統合失調症の家族の受け止め方 - 統合失調症という病気と家族       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統合失調症の家族の受け止め方

統合失調症という病気には。。

環境の変化は良くないと書籍などに書いています。


統合失調症を発症して。。


理想的な毎日の過ごし方としては。。


・食事

・服薬

・散歩

・就寝

などできるだけ同じことを同じようにすることが
大事だそうです。


新しいことの少ない繰り返しの毎日が、精神的な
混乱と不安を本人から取り除き、安心させ、気持ち
を和らげるそうです。



前から思っていたのですが。。



6年前に私が統合失調症の双子のAちゃんと
Bちゃんと一緒に暮らし始めました。



他人が一緒に暮らすことは、とても大きな環境の
変化だと思います。



こんな大きな環境の変化を作ってしまったのは。。


統合失調症には。。


良くなかったかな。。



と考えることがあります。



統合失調症のBちゃんが。。



統合失調症と診断されたのは、私が家に来て
一緒に住み始めた後の話です。



当時、統合失調症について知識がなかった私は。。



私と嫁とBちゃんの旦那と3人で、色々なことを
試みてみました。


Bちゃんが行きたくないと言った病院を受診
させたり。。


Bちゃんが行きたくないと言った、障害者センターに
行ったり。。


Bちゃんが行きたくないと言った、短期入所の体験を
させたり。。



結果は。。


今でも精神科に入院しています。





もともと。。


私がいなかった、この家は。。


義母や義父の統合失調症の双子に対する
接し方は。。



双子の意思を最大限尊重するものだったと思います。




食べたい物をいくらでも食べさせ。。



生活も自由気ままにさせていました。



もしかすると。。



私がこの家に来なかったら。。


Bちゃんは、今は入院などせずに家にいたかも
しれません。




私がいなければ、義母は、Bちゃんが家の中を
裸でうろついても。。


立ってご飯を食べようとも。。



飲み込むようにご飯を食べて、すぐに吐き出しても。。


幻聴に左右され、家で暴れたりしても。。



ありのままのBちゃんを受け止め。。


入院などさせずに。。



家にずっといさせたと思います。





実際。。


義母と義父の。。



統合失調症のAちゃんに対する接し方がそうでした。



そのAちゃんは。。



統合失調症を発症してから30年近く経った現在。。



回復の兆しが見えはじめました。




これも、義母や義父のありのままのAちゃんを
受け止め。。


辛抱強く見守ってきたからではないでしょうか。






統合失調症になった家族のありのままを
受け止めること。





大事だと思います。





私は、Bちゃんの人生を狂わしてしまったかも
しれません。








励みになります。。。
よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

励みになります。。。
よろしければ、ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

いいえ、違います。

強盗殺人や売春宿の経営を、
なりわいとする家族が居ました。
皆、幸せ一杯でした。

ところが保安官が変わり、
全員逮捕、投獄されました。
首謀者は死刑になった。

家族は罪深い暮らしを、
嫌々辞めたのです。
「けっ、昔は良かったのに!」

「あの保安官のせいで、
 俺達は不幸になったんだ!」
そう思いましたが犯罪は犯さなくなりました。

悪いのはどっちです?
この悪辣な家族か、
それとも保安官か?

