統合失調症の叔母が病識がないことが心配です。 - 統合失調症という病気と家族       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統合失調症の叔母が病識がないことが心配です。

近所に住む統合失調症の叔母は。。

自分が統合失調症という病識を持っていません。


叔母は、姪である統合失調症のAちゃんと同じ
メンタルクリニックに通院していて、主治も同じ
です。

私は、叔母とAちゃんを一緒に病院に連れて行って
いました。


通院しているメンタルクリニックの主治医も。。

Aちゃんと叔母を一緒に診察室に呼んくれるので、

毎回。。


私(もしくは嫁)とAちゃんと叔母の3人で診察室
に入ります。


そこで、叔母とAちゃんが診察を受けるのですが。。



主治医:

「●●さん(叔母)、調子はどうですか?」


叔母:

「大丈夫です。」


主治医:

「Aさん、調子はどうですか?」


Aちゃん:

「大丈夫です。」



と40日に1回程度の、同じような診察を受けます。


診察が終わると、叔母はAちゃんに。。


叔母:

「よかったなA。これからも病気を治すように
がんばるんだよ。」


Aちゃん:

「わかった。。」


叔母;

「お前が治れば、私もお前を(病院に)連れて来ずに
すむから。。」


私:

「・・・・・」



叔母は、Aちゃんの統合失調症の病院に付き添いで
きている感じです。


叔母は。。


精神科で治療している自覚はありません。


以前、統合失調症で入院したことも。。

祟りだと思っているからです。






私は。。

以前。。


主治医に叔母の現在の病気の状態を聞いて
みたら。。


「安定してはいるけど、服薬は継続したほうがいい。。」


と言われていますので。。



病識がない、叔母が自分の意思で、勝手に服薬を
やめることを恐れています。





励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

というより、やはり年齢による認知症などで服薬ができなくなることはあり得ますよね。これは統合失調ではない人でもおきがちなことです。
でもだからといって今更病気を理解できるお年だとも思えません。問題なのは、それでAさんが悪影響を受けることです。
私なら病院にご一緒していただくことをだんだん減らして、叔母さまからの影響を最小限にもっていくと思います。
叔母さまには高齢福祉の方から地域包括に相談して、何らかの介護認定もしくは介護予防のサービスを受けるようにしていただいてはどうでしょう。そういう方達とも面識をつないでおくと、運転をあきらめてもらうためのアドバイスなども受けられますよ。

難しいですね。

病識の欠如は、
統合失調症では最も有名ですが、
「正常な人」でも、
病識が欠如している人は数えきれません。

病識とは、
自分の考えや言動が、
常軌を逸しているという、
自覚の事です。

つい先日も、
ちょっと可愛い女優さんが、
カルト教団「幸福の科学」に、
入信すると決めました。

自己輸血ですら禁ずるカルト、
エホバの証人の場合、
子供でさえ、
「輸血せずに死ぬ」と言う事が多いのです。

アフリカのかなりの地域では、
いまだに女性の割礼を行い、
難産で母子ともに、
大量に死亡しています。

桜田純子が、
同じくカルト教団、
統一教会に入信したことも、
まだ覚えている方がいるでしょう。

糖尿病なのに、
一切医者の言う事を聞かない人も、
結局は同じ事です。
自己修正する気がないから。

以上のように、
「病識の欠如」は、
実は統合失調症の専売特許ではなく、
普遍的な人類の病です。

こうした方々を説得するのは、
まず不可能です。
叔母さんには、
好きなように言わして置けば良いでしょう。

気にしても仕方がありません。

現実的に困るような、
押し買い詐欺や食事の管理の場合、
最後は有無を言わさずに強行する、
それしかないと思います。

まともな意見が通らないなら、
喧嘩するしかありません。
暴力はダメですが、
言葉と態度では絶対に引き下がらない事。

例えば宗教なら、
「絶対に行かないし、
 びた一文出さない!」と、
家族全員で毅然として突っぱねましょう。

疲れますが、
こんな事ぐらいは、
どこの家庭でも親子間でもある事です。
仕方がありませんね。

Re: No title

rie530さん こんにちは。

ありがとうございます。

なるほど、病識がなくて服薬をやめるというより、
認知症で服薬できなくなるということも考えられますよね。

Aは、叔母の影響うけやすいです。

1人で決めることができないAの相談相手は、
義母か叔母です。

叔母が間違ったことをAに指示しても困ります。

おっしゃる通り、病院に一緒にいくことを徐々に
減らしていくほうがよいかもしれません。

せっかく、ご助言いただいたのですが、叔母は自分が
行政のサービスを受けることを極端に嫌います。

昔からだそうです。

高齢にもなってきているので、今のままでは、
良くないと思っています。

参考になるアドバイス感謝致します。

Re: 難しいですね。

motomasaongさん こんにちは。

ありがとうございます。

病識とは、自分の考えや言動が、
常軌を逸しているという、
自覚の事なんですね。

そう考えれば、色々な方がいますので、「
病識の欠如」は統合失調症だけでなく、
普遍的な人類の病だと考えられます
よね。

今更、高齢の叔母の行動や言動を
注意することは難しいので、
おっしゃる通り叔母の
好きなようにさせるしかないと
思います。

Aに対しての悪影響や、
叔母の財産や命などの身体に
関わることだけは、
注意していこうと思います。

叔母は、短気なので、
喧嘩は避けられないでしょうが、
家族全員で毅然とした態度を
とらないといけませんね。

そうですよね。こんな事は、
どこの家庭でも
親子間でもある事ですよね。

いちいちマイナス思考に
なっていても
仕方ありませんので、
先ほどの通りやって
いこうと思います。

参考になるアドバイスしていただき、
感謝致します。
検索フォーム
プロフィール

チョッペスト

Author:チョッペスト
統合失調症という病気は、抱えているひとも、家族も一生を覚悟して付き合わなくてはなりません。

とりあえず、私の過去からのことをまとめ、できれば皆さんと共有していきたいです。

最新記事
ランキングに参加してます
ランキングに参加してます
ご訪問いただいた方々
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ村ランキング
人気ブログランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。