統合失調症で入院している病院のリンゴジュース - 統合失調症という病気と家族       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統合失調症で入院している病院のリンゴジュース

昨日、統合失調症入院している双子のBちゃん
の面会にBちゃんの旦那が行ってきた時の出来事
です。


面会室に入ると。。


看護師さんが。。


大きな荷物を持ってやってきました。





その荷物の中身は。。

↓ ↓ ↓








リンゴジュース




看護師:

「すみませんが。。

これ、自宅に持って帰ってくれませんか?」


Bちゃんの旦那:

「なんすか?これ?」


看護師:

「Bさんのジュースです。」


Bちゃんの旦那:

「ジュースはわかるのですが。。

こんなに沢山のジュース。。

どうしたんですか?

家族が買ってきたやつじゃないですよね?」


看護師:

「ここの病院では、休憩用に皆さんにジュースを
配るのですが。。

Bさんは、絶対に飲まないのです。」


Bちゃんの旦那:

「えっ。。

このリンゴジュースはママが大好きなジュース
なんですけど。。」


看護師:

「そうなんですよ。。

私達も、Bさんから好きな飲み物を聞いて、用意
したのですが。。

一切飲まなくて。。」


家族:

「・・・・・」


看護師:

「おやつの時間には、入院している患者さん全員に
お配りしているので。。

皆さんの飲み物を用意するときは。。

Bさんにも飲みたいものを聞いているのですが。。

いつも、同じリンゴジュースが欲しいと言うので、
それを用意するのですが。。

コップに注ごうとすると。。

『今は飲みたくない。。』


と言って。。


毎回、部屋に持って行ってしまい。。」


家族:

「・・・・・」



看護師:

「私達が、Bさんにジュースを飲んだか聞くと。。

本人は飲んだ。。

と言ってるのですが。。

棚の奥に隠したりしているのです。」




Bちゃんの旦那がBちゃんに。。


Bちゃんの旦那:

「ママ、なんでそんなことするの?」


Bちゃん:

「別に。。」


Bちゃんの旦那:

「このジュース、ママの好きなジュースだろ!

1本置いていくから、せっかくもらったんだから
飲むんだよ!」


Bちゃん:

「いらない。。

全部持って帰って。。」


Bちゃんの旦那:

「なんで?」


Bちゃん:

「別に。。」


Bちゃんの旦那:

「理由言えよ。

飲まないなら、今度から看護師さんにはじめから
いらないって言えよ!」


Bちゃん:

「わかった」


Bちゃんの旦那:

「そして、このジュースは1本は置いていくから。。」


Bちゃん:

「いらない」


Bちゃんの旦那:

「今日、俺が持ってきたジュースも同じジュース
じゃん!」


Bちゃん:

「持ってきたジュースは頂戴」


Bちゃんの旦那:

「一緒のやつだよ!

病院からもらったジュースから飲めよ!」


Bちゃん:

「やだ!

持ってきたジュース頂戴」


Bちゃんの旦那:

「なんでだよ!」


Bちゃん:

「・・・・・

こっちはが入ってるから。。」



看護師:

は入ってないですが。。

このジュース持って帰ってください。」


Bちゃんの旦那:

「・・・・・

すみません。。

わかりました。」







励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

毒入り

毒入りリンゴジュースだと被害妄想がでてBさんは飲まなかったのですね。僕も被害妄想にやられそうです。僕はあとから被害妄想だと気づけてるので大丈夫なんですが僕も薬に毒入れられたとか毒の被害妄想多いです。僕の担当医が被害妄想の時は薬より運動のが効くと言ってました。定期的な運動がよさそうです(・∀・)

つづき

Bさんは家族の事信用しきってるからBさんは家族の持ってきたリンゴジュースは安全だと。病院のは毒入れらたっていう被害妄想が(>_<)