チョッペストさんが居なければ、
AもBも、
異常な家族と居て狂ったままだった。

チョッペストさんなしでは、
子供達はまともに育たなかった。
奥さんも結婚できなかった。

義父とその母親の悪意と残忍性が、
AちゃんとBちゃんの狂気の原因です。
二人がまともなるようにしたのはチョッペストさんですよ。

Bちゃんが治らないのは、
義父とその母のせいです。
100%ね。

義父の母が長生きしていたら、
義母が自殺していた可能性もある。
義父と母が早く死んだから良かったのです。

ガン細胞は義父とその母でした。
チョッペストさんは家族を救うために、
必死に試行錯誤しただけ。

どんな心を病んだ患者の治療も、
これはという物はありません。
医師も家族も試行錯誤するしかありません。

最も大切なのは、
「こんな異常な事ではだめだ。
 まともに生きるようにしなければ」

そういうチョッペストさんのような、
正常な価値観とまともな家族愛なのですよ。

チョッペストさんこそが、
この不幸な家族を救ったのです。
決して勘違いしてはいけません。

あなたが迷うと、
状況が悪化しますよ。
心ある保安官で居続けて下さい。

初めまして

チョッペストさん、初めまして。
いつも記事を読まさせて頂いてます。
今回の記事を見て、心配になりコメントさせて頂きますね。

チョッペストさんは、Bちゃんのことを思って行動したのだと思います。
確かに、統合失調症と言う病気に対する知識が少なかったのかもしれません。
もし、ありのままのBちゃんを受け止めていたとしても改善できたかは分かりませんし、症状が悪化したかもしれません。
結果はわからないのですから・・・。
ですから、あまり自分を責めないで下さいね。
精神的に辛いなら、少し息抜きも必要だと思いますよ。

健康な家族が迷うことの無いように。。。

こんばんは。
過去のことは既に過ぎ去ってしまったこと。
将来の方針を間違わないようにするための糧にはなりますが、悩むのは疲れの因にしかならないと思います。
大変な環境の中でも子供達が健康に大きくなれるように心配りをする方がずっと建設的ですし、チョッペストさんや奥さまはそれをしていると思います。みんなで笑える時間や一緒に料理をしたり遊んだり、そんな時間を優先してリラックスしてください!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして

コメントできるかテストです。

Re: いいえ、違います。

motomasaongさん こんばんは。

保安官のお話しありがとうございます。

そして、沢山の励ましのお言葉に感謝します。

ここのところ、Bの面会に行く度に私が
Bを入院させたことが正しかったのかと
考えることが多くなりました。

Bは入院させられたことを恨んでいます。

Bは、自分を病気だという意識が今は
あまりなく、入院していることも理解
していません。

8ヶ月の入院にも関わらず、主治医から
も症状に変化が見られないと言われており、
何の結果も出てないことに、Bにも申し訳
ない気持ちになります。

申し訳ないで済む問題ではありません。

Bの大事な時間を奪ってしまったので。

motomasaongさんがおっしゃって頂いた通り
私がAとBへ”まともに生きるようにしなければ”
という価値観が、AとBにとっては余計なこと
であり、迷惑がられます。

統合失調症の家族と一緒に住む者として、
全てを病気の家族に合わすことはできない
と思っています。

ですが、大事な家族が最大公約数で幸せに
なる方法がないかと思っています。

motomasaongさんのコメントには、毎回元気
をいただいています。

そうですよね。私が迷うとこの家の状況が
悪化します。

このブログ以外では、弱音を吐いたりしていない
つもりです。

冷静に判断し、心ある保安官の心掛けを肝に
銘じます。

いつも、参考になるコメント感謝致します。

Re: 初めまして

おっさんさん こんばんは。

はじめまして!

このようなブログを読んでいただき
本当に感謝しています。

私の弱気な発言に対しコメントしていただき、
本当に心から感謝致します。

統合失調症の発症から何年も経ち、現在の状況
を考えると私の行動が本当に
Bの為だったのか?ということを疑問に
思ってしまいました。

おっしゃる通り、結果は分からないです。

Bの入院先での面会の時に、Bの罵声
(私が無理やり入院をさせてしまったという)
を聞くと自分がした判断をじっくり整理するこ
とが必要だと思います。

私の精神面よりもAやBの精神面のほうが
辛いと思います。

何とかしてあげたいのですが、まだ力不足です。


私の息抜き方法は子供と過ごすことです!

今のところ、子供2人とも私の相手をして
くれます(笑)

この子達は私に元気をくれます!




心温かいコメントに感謝致します。

Re: 健康な家族が迷うことの無いように。。。

yokoblueplanetさん こんばんは。

ありがとうございます。

”過去のことは既に過ぎ去ってしまったこと。
将来の方針を間違わないようにするための糧にはなりますが、
悩むのは疲れの因にしかならない”

ありがたいお言葉です。

過去に私が試みたことが現在何も効果が
無かったかもしれません。

Bには大変申し訳なかったですが、やらなければ
わかりませんでした。

ダメなら、次の策を考えなければですよね。

後悔より、将来の希望ですね。



私は子供達から元気をもらっています。

この子達がいれば頑張れると思います。

yokoblueplanetさんにはいつも励まされて
ばかりで感謝しています。m(__)m

心温かいコメント感謝致します。

Re: 全然っ

鍵コメさん こんばんは。

ありがとうございます。


ですよね~!!

