注意しているので、
叔母も「知性」が働き、「糖尿病でも食べられる」など
と言ったのかもしれませんね。

私自身、 自制心や理性などこれっぽっちもありません。

なので、叔母に饅頭を食べない方がいいと言うことに
ひけめを感じます。自分が叔母の立場なら、叔母と
同じように、節制しないと思うからです。

食べたいもんが食べれないのは、本当に可哀想だと
思います。

それを少しでも、回避するために、完全に甘い物を
止めさせるのではなく、 少しおやつとして与える代
わりに、 そのカロリーの分のご飯を減らせば良いの
ですね。

人工甘味料というものがあるんですね。
今度、主治医に聞いてみます。

おっしゃる通り、叔母にあまり厳しいこと言って、
宗教にのめりこんだりしたら困るので、色々、
試してみます。

参考になるコメント感謝致します。

Re: No title

環七クロウさん こんにちは。

ありがとうございます。

コメントをいただき、私も叔母が、自分が食べたい欲求
を自制できずに、つい買ってしまった饅頭を他の家族に
何も言われないように正当化してしまったのかもしれない
と思えてきました。

叔母が、子供騙しのような嘘をつかなくてはならない
ということは、私達が普段から叔母にうるさく言いすぎ
なのかもしれません。叔母もストレスが溜まっている
のでしょう。

叔母の糖尿病の数値が安定すればいいのですが、
食事がよくないのか、今だ不安定です。

最近、叔母が心の病気か、認知症なのか、物忘れが
ひどいのか、元々の性格なのか、グレーゾーンの
行動が目につくようので、家族も少しナーバス
になっているところもあります。

おっしゃる通り、やはり、主治医に相談するのが
一番安心ですよね。

参考になるご意見感謝致します。
検索フォーム
プロフィール

チョッペスト

Author:チョッペスト
統合失調症という病気は、抱えているひとも、家族も一生を覚悟して付き合わなくてはなりません。

とりあえず、私の過去からのことをまとめ、できれば皆さんと共有していきたいです。

最新記事
ランキングに参加してます
ランキングに参加してます
ご訪問いただいた方々
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ村ランキング
人気ブログランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。