御主人だけは信じておられるのですね。

以前から思っていましたが、
チョッペストさんのご指摘通り、
Bちゃんの御主人は、
つくづく良い方ですね。

奥さんの病気が治れば、
X君にしっかりして欲しい、
考えているのはそれだけ。

御主人の心の中に、
御家族への愛情しかないから、
猜疑心と幻聴に苦しむBちゃんも、
御主人の持って来たジュースだけは、
「大丈夫」と思えるのでしょう。

人間は誰でも、
腹を立てたり、
意地の悪い事を考えたり、
腹黒い事を思うものです。
Bちゃんは人一倍それがわかるから、
「毒が入っている」と思い、
誰も信じられない。

Bちゃんの言う「毒」は、
人の心と体を蝕み、
ついには死に至らせる、
悪意、嫁への妬み、
意地悪、弱い者いじめ、
夫の横暴、思いやりのない家庭、
嘘や傲慢や腹黒さ、
きっとそれらの物でしょう。

Bちゃんのように、
悪意が支配する機能不全の家庭で育つと、
やがて取り込まれた悪意が、
自分にもしみついてしまい、
自分自身の人格の一部になってしまいます。

自分の中から聞こえる幻聴。
裏切りや悪意や猜疑心をささやく声、
その正体は幼い頃からの家族の声と思いですが、
悲しい事にそれが自分自身に取り込まれ、
自分自身を蝕んでいるのです。
自分が自分にとって危険で残酷だということ。
何という悲しい事でしょう。

Bちゃんには今の御家族だけが、
真っ暗闇のかすかな希望の光です。
可哀想に。

Re: つづき

アッキーさん こんばんは。

ありがとうございます。

そうなんですよ。Bは病院で買ってもらったリンゴジュースを
毒入りだという被害妄想から飲まなかったのです。

アッキーさん、AもBも薬に毒を入れられていると言っていました。

AとBの場合は、薬をティッシュに包んで家族にわからないようにして
ゴミ箱に捨てていました。

アッキーさん、被害妄想の時は運動が効果があるのですね!
良い情報を教えていただきありがとうございます。

ぜひ、参考にさせていただきます!

病院でいただいたジュースも毒が入っている
という被害妄想がひどいので、Bも少しは運動
したほうがいいのでしょうが、今のところ寝て
いることが多いみたいです。

しかし、私達家族は、焦らず見守っていきます。

いつの日か被害妄想も軽くなる日がくることを信じて
います。

参考になるコメント感謝致します。

Re: 御主人だけは信じておられるのですね。

motomasaongさん こんばんは。

ありがとうございます。

そうです。
Bの旦那はとてもいい人だと思います。

Bは、3回目の入院からは、今まで以上に
自分の旦那のことを頼るようになりました。

旦那がBのことをものすごく怒鳴っても、
Bは旦那のことを頼ります。

もちろん、Bの旦那もBが毎日しつこく
電話してきて、何度も怒鳴ったりしてい
ますが、毎週の面会は必ず行きます。

今、Bにとっては、旦那が心の支えになって
います。

おっしゃる通り、Bは他人を信じられない
ようになっています。

家庭環境の影響というのは本当に恐ろしい
です。悪い環境が自分にもしみついてしまい
人格の一部になってしまう。。私もそうでは
ないかと思います。

そして、自分自身を蝕んでしまう。。

本当に可哀想です。

人として普通のやり取りができないBは、
今本当につらいと思います。

家族としては、やれることは
諦めずにやっていきます。

Bも頑張っているのですから、
家族もやれるだけはやります。

いただいたコメント通り、Bが
私達家族が少しでも希望であれば
それに何とか応えてあげたいです。

参考になるコメント感謝致します。
検索フォーム
プロフィール

チョッペスト

Author:チョッペスト
統合失調症という病気は、抱えているひとも、家族も一生を覚悟して付き合わなくてはなりません。

とりあえず、私の過去からのことをまとめ、できれば皆さんと共有していきたいです。

最新記事
ランキングに参加してます
ランキングに参加してます
ご訪問いただいた方々
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ村ランキング
人気ブログランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。