らしくないですね~!!



何かのタイミングで。。



ちょ~っとだけナーバスになりましたが。。



もう大丈夫です^^






今回。。


このブログを続けてよかった~と思います。


本当に。。本当に。。皆様の温かいコメントで。。




元気復活です!!




最後の言葉。。



サイコーっすね^^




心温かいコメント感謝致します。

Re: はじめまして

るりさん、こんばんは。


はじめまして!

ありがとうございます。


コメントいただけてます^^


コメント感謝致します!

よろしくお願いします(^^)v

コメントできてよかったです。ずっと拝見させていただいております。

私も、5年前統合失調症と診断され、閉鎖病棟に半年入院しました。症状(幻聴、幻覚)が出てから1週間程で入院したので、現在は障害者という現実を忘れるくらい普通に過ごせております。
初めてのことだったので、幻聴だと分からなかったし、頭に響いてくる「お前は悪魔よりもひどい。苦しんで苦しんで死ななければならない」等のことを鵜呑みにし、全身傷つけ救急車で運ばれました。当時三歳になったばかりの次女の命も「地球の為にこの子の命を犠牲にしなければならない」と、大変危険でした。
ニュースにならなかったのは、奇跡と言っていいかもしれません。本当に恐ろしいことです。

双子さんの生い立ちも、かなりストレスがあったと思います。私の場合も、旦那の典型的なモラハラを7年程受け続けて発症したものです。旦那が怖くて仕方なく、いつも顔色を伺う毎日でした。
病気になった当時は旦那のせいにしても、苦しくて苦しいくて。でも、出口がなかったんです。陰性症状もあったと思いますが、そう思えば思うほど、心が荒んでいきました。勿論離婚も考えましたが、何か根本的な解決にならない気がしておりました。

とあるブログを拝見させてもらっていて、その方に「自分見つめ」の大切さを教えていただきました。
簡単に言うと、誰にでも悪い心はあり、それを苦しいけれど見つめ続け、受け入れれば、全て自分のせいだったとわかる、みたいな内容です。(その方は、霊能者ですが、怪しい宗教とかじゃありません)

全て受け入れた今の心になるまで、2年半かかりました。病気になった時と同じくらい壮絶でした。

有り難いことに、受け入れたら、その悪い心が消えるんです。それまでが、本当に苦しくて辛いですが。


今は全て自分のせいだったと感じ、この心にしてくれたのは、他でもない、あんなに私を苦しめた旦那だった、と感謝さえしております。もう、私に怖い存在などありません。

例え一億円あげると言われても、今の心を手放せません。

長くなってしまいましたが、双子さんのこと、私なりにどうすればよい方向に向かうのか、その都度考えているのですが、答えが出ません。ただひとつ言えることは、チョッペストさんの存在が、この家族の支えです。あと、お嫁さんも同じ環境で育ったでしょうに、そのように毎日支えていらっしゃり、頭が下がります。
どうか、このご家族に平穏で幸せな日々が訪れますように、お祈りいたします。

あと、子どもさん達も勝手ながら気にかけております。家にも、小学4年と2年の娘がおります。

5年前のことは、幼ないながらトラウマになっているかもしれません。適当な母親ですが、愛情だけはたくさんたくさん注いでいるつもりです。それでも、しなくてもいい経験をさせてしまった代償には程遠く感じます。

長い文を読んで下さりありがとうございます(^-^)


非公開にしようか迷いましたが、怖いものはなくなった…んでした(笑)

自信を持って下さい。

「統合失調症の患者の、
 好き放題にさすべきだ」?
完全な間違いです。

幻聴を聞いて、
「殺される前に殺してやる!」
そう思っている患者の、
「好き放題にさすべき」でしょうか?
完全な間違いです。

そんな愚かな事をすれば、
患者は殺人と言う罪を犯し、
罪もない方が命を奪われます。

大人しい患者なら、
そういう甘い対応でも結構。
でも意地悪で家族を傷つける患者は?

