人の寿命 - 統合失調症という病気と家族       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の寿命

義母が癌の検査を受けていると。。


亡くなった義父のことを思い出します。



私は。。


義父が亡くなる少し前に、
同居するように言われました。



その時の義父は。。


身体の調子はよくなかったのですが。。



すぐに寿命が尽きるような状態ではありませんでした。




が。。



同居する決断をして。。




色々と同居の為の準備を数ヶ月
かけてしているうちに。。



突然亡くなってしまいました。


結局。。


私が家に入ったのは。。


義父が亡くなった後です。


同居したら、沢山義父と話しをしようと
思っていましたが。。



できませんでした。




人の死は、いつくるかはわかりません。



そのことを頭にいれて。。


これからは冷静に行動しようと思います。
関連記事

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

それで良かったと思います。

お父さんは、
お母さんへの嫁いじめを、
黙認していたどころか、
恐らくはそれを助長していた、
調本人です。

チョッペストさんに見せていた顔と、
お母さんにむき出しにしていた顔とは、
別物です。

もしお父さんが生きているうちに、
チョッペストさんが同居し、
仲好くなっていたら?
お母さんは忸怩たる思いになったでしょう。

同居の場合、
奥様の実家の主は、
今ではお母さんです。

お父さんが存命中に、
もしチョッペストさんが同居していたら、
お母さんがチョッペストさんに、
わだかまりを持った可能性が高いですよ。

AちゃんとBちゃんの発病の原因が、
嫁いじめとそれを助長していた、
実父にあることは、
どうしても否定できません。

正直に言いましょうか?

もしもお父さんが、
チョッペストさんとの同居を望んでいたなら、
「そんな資格はない」
それが本当だったのかも知れません。

自分の奥さんを同居させ、
いじめ放題に母親にいじめさせ、
自分も黙認していた夫。

チョッペストさんは人が良いから、
同居に同意されましたが、
お父さんの考えたことは、
あまりにも虫が良すぎると思います。

そりゃ、自分が死ぬ前に、
娘婿が同居に同意してくれれば、
親なら「しめしめ」と思うでしょう。
でもそんな資格があったとは思えません。

自分が散々嫁いじめしてきた姑が、
孫の嫁とも同居する積りでいたら、
急に死ぬ。
そんな事を何回か見てきました。

あまりにもむごいことをし続けていると、
自分が本当に弱った時、
老いたり病気になった時、
希望を打ち砕かれることがあるようです。

他人様の一人息子を、
同居させる。
相手の親御さんの事を思えば、
それは大変なことです。

お父さんは存命中に、
一言でもチョッペストさんに感謝しましたか?

「自分は嫁にひどい事をした。
 そのせいで娘も心を病んでしまった。
 あなたは娘を大切にしてくれ」

そう言う資格がお父さんにあったでしょうか?
少しは反省していましたか?
自分の思い通りにしてきただけだったのでは?

私の母方祖母は、
姑、小姑、出戻りに、
三人がかりでいじめられ、
身体が弱り、
54歳で死にました。

夫は終始、
見て見ぬ振りをしていました。
男には何でもないことでも、
女性には酷いことが、
日本にはあまりにも多いのです。

No title

親が死ぬと言うことは途方もないないことです
義母様でも、同じだと思います
薫子の場合せいせいしましたがね
兎に角、いつ来るか分からないので
お世話して差し上げて下さい
後悔しないように
でも、死んでしまっても、どんなにしても
後悔は残りますが、父の死から16年
やっと(笑)話になりましたがね

むかしむかし

昔むかし。和尚さんが旅の途中一軒の家に泊めてもらい、翌日、泊めてもらったお礼に一筆。色紙には「親死ぬ 子死ぬ 孫が死ぬ」と書かれてあり、家主は、なんと恐ろしい!まったくお礼になっていない!と憤慨。でも。この言葉は本当にお礼の言葉で、歳の順に亡くなれるのはとても幸せなこと。・・といった内容のは話を昔聞いたことがあります。記憶が曖昧で、正しい昔話ではなくてすみません。なにはともあれ、回復に向かいますように。痛みなく穏やかな日々を過ごせますように。お大事にされて下さい。

Re: それで良かったと思います。

motomasaongさん こんばんは。

ありがとうございます。

義父は、私にとって優しい方でした。

もしかすると、普段、家庭で見せていた素顔
とは違うかもしれません。

そして、その義父と同居していたら、義母の
心境も今とは違うかもしれませんよね。

確かに、義父は昔ながらの日本の父親。。
という人物だったと思います。

そういう生き方をしていた義父は、晩年は、
自分の死後の子供達のことを気にしていました。

同居はしていなかったのですが、帰省するたびに
義父と2人の時、そういう話をしてました。

そして、同居の決断は私がしたので、悔いは
ありません。(というかできません)

私の義父との同居準備の遅さに対する後悔を
分析していただきありがとうございます。

義父が考えていたことや言ったことについての
資格については、motomasaongさんのおっしゃる
通りかもしれませんが、自分の心の中にしまって
おこうと思います。

motomasaongさんのお話は支えになります。

”夫は終始、
見て見ぬ振りをしてきた。。。

男には何でもないことでも、
女性には酷いことが、
日本にはあまりにも多い。。”


私も気をつけます。


参考になるコメント感謝致します。

Re: No title

薫子さん こんばんは。

ありがとうございます。

私は実の両親が健在ですが、いつかは覚悟しなくては
ならないことですよね。

そしていつそうなるかわからないですよね。

できることはやろうと思います。

薫子さんのお話参考になります。

ありがとうございました。

Re: むかしむかし


ちゃきさん こんばんは。

ありがとうございます。

”歳の順に亡くなることはとても幸せなこと”

子供をもつ親として心からそう思います。
そして、次に亡くなるのが義母だとすれば、
誤解を恐れずに言えば、幸せだと思います。

もちろん、死が少しでも遅くなることが
望ましいのですが。。

ありがたいお話、そして心温かいコメント
感謝致します。
検索フォーム
プロフィール

チョッペスト

Author:チョッペスト
統合失調症という病気は、抱えているひとも、家族も一生を覚悟して付き合わなくてはなりません。

とりあえず、私の過去からのことをまとめ、できれば皆さんと共有していきたいです。

最新記事
ランキングに参加してます
ランキングに参加してます
ご訪問いただいた方々
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ村ランキング
人気ブログランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。