「好き放題にさしていたら」
罪もない子供や家族が、
ボロボロになり、
子供まで心を病みますよ。
二人共です。
子供達に罪がありますか?

患者の好き放題?
戯言にすぎませんよ。

一人の患者のために、
家族中が傷付き、
罪もない子供が心を病む。
100%間違いです。

チョッペストさんは、
Bちゃんが罪を犯さないようにしてあげた。
子供達を守り抜いた。
家族の平和を守った。
だからこそ、
Aちゃんが回復してきたのです。

チョッペストさんの正しい判断が、
奇蹟的にAちゃんを回復させたのです。
医者にもなかなかできない事です。
普通なら絶対に回復などしていませんよ。

Bちゃんに恨まれている?

それがどうしたのです。
意地悪でねじくれた人間が、
意地悪を阻止されたら、
わがままを止められたら、
恨むのは当然です。
勝手に恨ませておけばよろしい。

チョッペストさんは、
Bちゃんに、
どんなに感謝されても足りませんよ。
Bちゃんの罪を阻止し、
Bちゃんの子のX君を救ったのは、
チョッペストさんなのだから。

勝手に恨ませておきなさい。
勝手にわめき散らせば良い。
罰当たりなのは、
BちゃんとAちゃんです。

なお、人間とは浅はかなので、
Bちゃんじゃなくても、
大抵の人は、
その人に忠告する心ある人を、
逆恨みするのが普通です。

心の病など何の関係もありません。
Bちゃんが愚かでわがままなだけ。
相手にする必要など、
全くありません。
ただの恩知らずの一人に過ぎないのですから。

Re: よろしくお願いします(^^)v

るりさん こんにちは^^

このような下手なブログを読んでいただき、
ありがとうございます。

るりさんのお話し聞かせていただきありがとう
ございます。

現在は普通にお過ごしできていること
ということで、私のような立場の人間
からすると、嬉しい限りであり、希望
でもあります。

幻聴は本当に恐ろしいです。

るりさんも大変な経験をされたのですね。
お察し致します。

Bの統合失調症が酷くなった時も、
とにかく、「殺しに来る」という
幻聴の声に、身体を震わせ怯えて
いました。

そして、幻聴に左右され続けるBがいつかは
犯罪を犯してしまうのではないかと、家族
は心配していました。

るりさんは、とあるブログから「自分見つめ」
の大切さを学び、壮絶な時間をかけながらも
『全て受け入れる心』を持つことにより
怖いものが無くなったのですね。

2年半もその心をもつために
努力をされたということで、とても
素晴らしいと感激します。

その心、お金に変えることなどできませんね。

このブログのコメントには、るりさんのように
良い方向に向かった行動や考え方を色々教えてく
ださる方が多く、いつも参考にさせていただ
いています。

同じ病気の方なのですが、皆様の色々な考え方や
行動力に感服させていただいています。


統合失調症の症状は人それぞれで、症状が
酷かったり軽かったりしますが、良い方向
に向かう方は、自分で出来ることから何か
行動している方が多いと感じています。

元々の性格や家庭環境の影響があるかもしれ
ませんが、AやBは何か自分からやってみよう
という気持ちは恐らく少ない感じがします。

AやBがもう少し、自分の幸せや楽しみを
考えることができるようになってもらいた
いです。


るりさん、双子のことを真剣に考えてくださり
本当にありがとうございます。

私もわからないのですが、できるだけ家族
が幸せになるように力を合わせるしかない
と思っています。

るりさんにもお子様がいらっしゃるのですね^^


Bの息子のXは、もの心ついてから未だに
母親の愛情を受けてませんが、母親が好き
です。

Xも、母親が大変な病気であるという認識
が少しずつ理解しています。

Xをみていると母親という存在は本当に特別
だといつも感じています。

るりさんは、今愛情を注げていらっしゃると
いうことであれば、なお、過去は関係ないと思います。

お子様達と幸せ一杯な毎日を過ごしていらっしゃる
様子が想像できますよ~^^


るりさんが非公開にしなかったおかげで、
るりさんのお話しを見て元気や希望をもらった
方が私以外に沢山いらっしゃると思います。
ありがとうございました。


私達家族に心温かいコメントをいただき、
感謝いたします。

こちらこそ、宜しくお願い致します。

Re: 自信を持って下さい。

motomasaongさん こんにちは。

ありがとうございます。

motomasaongさんのコメント、本当に元気
が出ました。

Bを統合失調症で入院させた時の、
自分の気持ちを思い出しました。

Bの病気を治すことは勿論ですが、家族
全体のことを考えて入院させたのでした。

結婚もしておらず、義父や義母と暮らして
いた時代と、結婚して、子供がいる今では
環境が違いすぎます。

今の環境で、好き放題なことをさせていく
ことは不可能です。

motomasaongさんのおっしゃる通り、子供
の心が病んでしまいますよね。

そして、いつかは、支える側の家族も
心が荒んでいくのは目に見えています。

motomasaongさんの、

『Bに恨まれている?それがどうしたのです。』

には目が覚めました。


どうしても、今のBの統合失調症の症状で
あれば、家族と一緒に生活することが困難
であると私が判断し、Bを入院させたのです。

Bに恨まれるのは当然です。

でも恨まれるからといって、その判断を取り
下げることはできません。

私が考えていたことは、綺麗ごとでした。
目を覚まさせていただきありがとうございます。

そして、恨まれることに対する私の気持ち
の持ち方のご教授感謝します。
気持ちが楽になりました。

まだまだ頼りないですが、家族で幸せな生活
を送れるように精一杯舵取りをしていきます。

今後とも、ご指導宜しくお願い致します。

参考になるコメントで私の悩みを解決していただき
本当に感謝致します。

あなたが発病の原因ではないでしょう?

チョッペストさんが、
A,Bちゃんを発病させたのですか?
違うでしょう?

遺伝的素因と家庭の養育環境、
それが直接的原因です。
社会的要因は、
もちろん影響がないわけではありませんが、
本人の発症しやすさと、
養育環境が、
その人の人格の核を形成し、
社会での生き辛さと対人恐怖、
ストレスなどが総合的に、
病状を悪化させる。
それが統合失調です。
うつ病やノイローゼも同じ事です。

チョッペストさんが二人の親でない以上、
遺伝的責任はない。
チョッペストさんが二人を養育していない以上、
養育環境の責任はない。
チョッペストさんが二人のクラスメートでない以上、
社会的責任もない。

誰が二人を発病させたのですか?
誰が二人の発病の責任者ですか?
二人の両親と父方祖父母の、
家庭環境と遺伝が原因です。
チョッペストさんは何の関係もありません。

遺伝的素因を改善するには、
チョッペストさんのような、
健全な家庭、
統合失調症のない家系の方が、
結婚してあげる事が最良の対策です。

養育環境を改善するにも、
チョッペストさんのような、
我が子の人格と選択を大切にし、
我が子を愛する家庭で育った方が、
褒める事と叱ることができる、
健全な家庭を構築することが最良です。

子供が道路に飛び出そうとしていたら、
止めませんか?
子供がスーパーの物を持っていこうとしたら、
叱りませんか?
子供は泣きわめいて怒ります。
そして親を恨みます。
でも甘やかし遊ぶことと、
子に恨まれながらも叱ること、
それが親業です。

A,Bちゃんの親は、
甘やかしただけ。
そりゃ楽でしょう。
でもそんな事では、
子どもや孫が学校や社会に出たら、
不幸になるに決まっています。

チョッペストさんがなさった事は、
真の愛情のある親業です。
子供は親を恨むのは当然ですが、
親業とはそういうものです。

A,Bちゃんを発病させたのは、
二人の親の遺伝的素因と、
父方祖父母、特に祖母の嫁いじめ、
それを見て見ぬ振りした父親。
彼等の責任です。

チョッペストさんが、
この壊れた機能不全家庭を、
必死になって直してきた。
その結果、Aちゃんが回復した。
残念ながらBちゃんは、
いじわるな母方祖母の分身。

切り捨てるしかなかったし、
これ以上Bちゃんが、
我が子や家族を不幸にして、
罪を犯す事を防いであげた。
そういう事だったのですよ。

ありがとうございます

心のこもったお返事、ありがとうございます(^-^)

Bさんのことですが、やっぱり家族、お子さんのことを考えると、誰でも入院させると思います。

後、全てを受け入れる=全ての我が儘を許す、ではないと思います。もしそうなら、世の中は大変なことになってしまいます。偉そうにすみません。

私が拝見しているブログは、楽天ブログ「宇宙レストラン」です。このブログに出会わなかったら、間違いなく、今も生きながらに死んでおりました。
月別か、カテゴリー別に読んだら分かりやすいと思います。
ただ、読むのが辛いと感じることが多いブログなので、読める方は限られてると感じます。
一人でも多くの方に読んでいただきたいと思い、失礼ながらチョッペストさんのコメント欄に書かせていただきました。

おかげさまで、娘達は、これといった悩みもなく過ごせております。X君には、チョッペストさん夫婦とお父さんが愛情をもって接されているので、このまま何事もなく成長してくれたら、と思います。
自分の娘だけじゃなく、全ての子どもがいとおしく感じます。

私は、2ヶ月に1回の診察と、最低限の薬を処方されております。それでも遅発性ジスキネジアで口の周りが動いてしまい、辛いです。

仲良くしてくれるママ友達にもクローズにしています。今は、学校の読み聞かせボランティアなどもさせていただいたり、活動的に動けておりますが、終わりの見えない陰性症状は、本当に辛かったです。寝ても寝ても気分が晴れず、何度も主治医に相談しました。
主治医も「わかりません。一生続く人もいます。」とおっしゃり、絶望的な気持ちになったりしました。

今言えることは、全てが自分にとって必要な経験であったということです。病気になっていなかったら、今の自分はなかったです。腕に傷は残ってしまいましたし、(夏は大変)死ぬより辛い経験もしましたが、全て糧になりました。

こんな私ですが、今は人様の為に、世の中の為に、何かできることはないかと模索中です。

Bさんにも、一筋の光が差しますように、お祈りいたします。

まとまりのない文になってしまい、すみません。

No title

チョッベストさん、こんにちは。

Bさんにとっては好き放題にしていられた方が幸せだったかもしれません。お義母様とBさんのお二人で完結する暮らしであれば、それもありかもしれません。
でもそれでは間違いなく、X君にとってはまともな生活ではなかったですよね。X君のお父さんは頑張っておられることはよくわかりますが、それだけに無理があることも伝わってきます。
チョッベストさんが介入されたことでX君の子ども時代は間違いなく、より良いものになり、普通の生活に近いものを経験させてあげられています。
それでいいではありませんか。それが何よりも大事だと思います。

Re: あなたが発病の原因ではないでしょう?

motomasaongさん こんばんは。

ありがとうございます。

統合失調症の直接的原因は、遺伝的要素と
家庭の養育環境であると以前にもmotomasaongさん
から教えていただきました。

AとBの養育環境はよくなかったのではないかと
思っています。

20年近く前からこの家に出入りして
いましたが、あまりにも身勝手なAとBの
振舞いには、毎回疑問を感じていました。

そして、その身勝手な行動に対して、ご両親
が何も言わないことにも疑問をずっともって
いました。

motomasaongさんのおっしゃる通り、AとBは
そういう養育環境の為、学校や社会に出て不幸
になり、そして統合失調症を発症しました。

義母のこれまでの養育方針は、私は間違って
いると考えていますが、義母を取り巻く過去の
環境を考えると仕方がないとも思います。

私が、この家に入ることで真っ先に取り組んだ
ことは、環境を変えることでした。

このままの状態で、子供達を育てることが
とても危険だと思いました。

特に、Xは2歳くらいまでは、AやBと同じ
ように育てられていたと思います。

因果関係はわかりませんが、Xには発達障害の
可能性が出てきました。

これまでの、家の家庭環境、風習を変えること
というのは、なかなか簡単ではありませんでした。


環境変化を進めると、反発も大きいですが
手を緩めると、すぐに元の環境に戻るので、
かなり強引に変えていくことも度々でした。

AやBからの反発はもちろん、親戚からの
反発も感じましたが、嫁とXの父親がサポート
してくれました。

最初のころは、Xの父親とも衝突もしましたが、
今は、良き協力者となってくれます。

家の環境、風習を変えることの難しさは、今も
感じています。

私がしていることが、正解かどうかはわかりません
が、motomasaongさんのコメントに何回も助けられ
ています。

まだまだ、この家の問題はありますが、
嫁とXの父親と協力し合いながら乗り越
えていこうと思っています。

参考になるコメントにいつも助けられており、
感謝致します。

ありがとうございました。

Re: ありがとうございます

るりさん こんばんは。

こちらこそ、非常に参考になるコメント
いただきありがとうございます。^^


”全てを受け入れる=全ての我が儘を許す、ではない”

私もるりさんと同じ意見です。

義母は少し我が儘を許し過ぎたかもしれません。
その結果、2人は社会に受け入れてもらうことが
できませんでした。

まあ。。母の子育てに関しては、過ぎたことですので。。

るりさんの心を変えてくれたブログの紹介ありがとう
ございます。ご親切に分かり易い読み方まで
教えていただき感謝します。

まだ、少ししか読めてませんが、時間がある時にじっくり
読ませてもらいますね^^

娘さん達がこれといった悩みもなくお過ごしになられて
いらっしゃるということで、何よりです^^

私の子供もXもきちんと反抗期を迎えて、元気いっぱい
やっています。るりさんの心温かい思いも私の子供やX
に届いていると思います。

全ての子どもがいとおしいとお思いになるるりさんは、
本当に優しい心をもった方だと思います。

るりさんは、2ヶ月に1回の診察なのですね。

主治医にも陰性症状について何回も相談
なされたのですね。

陰性症状は長く続くこともあるので
その大変なことはお察し致します。

この病気に関しては、主治医も明確な答えを
出せないのを感じます。

Bも震えなど色々な症状があるのですが、
薬の副作用なのか、陰性症状なのかさえ
主治医は断言しません。

AやBなどは、どんなに症状が酷くても、
主治医に相談したりしません。

主治医を嫌っているわけではないのですが、
人と接することを嫌うという元々の性格も
あり、主治医に自分の症状について困って
いることなど話をすることはありません。

AもBも、家にいることが好きなので、
主治医と話す時間をできるだけ短くして
家に帰りたいのです。

もう少し自分の事を大事に考えてくれたら
と思うのですが。。

るりさんのポジティブ思考には感服します。

大変な経験をされたことに対しても、
ものすごく、前向きでいらっしゃいますね。

私も見習わなければ。。(汗)

しかも、これから、人様の為に何かしたい
という思い。。

素晴らしいです。

きっと、すぐに見つかると思います。

そして、Bにも優しいお言葉ありがとう
ございます。


私のほうこそ、稚拙な文で申し訳ありません。

心温かいコメント感謝致します。

Re: No title

あゆみさん、こんばんは。

ありがとうございます。

あゆみさんにそのように言われて、
素直に嬉しいです。

母親が病気で、母親と接することができなかった
事実は、Xは受け止めており、みんなと違う
家庭環境ということも少しずつわかって
いますが、今は影響を感じません。

近所の方、学校の関係者、Xの同級生の
保護者の方などは、私の嫁が母親代わり
ということを分かっていて、Xもそのこと
を受け入れてくれていると思います。

ずっと一緒に住んでいると、子供達は、
母親が誰なのか父親が誰なのかと気になって
いない感じで、毎日過ごしています。

大家族ならではの強みではないでしょうか。

あゆみさんのおっしゃる通り、Xには
普通の生活に近いものを経験させてあげる
ことが何よりも大事だと思います。

心温かいコメント感謝致します。

自虐的なお考えはおやめください

はじめてコメントします。

どうか自虐的なお考えはおやめください。チョッペストさまが統合失調症のご家族を心身ともに支えてこられたこと、こちらを拝見するだけでも十分に伝わってきております。

辛いこともあったでしょう、腹の立つこともあったでしょう、統合失調症のご家族に怒りをぶつけず、本当に御立派です。心から尊敬しております。
検索フォーム
プロフィール

チョッペスト

Author:チョッペスト
統合失調症という病気は、抱えているひとも、家族も一生を覚悟して付き合わなくてはなりません。

とりあえず、私の過去からのことをまとめ、できれば皆さんと共有していきたいです。

最新記事
ランキングに参加してます
ランキングに参加してます
ご訪問いただいた方々
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ村ランキング
人気ブログランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
ご連絡はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。